漫画ネタバレ

バキ道ネタバレ56話!あらすじ感想!合気について渋川が語る

戦いバキ道

無差別戦「バキ道」。

絵に迫力が凄い渋川VS巨鯨の戦いの行方は

 

アニメ版のバキ第2期はただいま制作中で、2020年6月4日に全世界全話一挙配信が決定している様です!

ストーリーは前作に続き、舞台は大雷台賽(だいらいたいさい)とのこと。

 

こちらでは、2020年3月26日に発売になった週刊少年チャンピオンに掲載されている「バキ道 56話」の展開・見どころをご紹介していきたいと思います!

 

<前話 全話一覧 次話>

バキ道は無料で読むことができます。

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

U-NEXTでは即日漫画が読めるポイントを600円分もらうことができます。

ポイントでいますぐ「バキ道」が無料で読めちゃいますよ♪

バキ道の見どころ

昔の話からスタートするバキ道。

それはかなり古い時代・・現在の奈良県が大和と呼ばれていた時代に力持ちの當麻蹶速(たいまのけはや)が居た時代まで遡ります。

 

蹶速は牛の角をむしり取ったり、金属の鉤を曲げたりと、それはそれは力持ちだったのです。

そして名前の通り「蹶速」!

素早い蹴りも持っているのです。

 

そんな蹶速は何をしても壊れない人と戦いたいと申し出て、自分の領地を差し出すと言います。

こうして始まった力比べ・・そして蹶速は出雲の宿禰(すくね)と戦う事になったのでした。

 

土俵なし行事なし・・そもそも規則がなくスタートした戦いで蹶速は絶命・・。

 

そして今、この戦いに勝利した宿禰を継いでいる者が。

刃牙はこうして相撲の潜在力に圧倒されていくことなったのです!

 


PR

現在、渋川剛気と巨鯨の戦いの真っ最中。

大関の巨鯨相手に投げ込まれた渋川は壁を使って着地し、観客たちはその渋川の動きに驚くのですが、渋川の合気が巨鯨に通じないことにも驚愕していました。

 

渋川は巨鯨に逃げたなと言い、ここから巨鯨の回しに手を伸ばして相撲を取る体制を作ったのです。

大きな巨鯨を投げようとしている渋川!

この戦いの続きから描かれていきます。

バキ道56話のあらすじネタバレ

こちらではバキ道 56話「達人の底力」のあらすじをご紹介していきます。

ネタバレを含みますのでご注意ください!

合気について

合気について語る渋川剛気。

それは天才の領域だと言います。

そして分からない人には一生分からないとも・・。

 

近代スポーツのスピードや筋力、そしてスタミナなどのスポーツ的な視点と合気は関係がない。

そして近代スポーツからは本質に近づけないとも続けます。

 


PR

渋川はいつ本質が分かったのか?

 

それは、自分よりも小さな爺ィに思いっきり叩きつけられた時だと当時の事を思い出しています。

それは衝撃的だった様で床に仰向けになったままの体勢でこんな技術があったのか・・と目元には光る物さえ滲んでいたのです。

 

かなり衝撃を受けたんだなって事が伝わったシーンですね。
自分より小さくて年を重ねた人に投げられて、全身で「分かった」って感じだったんじゃないかな。爺がカッコよく感じた!

人体なんて誰も知らない

人体的にあり得ない事と言われても、自分も含めて人体なんて誰も知らないとカッカッカッと声をあげて笑う渋川。

医者だって自分だって人体の事をどれ程知っているかとも思うけれど、人体には必ずしてしまう反応も人体にはあります。

 

例えばひざ下を叩かれると足が意識とは別にビクンと反応してしまうアレも・・。

 

脚気(かっけ)の検査だね。

最近はあまり聞かなくなった病気だけど、これは末梢神経が刺激を受けて筋肉まで伝達がいくという身体の反応の1つ!

この反応を知った時は、面白いなと思うと同時に不思議な感覚になったな!

でも確かに医者でも人体なんて誰も知らないって言うのも分からなくない。

人体の不思議ってあるもんな。

 

この様な反射には身体の大きさは関係がありません。

宙を舞う身体

逆に身体の大きさに関係がない所に付け込む!

渋川剛気VS巨鯨の合気と大巨漢大関の戦いは続いています。

 

自分よりはるかに大きな身体の巨鯨を投げようとしている渋川。

 


PR

巨鯨の身体が浮いて地が目の前に近づいて来ます!

けれど巨鯨は一度浮いた左足をザンっと地に着くとグッと脚に力をこめて踏ん張ったのです。

 

驚愕の合気相撲に対して剛力相撲!

これは真正面からの大相撲です。

 

巨鯨の全身には力がこもっている事が伝わってくる迫力!

それに歯も食いしばって踏ん張ってる!

こんなに大きな巨鯨を相手にこういう感じになるって、合気ってすごい。

力ではないもので戦っているっていうのがよくわかるシーンだ。

 

体格の差がある2人ですが、2人の戦う姿は「角力(すもう)」本来の姿。

ここで巨鯨が渋川の身体をズポット引っこ抜いたような形で持ち上げます。

渋川は気合をかけていたにもかかわらず怪力で地から引っこ抜かれたような姿で、その表情は驚いたような表情にも見えます。

 

ここで投げ飛ばされた渋川!

宙を舞っていきます。

 

ここまでが56話のストーリーになります。

 

<前話 全話一覧 次話>

バキ道を無料で読む方法をご紹介!

バキ道を無料で読む一番のおすすめ方法をご紹介します!それは動画配信サービスのキャンペーンを使って読む方法です♪

動画配信サービスでは初めての利用の場合、漫画が購入できるポイントがもらえちゃうんですよ!バキ道ポイントで無料になっちゃいます!

U-NEXT 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、バキ道がいますぐ無料で読めます
FODプレミアム 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。ポイントをためてバキ道が無料で読めます。
music.jp 30日間無料+600円分のトライアルポイントでバキ道がいますぐ無料で読めます。

バキ道を無料でいますぐ読みたいなら「U-NEXT」が一番おすすめ!

本日U-NEXTにお試し加入すると漫画購入に使えるポイント600円分が今すぐもらえ、ドラマやアニメも14000本以上見放題になります。

 

もちろんお試し期間中いつでも解約OK&月額も31日間無料!

しかも解約しても漫画はそのまま継続で読めて安心です。

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

56話を読んだ感想

渋川が語った言葉が印象的でした。

合気は天才の領域で分からないものにはずっと分かんないものだと・・。

 

そして身体の反応を利用するという所はものすごくわかりやすかったです。

確かに、意志とは関係なく身体が反応してしまう動きってあります。

例として脚気の検査の方法も書かれていましたが、膝の下の辺りにある膝蓋腱を叩くと末梢神経→脊髄→末梢神経→筋肉と伝わって、脚がポンっと無意識的に上がってしまうんですよね。

 




他にも人体にはこういう反応をする事がありますが、子供の時にこういう反応を知った時はものすごく驚いたし不思議な現象だと思ってドキドキしたの思い出しました。

他にも、無意識的に手が上がってきてしまう反応とかもあったな・・とかちょっとストーリーを読みながら思い出しました。

 

ようは、合気ではこういう反応も利用するって事ですね。

渋川が大きな巨鯨を持ち上げようとしているシーンは、巨鯨の全身の力と踏ん張りが伝わるシーンで、このままもしかして渋川が投げるのか?と思ったのですが、ここからの展開が凄かったです。

 

やっぱり巨鯨はものすごい剛力!

こういった人体の反射的な事を知っていて、身体の大小ではないとしている渋川を地からスポッと抜いたのです!

 

巨鯨の様子は、絵を見ているだけでもパワーが凄い事も筋力を使っている事も伝わる迫力があります。

その力で宙に持ち上げて放り投げたんですね・・もの凄いなぁ・・。

 

この後の展開はどうなるのでしょうか?

今回のストーリーは渋川が宙に舞っているシーンで終わってしまいました。

ビックリした表情のまま持ち上げられた渋川のその後は?

 

派手に投げ飛ばされています。

そしてこのやり合いは終盤ではないかと噂されている様ですが、本当にそろそろ終わる?

 

でも前回投げられた時に渋川は身体を回転させた上に壁を利用して着地しています。

あの動きを一度見ていると、もしかして今回も投げられてもまた着地するんじゃないかって期待もしてしまっています。

 

合気の面白さを感じながらも、相撲ってスゴっと感じた今回のストーリー!

この身体と身体のぶつかり合う戦いって、深くて面白いですよね。

 

<前話 全話一覧 次話>

バキ道は無料で読むことができます。

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

U-NEXTでは即日漫画が読めるポイントを600円分もらうことができます。

ポイントでいますぐ「バキ道」が無料で読めちゃいますよ♪

バキ道ネタバレ56話!まとめ

こちらでは「バキ道 56話」の展開・見どころをご紹介しました。

ザっと56話をまとめてみると・・

 

バキ道 56話のまとめ
  • 合気は天才の領域であって一生それが分からない人もいると言う。
  • 渋川は若い時、爺ィに投げられた時に本質が分かったのだと言い、その時はかなりの衝撃を受けた様子だった。
  • 身体には必ずしてしまう反応があり、それを使って体格差のある相手と戦う事も可能である。
  • 気合をかけている渋川剛気を地からすっぽ抜いた巨鯨は、そのまま宙に放り投げた。渋川は驚いたような表情のまま宙を舞っている。

宙に舞った渋川はその後どうなってしまうのでしょうか?

また着地するのか?それとも?


PR

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。