少年/青年漫画

明日のエサキミだからのネタバレ13話!あらすじ!ミケを倒す方法

人間をエサにするバケモノとの戦い「明日のエサ キミだから」!

たっちゃんと山吹の関係は宗太はせっかくのチャンスを逃がしちゃったね

続きの気になっている「明日のエサ キミだから 13話」を読みました。

さっそく、展開・見どころをご紹介していきたいと思います。

<12話 全話一覧 14話>

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

明日のエサキミだからの見どころ

パニック 人間 バケモノ サ学校を出て街にやって来た宗太達。

ここで久しぶりに銭湯へ行って体を綺麗に洗って、いよいよ山吹と・・と思っていたのですが、何かの視線が気になった宗太。

なんと男湯の浴槽にある岩だと思っていたものがミケだった事がわかって宗太と山吹は逃げます!

 1–>

そのミケは突然現れた男が仕留めてくれるのですが、なんと男と山吹は知り合いだった様子なのです。

明日のエサキミだから13話のあらすじネタバレ

ミケを倒した男・たっちゃんは、山吹の知り合いのようでした。

山吹と同じ小学校の3コ上の先輩だったのです。

先輩と後輩の関係

パニック 人間 バケモノ サたっちゃんは山吹の頭をわしっと掴み、大きくなった、同じクラブでいつも遊んでいてこんなところで会うなんて信じられないと言い、よく生きていたと山吹の肩に手を置いて言いました。

山吹もたっちゃんもと言いました。

宗太は二人の間の雰囲気に焦り、何なんですか、一体どういうこと・・・と食ってかかると、たっちゃんにお前こそ全裸でどういうコトだと聞かれてしまいます。

慌てて隠した宗太は、「これは・・・ねっ」と山吹に笑いかけました。

 2–>

するとたっちゃんは宗太の首根っこを掴んで、「この混乱に乗じて女性に乱暴するものを見てきた。

光(山吹)は自分の大事な妹だから、指一本でも触れたら切り落とす」と言ってナイフで宗太の太ももをペチンと軽く叩きました。

宗太は震えあがりましたが、山崎がたっちゃんに自分が約束したから、宗太とそうしたいと自分が決めたコトだからと説明します。

たっちゃんは全裸で震えている宗太を見て、コイツとか・・・と呆れていました。

照れてうなずく山吹に、他にもっといい人が・・・というたっちゃん。

思わずひじりも笑ってしまいます。

ミケを倒す方法

パニック 人間 バケモノ サひじりはたっちゃんに、いきなりミケを倒してビックリしたけれど、今までそうやって生きて来たのかと尋ねました。

2カ月前のこと、たっちゃんの大学にも突然バケモノが現れました。

次々と人間を食べ、大学内はパニック状態に陥ります。

大学から逃げ出しても、外にもバケモノがいて絶望しました。

だがどうせ食べられて死ぬのならと、生き残った仲間たちとともにたっちゃんは戦うことを決めたのです。

その結果多くの仲間を失ってしまいましたが、バケモノを倒す手順がわかりました。

バケモノを倒すには、まず4つの目をつぶします。

そうすれば視力を失い、錯乱状態に陥るから。

錯乱すればバケモノの皮膚の硬さが極端に低下して、体への攻撃ができるようになります。

特にシッポのつけ根への攻撃が有効。

バケモノの目をつぶすのは簡単ではありませんが、人類がバケモノを倒す手段はこれしかないのです。

学校から逃げて来た人達は思い当たることがありました。

目をつぶして屋上から落ちた時、銅像に串刺しになって・・・と話しているとたっちゃんはお前たちも倒したのかと問います。

たっちゃんの監視

パニック 人間 バケモノ サひとまずホテルに避難して話の続きをしています。

たっちゃんはみんなから話を聞いて、頑張ったな光・・・と言いました。

それからたっちゃんは決心したように、これからはオレがお前たちを守ると宣言します。

前に自衛隊のヘリが、救助した人たちを乗せて西へ向かうのを見たので、てがかりを集めながら西へ進めばきっと避難所はみつかる。

バケモノがいない場所は絶対あるので、必ず全員で辿り着こうと言いました。

‘); ?>

フロントの鍵を渡し、宗太を睨みながらゆっくり休めと言いプレッシャーをかけて去っていきました。

宗太は結局あれをつかうことがなく、たっちゃんに対して腹が立っています。

すると山吹が照れくさそうに宗太の部屋を訪れました。

驚く宗太に、約束は守らないとイヤだからときっぱり告げる山吹。

山吹は、たっちゃんは関係ないと宗太に抱きつきます。

そのままベットに倒れこみ、宗太は山吹に好きだと告げます。

するとドアが少しだけ空いて、ナイフがギランと光るのです。

宗太はたっちゃんがいるぅうと怯えますが、山吹は気のせいだと気にしていません。

再びキスしようとすると、ドアがすっと開き、たっちゃんがナイフを振り回しています。

宗太は思わず、山吹を突き飛ばしてしまいました。

誰もいないよと山吹は言いますが・・・。

宗太は今日は疲れているからまたの時にと山吹に伝えます。

宗太がいいならそれでいいと山吹が言うと、ドアから親指を立てた腕が・・・。

お休みと言って宗太と別れた山吹は、断られたのは自分が女の子っぽくないせいかと、勘違いしているみたいです。

強ぇぞおれは!

パニック 人間 バケモノ 翌日たっちゃんは宗太によく眠れたかと尋ねます。

おどおどしている宗太に、「光を守れるくらい強い男になってみろ、その時は考えてやる」とたっちゃんは言いました。

車とバイクに分かれて行動しますが、山吹はたっちゃんとバイクに乗ってしまいます。

お風呂に入ったのに、宗太はまだ臭いとひじりに言われていました。

たっちゃんからスピードを上げろと車は指示されますが、後ろからもうバケモノがやってきました。

一匹なら倒せるととたっちゃんは言いますが、前方から2体もバケモノが現れます。

車の周りも取り囲まれてしまいました。

すると宗太が車から降りて、強ぇぞおれは、ヤッテやるとファイティングポーズをとりました。

明日のエサ キミだから第13話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

強いと言って飛び出した宗太はどうなってしまうのでしょうか。

また取れない臭いとは何か秘密があるのでしょうか。

<12話 全話一覧 14話>

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

13話を読んだ感想

パニック 人間 バケモノ サ明日のエサ キミだから第13話を読みました。

たっちゃんは山吹の幼なじみの先輩だったのですね。

山吹も強いので、二人は何か習い事で一緒だったのでしょうか。

たっちゃんのおかげでバケモノの倒し方がわかりました。

わかったからといって簡単に倒せるわけではありませんが、やり方を知っているのと知らないのとでは気分的に全く違うのではないでしょうか。

 4–>

宗太はまずたっちゃんに対して第一印象がまずかった。

変質者のように見えましたよね?

幼なじみの相手が宗太だとするとたっちゃんが不安に思うのは当然のことだと思います。

大学でもたくさん辛いことがあったはずですが、たっちゃんは今回もみんなのことを守ると宣言しました。

自衛隊の救助に来てくれたヘリを手がかりにして西へと向かうことにしました。

今までの疲れがたまっていると思うので、ここでゆっくり休めるのはみんなよかったと思っているはず。

山吹が約束を守りに宗太を訪ねてきますが、たっちゃんのガードでまたの機会にということになりました。

山吹が自分が女の子っぽくないのかなと勘違いしているのが少し可哀想だと思いました。

山吹は全然悪くないのに・・・でも今はまだその時ではないのだと思います。

翌朝出発してすぐにバケモノに囲まれてしまいます。

宗太はなぜか強いのだと飛び出しましたが、大丈夫なのでしょうか。

その自信はどこから来るのでしょうか?

<12話 全話一覧 14話>

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

明日のエサキミだからのネタバレ13話!まとめ

こちらでは「明日のエサ キミだから 13話」の展開・見どころをご紹介しました。

ザっと13話のストーリーをまとめてみます!

明日のエサ キミだから 13話のまとめ
  • 山吹とたっちゃんは先輩後輩である事が判明!そして宗太は山吹の事を襲おうとしていたのでは?と警戒されるように。
  • 山吹は途中になってしまった宗太との続きをしようと部屋にやって来るのですが、宗太はたっちゃんがナイフをちらつかせていることに気が付いて、今回も断念することに。
  • 再び現れたミケ。後ろと前に挟まれ・・この後の展開は!?

ピンチ状態!

宗太はミケを倒せるのでしょうか?

 10–>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。