漫画ネタバレ

明日、私は誰かのカノジョネタバレ54・55話!あらすじ感想!

誰かの彼女のフリを・・「明日、私は誰かのカノジョ」。

雪とあやなの距離が縮まるこの後の展開が気になる

 

こちらでは「明日、私は誰かのカノジョ 54・55話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

 

<前話 全話一覧 次話>

明日、私は誰かのカノジョが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「明日、私は誰かのカノジョ」がお得に読めちゃいますよ♪

明日、私は誰かのカノジョ54・55話!のあらすじネタバレ

明日、私は誰かのカノジョ第54話・55話のあらすじをお伝えします。

解雇を言い渡されたあやな

雪はなんだか気になって、もしかしたら桧山とトラブルとかあったのではないかと心配して尋ねました。

 

それは違うとは言い切れないけれど・・・今日お店から解雇を言い渡されたのだといいます。

桧山や他のお客さんの話から、裏引きをしていることを知られてしまって・・・社長からは解雇をすると宣告されて、裏引きをしていたお客さんからは訴えると言われてしまう。

 

PR

しかも彼氏と別れたばかりなので大変だよと言います。

雪が心配して大丈夫なんですかと尋ねると、それよりも美容外科で会った話に話題を変えした。

かなり顔をいじっているというあやな

自分はかなり顔をいじっているけれど、雪はどこを変えたの?

雪が言い澱んでいると、美容外科であった仲じゃないのと笑って言うあやな。

人には言えないほどたくさん顔をいじっているから、何かアドバイスできるかもしれないから。

 

雪は言いにくそうに、私は・・・肌を・・・とうつむいて答えました。

肌?フォトとか?

あたしはこの前ダーマペンをやったけれど・・・雪はそんな肌トラブルがありそうには見えないといいながら雪の顔に触れようとすると、やっと言って雪は顔を隠してしまいます。

 

強い拒否反応に思わずごめんと謝りました。

 

雪は言いにくそうに・・・痕があってと答えると、雪を凝視して痣とか・・・?と尋ねるあやな。

雪にアドバイスするあやな

顔を手で隠しながらそんな感じですと雪は答えました。

いままでの痣があったせいで起きた過去の出来事をいろいろ思い出してしまった雪。

 

あやなは、それはめっちゃ辛いわ・・・もう治療は始めているのかとまじめに心配してくれている様子です。

 

雪はその反応が意外だと思いながら、まだカウンセリングを受けただけでと答えます。

するとあやなはカウンセリングは、絶対にたくさん回った方がいいよ。

それから少しでもなんか違和感を感じて引っかかるなと思ったら、そこでは施術しない方がいい。

自分の経験からいうと、そういう時は大抵トラブルになるからと教えてくれました。

あとはもしわからないことがあったら、わかるまで徹底的にどこまでも先生に聞くべき。

 

デメリットまできちんと教えてくれる先生は信頼できると思うとアドバイスしてくれます。

 

雨も上がっていて・・・あやなは話過ぎたと笑って言ってくれました。

雪はごちそうになってしまってと恐縮しています。

 

あーなんかすっきりした・・・このまま帰りたくないから、もう少し付き合ってよとあやなは言うのでした。

雪、初めての海

そう言って向かった先は、夕日がとても美しい海でした。

あやなは行きにはウーロン茶、自分ではチューハイを海を眺めます。

 

久々に海を見に来たあやなはやっぱりいいねと雪に言いますが、雪は海に見とれてから・・・海に来たのは初めてだと話しました。

こんなにきれいなんですねと伝えると、あやなは驚きます。

 

海に今初めて来たという雪にどんな人生を歩いてきたの?と思わず聞いてしまいました。

 

雪はうつむいて何も言えなくなってしまいます。

その様子を見てまだ19才ならそんなこともあるかもしれないよねと気を遣ってくれました。

過去の話を始めるあやな

天国ではみんな海の話をするんだってという昔の映画のセリフがあるというあやな。

昔付き合っていた人が好きだった映画で、何度も一緒に見たから内容はもちろんセリフも覚えてしまったのです。

 

PR
PR

昔の男のことなんてどうでもいいというあやなでしたが、そんな風に雪は見えませんでした。

 

雪がじっと見つめていると、あやなは煙草を吸い始めます。

さっきコンビニで買っちゃったというあやなは、昔はお酒もたばこもやっていて・・・ここ数年はやめていたのだけれど・・・と昔の話をし始めました。

 

その頃の名前は彩華として夜のお店で働いていました。

 

 

明日、私は誰かのカノジョ第54話・55話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

あやなは雪に自分のことも正直に話していますね。

昔のことも何か話したいことがあるようです。

 

<前話 全話一覧 次話>

明日、私は誰かのカノジョをお得に読む方法

明日、私は誰かのカノジョを今すぐお得に読みたいなら「まんが王国」が一番おすすめ!

まんが王国 毎日最大45%ポイント還元!会員限定無料マンガも沢山あるのでおすすめです!
U-NEXT 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、明日私は誰かの彼女【最新刊】いますぐ60円で読めます
FODプレミアム 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。ポイントをためて明日私は誰かの彼女【最新刊】が60円で読めます。
music.jp 30日間無料+600円分のトライアルポイントで明日私は誰かの彼女【最新刊】がいますぐ無料で読めます。

本日まんが王国に登録すると1冊50%割引クーポンが今すぐもらえます!
有料会員に登録するとさらに即日最大3000ポイント追加付与!!

毎日最大45%ポイント還元を実施しているので読めば読むほどお得になっちゃうんです!!

会員限定で読める無料漫画が沢山あるのも嬉しいポイント◎

 

明日、私は誰かのカノジョが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

54・55話を読んだ感想

明日、私は誰かのカノジョ第54話・55話の感想をお伝えします。

雪がとても気にしていたことをあやなはさらっと救ってくれています。

なかなか心を開くことができない雪ではありますが、あやなは先に自分のことを話して雪に自分のことを知ってもらいたいのかもしれませんね。

 

PR

海も19歳になって初めて来たといった雪を驚きながらも笑ったり、否定したりしませんでした。

 

雪の気持ちに寄り添おうとしているかのように、必ず否定せずにいったん同意をしています。

それから話を聞いたりしているので、お店に出ていても本当は聞き上手な人なのではないかと思います。

 

それなのにお店で解雇されるような問題行動をとっているなんて、同じ人には見えないのです。

 

何か理由があって、それを雪に聞いてほしいのでしょうか。

雪はほかの人に話して、噂をしたりしないからかもしれません。

 

今までこんなに親しくしてはいなかったとおもうのですが・・・。

あやなは雪とどのような友人になりたいと思っているのでしょう。

親しくなりたいと思っていなければ、そんなに自分の過去については語りたくありませんよね。

 

雪もまだあやなにどこまで話していいのか、戸惑っているように見えます。

しかしだんだん、自分のことを少しずつ話してもすんなり受け入れているあやなには心を許してきているように見えます。

 

いつも一人で考えて決断している雪に、自分の考えを少しでも話せる友人ができたらいいなと思います。

 

最後にあやなが彩華として働いているシーンがありました。

その彩華にははっきりとした顔が書いてはありません。

 

いろいろいじってきたというあやななので、別人の顔をしていたのでしょうか。

そしてどうしてあやなはそんなに顔をいじろうと思ったのでしょうか。

 

その秘密が次回明かされるかもしれません。

話していた元カレのことも判明するのでしょう。

 

一緒に見た映画のセリフも暗記してしまうほどあやなが好きだった人と、どうしてわかれてしまったのでしょうか。

 

雪は自分が一番つらくて、ほかの人とは違うと思っていますが・・・雪よりも辛い人がほかにもいるかもしれません。

 

<前話 全話一覧 次話>

明日、私は誰かのカノジョが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「明日、私は誰かのカノジョ」がお得に読めちゃいますよ♪

明日、私は誰かのカノジョネタバレ54・55話!まとめ

こちらでは「明日、私は誰かのカノジョ 54・55話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・

 

明日、私は誰かのカノジョ 54・55話のまとめ
  • あやな美容外科で会ったことから、雪はどうして通っているのか気にした。
  • 雪が顔に痣があると言うと、真剣にアドバイスをくれる。
  • 海に来た2人・・あやなは昔の話を始めた。

どんな人生を送ってきたのか興味ありますね。

PR

PR

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。