少女/女性漫画

びしゅうの大地ネタバレ40話!あらすじ感想!菊乃に出した交換条件

復讐ストーリー「美醜の大地」。

進司の事が気になるな菜穂子の正体を知った綿貫の反応は

続きが気になっている「美醜の大地 40話」を読みました。

さっそく展開・見どころをご紹介していきたいと思います♪

<39話 全話一覧 次話>
美醜の大地を無料で読む方法はこちらで解説しています!

びしゅうの大地の見どころ

復讐 太守時代 イジメかつての同級生に復讐を果たしてゆく主人公のハナ。

ハナはイジメにあう原因となった醜い顔を整形し、菜穂子として生まれ変わったのです。

一人ずつ復讐を果たしてゆく中で出会った綿貫という男。

綿貫はハナという人物を追いながら、菜穂子に惹かれている部分がありました。

けれどハナの面を取った下に菜穂子の顔がある事を知ってしまったのでした。

びしゅうの大地40話のあらすじネタバレ

ハナにたどり着いた綿貫でしたが、ハナの仮面ををしていたのは小石川菜穂子だったのです。

進司を救うには

復讐 時代 イジメ綿貫が聞き込みをして歩いた末たどり着いた答えは、「小石川菜穂子」が復讐に加担していたのではなく、「小石川菜穂子」自身が「市村ハナ」であったということ。

でも綿貫は納得していない様子です。

ハナと進司が話しているところを少し離れているところから見守る綿貫。

進司は涙を流しながら、だれがおかあしゃんを殺したのかとハナに尋ねました。

あの顔のおっかない友達がおかあしゃんのことを殺したの・・・続けざまにハナに尋ねます。

おっかない顔の人は内海敏恵のことかと綿貫は推測しました。

ハナはうつむいたまま何も答えることができず、そうなんだとだけ答えます。

進司が言うには、おっかない顔の人と一緒にいると、進司の母は時々泣いていたし、怒ったり嫌がったりしていたと言う。

おっかない顔の人に進司が連れていかれるとき、母は必ず迎えに行くからあとでおいしいものを食べに行こうと言いました。

自分と母をむりやり離れ離れにして、たくさん意地悪をしたから自分が復讐してやると別人のような顔をして進司は言いました。

綿貫はとても悔やんでいます。

こんなつらい事件を進司に背負わせてしまったことを。

こんな幼い子供までも巻き込みたくなかったのです。

でも少し前まで、綿貫自身も危険だったのに、どんなことを進司に伝えたら理解してもらえるのか・・・綿貫には伝える言葉がありませんでした。

そう思った瞬間、ハナが進司に手を差し伸べて抱きしめていました。

そして進司にあなたはそんなことはしなくてもいいと言い聞かせるのです。

しかし進司はハナをぐいと押しやって、どうしてだと問い詰めました。

進司がまだ子供だからなのか、それとも殺人が悪いことだからなのかとハナに問いかけます。

ハナは困惑していました。

どうして悪いことをしている人は生きているのに、全然悪くない人が死んだり苦しんだりしなくてはいけないのか。

そういう悪い人を殺すことがなぜ悪いことなのか・・・進司は問いかけるのです。

進司のことをあの時の自分であり「市村ハナ」でもあると思うのです。

綿貫が進司にできること

復讐 時代 イジメそう考えて綿貫は進司とハナに近づきながら話しかけました。

進司が納得できる答えというものはないのかもしれないと。

ハナが驚いた顔で綿貫の方を振り向きます。

正解なのか、間違っているのかはそれぞれが立っている場所によって変わるもので、善なのか悪なのか倫理が及ばない状況になることもあるだろう。

でも一つだけ確実なことは殺人の罪を背負うことだと綿貫はその場に座り、進司と目線を合わせて話かけました。

罪というのは、いろいろな形で自分に報いとなり返ってきて絶対に逃げることはできない。

そしていつか必ず罪を背負った人を不幸にする。

綿貫は続けて進司に伝えようとします。

悔しい気持ちも許せない気持ちもわかるけれど、そんな時は進司のお母さんの笑顔を思い出してほしいと。

人を殺してたりして進司が罪を背負わなければ、母は進司の中でも、天国でも笑っていてくれるから。

進司は母の笑顔を思い出して泣き、綿貫に抱き着きました。

綿貫は優しく抱きしめてお母さんのために幸せに生きようと進司に言います。

ハナはふらりと立ち上がり、その場から逃げるように立ち去ろうとしました。

綿貫は菜穂子さんと声をかけ・・・じゃなかったんですね、ハナさんと言います。

ハナは振り向きもせずに綿貫に謝り、進司をお願いしますと言っていなくなろうとしましたが、内海敏恵をどうするのかと聞かれて立ち止まりました。

もういないと答えるハナ。

綿貫は呆然としました。

ハナは進司を救ってくれてありがとう、きっと私にはできなかったからと言って今度は本当に立ち去りました。

進司は綿貫の袖を引っ張り、ハナは幸せになれなくなるのと尋ねます。

そう聞かれた瞬間、ハンカチを差し出してくれた菜穂子を思い出してハナを後ろから綿貫は抱きしめるのでした。

深見からの交換条件

復讐 時代 イジメ内田は雪の積もる中、「木崎菜穂子」のお墓参りをしていました。

そこにはスコップを持った鶴田も来ていたのです。

名残惜しそうにお墓を振り返りながら内田は帰っていきました。

深見と待ち合わせをしている菊乃は、男装をすることに。

深見は菊乃のことを女性だと思っているので、できれば正体を隠したまま会いたいと思っていたからです。

しかしそこで偶然小倉百子に出会い、恐ろしい形相で追いかけられてしまいますが、深見の機転に助けられました。

深見は綿貫の手帳に書いてあったことが本当だと知ります。

ハナが心を許している菊乃を使わない手はないと提案を持ちかけることにしました。

ハナや鶴田は秘密主義の傾向があるので情報を教えてほしい、代わりに小倉百子を消してあげるというのが深見からの提案でした。

美醜の大地第40話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

百子の形相のすごさ・・・菊乃が恐れる気持ちもわかります。

菊乃は深見の提案を受け入れるのでしょうか。

ハナはどこに向かうのでしょうか。

<39話 全話一覧 次話>
美醜の大地を無料で読む方法はこちらで解説しています!

40話を読んだ感想

復讐 太守時代 イジメ綿貫は菜穂子とハナが同一人物であることを知りました。

進司は母を殺した人への憎しみで、別人のようになってしまっています。

ハナは幼い進司に復讐という気持ちを植え付けてしまったことに強い罪悪感を覚えますが、自分ではどうすることもできません。

ハナが抱きしめても、進司の疑問は深まるばかりで・・・進司の心を溶かしたのは綿貫の言葉でした。

内田が命日だと言ってお墓参りをしていましたが、お墓に刻まれていたは「木崎菜穂子」でした。

その名前は一体誰の名前なのでしょうか。

鶴田との共通の知り合いのようですね。

再び男装をした菊乃は計画が裏目に出てしまいました。

小倉百子に出会ってしまったのです。

百子の形相がホラーの様でした。

深見の機転に助けられますが、百子がバッグに忍ばせていたビンには何が入っていたのでしょう。

菊乃に出会った時のために常備しているのでしょうか。

菊乃に対しての深見の提案は菊乃にとって魅力的なものです。

深見の提案を菊乃は受け入れるのでしょうか。

それとも・・・。

<39話 全話一覧 次話>
美醜の大地を無料で読む方法はこちらで解説しています!

びしゅうの大地ネタバレ40話!まとめ

こちらでは「美醜の大地 40話」の展開・見どころをご紹介しました。

ザっと40話をまとめてみると・・

美醜の大地 40話のまとめ
  • 進司は自分の母親に酷い事をしたのが敏恵だと気が付いた様子で、いつか復讐してやると言うが、ハナは進司はそんな事はしなくてもいいのだと言って抱きしめたのだった。
  • 深見に正体が知れたくない菊乃は男装をして待ち合わせ場所へ。
  • そこで百子に遭遇してしまい、「杏一郎を見つけた」とものすごい形相で追いかけられてしまう。
  • 菊乃を助けた深見は、交換条件を出して菊乃から情報を仕入れようとし始める。

菊乃が深見にどんな返事をするのか興味深いですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。