少年/青年漫画

「バグでもズルでも関係ねぇ!」ネタバレ19話!あらすじ・感想を紹介

ピッコマ独占配信の人気コミック「バグでもズルでも関係ねぇ」。

「続きが気になる!」
「ザレドはどうなる!?」

こちらでは「バグでもズルでも関係ねぇ19話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

「バグでもズルでも関係ねぇ」前回までのあらすじ

前回は、ついにマヨルカ軍がクリビア領地への侵攻を開始しました。

圧倒的戦力差の中、クリビアの民は自分たちの領地を守るために決死の覚悟で武器を握ります。

マヨルカ軍との激突間近という時、なんとロネーラ軍までもがクリビアを侵攻してきました。

はたして、ザレド達は2対1の絶望的な状況を打破できるのでしょうか?

よく無料で試し読みされている作品
横にスライドでもっと見る>

無料で読める!今週のおすすめTOP3

秘密の授業
「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい―――朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感――それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?


キスでふさいで、バレないで。
「こんな状況で感じるなんて、やらしいな」シャツごしに敏感なトコロをこすられ、指を挿れられて、バレないように声を抑えろだなんて…そんなの無理…!ある夜、うっかり会社の廊下に締め出されてしまった楓(かえで)は、偶然とおりかかった片想いの相手・塩谷(しおや)に助けられ、そのまま家に泊まらせてもらう事に!しかしそこへ、塩谷のルームシェア相手が帰宅し思わずクローゼットに隠れる二人。密着するカラダにドキドキする楓…その時、塩谷のくちびるが楓の胸に触れ―――


もしも、幼馴染を抱いたなら
「私たちの関係って、何…?」ジムのトレーナーである修司と幼馴染の茜。茜が修司の働くジムに通うことになったのだが、担当するトレーナーは会員と寝ていると有名な男…!!ある夜、帰りの遅い茜が担当トレーナーに車で送られたのを見てしまい、幼馴染が抱かれたのではと、気になって仕方ない!それから茜の行動から目が離せなくなってしまい…。こんなに心配するのは幼馴染で親友だから。なのに無防備な茜の姿に体は反応して、抱きたい衝動は増していき…!二人が一線を越えたその先にあるものとは――?

「バグでもズルでも関係ねぇ」19話のあらすじネタバレ

では早速、「バグでもズルでも関係ねぇ!」の19話のあらすじと感想を紹介します。

マヨルカ&ロネーラ連合軍誕生の経緯

今から1か月前。

決して良好な関係ではなかったマヨルカ領主・ホルグースとロネーラ領主・バトマンは、ひそかに首脳会談を行っていました。

最近、クリビア領主のザレドが「これからも友好な関係を築いてほしい」と言いながら特産品を献上してくるようになったことを話題に挙げる二人。

ホルグースは机を叩いて怒りをあらわにし、今まで静かだったザレドが急に自分たちに媚びを売り始めた理由を考えてみろとバトマンに言います

ザレドがロネーラ病の治療薬を開発・販売してから、両領地を訪れるモンスターハンターの数は激減。

収入源を取られた両領地の領主がクリビアに敵意を抱くのは、ザレドも予見できることです。

ホルグースはニヤリと笑い、ザレドが金で平和を買おうとしているのはクリビアに戦争ができるほどの力が無い裏返しだと言いました。

今日からクリビアとの戦争の準備を始め、一月後に奇襲すると打ち明けるホルグース。

一緒に手を組んでクリビアを徹底的に潰してやろうという誘いを受け、バトマン領主もその話に飛びつきました。

マヨルカとロネーラの連合軍の兵士数はおよそ3,000人。

クリビアの約10倍にあたる巨大戦力が誕生しました。

卑劣な両領主はガッチリと固い握手をかわしながら、「クリビアの次はお前の番だ」と互いに相手を出し抜くことを考えていました。

反撃の秘策

ロネーラの軍勢はクリビアの最終防衛線近くまで来ると一旦馬を止めました。

バトマン領主は馬上から大声を張り上げ、「ザレドよ いきなり現れた俺たちを見てさぞ戸惑っていることだろう!」と挑発します。

見晴らしの良い大通りで我々を待ち伏せしても無駄だ、すでにクリビア領地の周辺にある抜け道を通ってマヨルカの軍勢がクリビアに向かっている、と自分たちの挟み撃ち作戦を暴露するバトマン。

「お前の領地はもう終わりだ!今からでも土下座して詫びれば命だけは保証してやる!」

バトマンは得意げに笑いながら、ザレドに降参を促します。

「……」

無言のまま、バトマンの演説を身動き一つせず聞いていたザレド。

観念したのか、しばしの沈黙の後、ゆっくりと兜を取りました。

「ええええっ!?」

兜の下から出てきた顔を見て、バトマンはびっくり仰天。

なんとそこにいたのは、ザレドとは全く別人の影武者だったのです!

「クソッ!全て罠だったのか」

クリビアの兵士の中に紛れ込んでいたマヨルカのスパイ・トープは、このことをホルグースに知らせるためにすかさずその場から逃げ出します。

その瞬間、傍にいた兵がトープの顔面を槍で突き上げ、もう一人の兵がトープの背中に剣を突き立てました。

崩れ落ちたトープに対し、「領地内にロネーラ病をばら撒いたのもお前だろう?」と問いかける兵士たち。

自分の素性や行動を全て見抜いているクリビアの兵士を見て、トープは今まで自分がザレドの掌の上で踊らされていたことを悟ります。

「死をもって償うんだな」

クリビアを混乱に陥れたトープに、裁きの鉄槌が下されました。

ザレドの仕掛けた罠

ホルグースとバトマンがクリビアに戦争を仕掛けてくる前から、ザレドとラキスは両連合軍の進撃を予想していました。

連合軍の想定侵攻ルートを下見していたザレドは、奴らが大通りを経由して来ると思うか?とラキスに尋ねます。

ラキスはザレドの問いかけに対し、2つの可能性を提示しました。

一つは、この大通りを囮として使う作戦。

大通りは待ち伏せしやすくクリビアに有利な地形であることは明らかであり、連合軍が考え無しに突っ込んでくるとは思えない。

使うとしても分隊を差し向けた陽動作戦として利用するだろう、とザレド達は考えていました。

そしてもう一つは、森の抜け道を通ってクリビア領地に攻め入る作戦。

マヨルカのスパイのトープが木こりに変装してクリビア領地を探索し、この抜け道の存在を発見したであろうことをザレドは見抜いていました。

連合軍の本隊が抜け道経由でクリビア領地に攻め入ると確信したザレドは、このルートに自作の罠を仕掛けます。

魔帝石に過負荷をかけてクラス4の魔法に匹敵する大爆発を起こさせる「ザレドの地雷」。

ザレドが魔力を流して点火すると、周囲の物を粉々に吹き飛ばすほど絶大な威力を発揮します。

これを使って敵兵を一網打尽にすればクリビア領地が戦場になることはない、とつぶやくザレド。

抜け道に先回りしていたザレドがマヨルカの軍勢に向かって点火した所で第19話は終了しました。

<前話 全話一覧 次話>

バグでもズルでも関係ねぇを無料で読めるか調査した結果

せっかくマンガを読むならネタバレの文章だけでなく、イラストと一緒にストーリーを楽しみたいですよね。

「バグでもズルでも関係ねぇ」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

しかし、「バグでもズルでも関係ねぇ」のような話題のSF・ファンタジー漫画「U-NEXT」なら無料楽むことが出来ます!

1冊分無料!!

引用:https://www.amazon.co.jp/

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが貰えるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃうんです!

※31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

漫画・電子書籍が26万作品も提供されているので、U-NEXTはラインナップも非常に豊富ですよ。

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

また月額プランに移行した場合は毎月1日に必ず1,200円分のポイントが貰えます!

なので最新作や好きな漫画をU-NEXTで買うと、出費を抑えられますよ◎

自分に合ったU-NEXTのプランで漫画を楽しんでくださいね♫

実質無料で漫画を読む方法

マンガの最新刊・最新話を無料で読む方法とまとめ買いで数冊分を実質無料で読む方法 近年「漫画村」などの海賊版サイトの運営者が逮捕される等のニュースもありましたが、違法じゃない安全な方法でマンガを読みたいです...

19話を読んだ感想まとめ

うおおおおお、今回はめちゃくちゃクールな戦略が目白押しで俄然盛り上がってきましたね!

前話のラストでロネーラ軍が登場した時はGAME OVERの文字が浮かぶほど絶望的な気分になりましたが、まさかマヨルカとロネーラが手を組むことまで読んでいたとは。

ホルグースはザレドの献上品からクリビア領地が他の領地との戦争を回避したがっている思惑を見抜きましたが、ザレドの思考はさらにその上を行っていました。

マヨルカのスパイをわざと泳がせ、連合軍が抜け道ルートを使うように仕組むのも計算のうち。

ザレドの凄さは、単にバグ技だけに頼らない先見の明にありますね。

兜を使った影武者との入れ替わりトリックも圧巻でした。

思わず読者も「お前は誰だ!?」と叫んだことでしょう。

孫氏は「兵は詭道(きどう)なり」という言葉を残しており、戦争で勝利するためには謀略を駆使した騙し合いを制する必要があると説きました。

兵力が劣っていても、相手の思考を誘導し、自分の有利な状況に持ち込むことで、互角以上に渡り合うことが出来るようになります。

ザレドが以前アークロンに対し、友好の証として近いうちに最高の品質で細工を施したクリビアの魔帝石をマヨルカに贈ると言っていましたが、あれはひょっとして地雷のことをほのめかしていたのでしょうか?

相手を地獄に送るためのギフトとは、とんでもない皮肉ですね。

はたして、ザレドの作った地雷はマヨルカの軍勢に通用するのか?

そして、まだまだ数で劣るクリビア兵はロネーラ軍を撃退できるのか?

第20話の展開が気になって早く読みたいです!

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。