少女/女性漫画

ある日、お姫様になってしまった件についてネタバレ83話!あらすじ感想

異世界ファンタジー「ある日、お姫様になってしまった件」。

悲運の御姫様!?夢みたいな世界じゃないの

こちらでは「ある日、お姫様になってしまった件 83話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法




ある日、お姫様になってしまった件について83話のあらすじネタバレ

ある日、お姫様になってしまった件について第83話のあらすじをお伝えします。


ジェニットに家族だけ伝えてはどうかというアナスタシウス・・・!?

アナスタシウスは突然「寂しかったですね」と言いました。

ジェニットと二人、庭のベンチに腰掛けて話をしています。

 

陛下のことが心配なのは同じはずなのに、そんなふうに追い出されてしまうなんて。

ジェニットは、それは・・・大丈夫です。

でも陛下は、どこか具合が悪いのではないかと心配になりました。

 

陛下と姫様は、私が家族だとは知らないので・・・仕方がないのですが・・・。

(陛下の具合を知ることができるのは、限られた人だけだから・・・)

だけど・・・私がその限られた人になれないのが悲しいのです。

 

アナスタシウスは、家族だと・・・本当のことを伝えてみたらどうでしょうか?

ジェニットは動揺して話しにくそうにしていましたが、ようやく話し始めました。

 

実は前に姫様に、もし私たちが姉妹だったらどう思うかと尋ねたことがあったのですが、戸惑ってしまったらしく・・・なにもお答えになりませんでした。

 

おっと?貴族令嬢との交流としては、深くかかわりすぎていると思ったけれど、やはりクロードから聞いたようだ・・・。

 

ジェニットが誰なのか?

ジェニットが今後自分に敵対しないように、事前に策を練ったか・・・こういうずるがしこいところは父娘そっくりだ。

 

姫様は私のことを友達のように思っているけれど、それ以上ではありませんというジェニット。

 

皇族については以前もお話ししましたよね?

しかも姫様はとても聡明だと聞きました・・・ですから・・さらに・・・。

 

アナスタシウスに誰かの言葉が蘇りました。

まぬけだな・・・何を真剣に相手をしているのか・・・。

テキトーに合わせて、お前に従わせるんだ・・・。

 

私は高位なんていらないのに・・・ただ姫様が好きなだけなのに・・・。

おじさまは、私も姫だから後継者の資格があるといっていましたが、私はアタナシア様ほど優れていませんし、魔法も使えませんから・・・。

 

皇位はその場にふさわしいものがつくべきであって、魔力は重要ではありません。

アナスタシウスがいつもとは違う強い口調に、ジェニットは意外だと思いました。

 

皇位につきたいかどうかに関係なく、私はレディーに資格があると思います。

優しくて繊細ですから、国民を愛する皇族になれるでしょう。

 

身に余るお言葉ですというのがやっとで・・・何と答えていいのか…褒めてくださったけれど・・・。

ジェニットのブレスレットに魔法が・・・!?

二人の様子をイゼキエルは部屋の窓から見て思っていました。

最近アナスタシウスがずっとジェニットといっしょだと・・・何を企んでいるのだろう?

 

次の日のこと、皇宮に行こうとしているジェニットをおはようと言って呼び止めるアナスタシス。

 

宮に行かれるのですか・・・ジェニットのブレスレットを見て・・・あの時市場で?と尋ねました。

そうです・・・姫様にお見せしたくてと嬉しそうに話すジェニット。

 

どうしていつも身に着けていなかったのですか?

おじさまに何か言われるのではないかと思ってと答えました。

 

たしかに市場の物なんて、貴族の令嬢の使うものではないなと思うアナスタシウス。

令嬢がブレスレットを大事にしていることを知れば、姫様も喜ばれることでしょう。

そうだとうれしいのですが・・・。

 

ジェニットの様子を見て、まだ家族であるということは言わないつもりのようだ・・・まあいいだろう。

同じ方法を二回も使うのは気が進まないけれど・・・ここに何かついていますよとジェニットに言い、気をそらしているうちにブレスレットに魔法をかけました。

 

姫が市場で直接買ったものだから、失敗しても追跡はされないだろう・・・見間違いでした・・・。

 

昨日ジェニットが、陛下はどこか具合が悪いのではないかと心配になりました。

回復したようだという侯爵の話はやはり誤りのようで・・・今が絶好のタイミングではないかと・・・。

 

皇宮に向かうジェニットに、素敵な一日を・・・。




魔力を使い過ぎたというアナスタシウス・・・!?

見ろよあの姿を・・・クロードとジェニットの母が一緒にいます。

お前の弟がまたお前のことを笑っているぞ・・・アナスタシウスの夢なのでしょうか・・・。

 

ジェニットが陛下と姫様に会いに行きました。

アナスタシウスは失敗か成功か・・・呪いに苦しむところを見ることはできないのが残念だが・・・これが最後だといいのだけれど・・・。

 

ティーカップに口をつけた陛下・・・そして血が・・・。

 

夜になり、ベッドに仰向けに座り腕で目を隠したアナスタシウス。

ドアがノックされ、紳士さま・・・紳士さま・・・とジェニットの声が聞こえました。

 

何も言わず起き上がり・・・眠っていたことに気付くアナスタシウス・・・はいと答えます。

魔力を使いすぎたかなと思いながらドアを開けて・・・どうかされましたか?とジェニットに尋ねます。

 

そこには涙を流しているジェニットが・・・!?

 

 

ある日、お姫様になってしまった件について第83話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

アナスタシウスの娘はジェニット。

その娘を使って、弟のクロードに呪いをかける・・・!?

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法
【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

ある日、お姫様になってしまった件を無料で読めるか調査した結果

「ある日、お姫様になってしまった件」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「ある日、お姫様になってしまった件」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品



83話を読んだ感想

ある日、お姫様になってしまった件について第83話の感想をお伝えします。

優しい娘を介して、弟に呪いをかけているアナスタシウス。

家族だと話さないのかとジェニットに尋ねましたが、アナスタシウスもジェニットにはカミングアウトをしていないのですね。

 

もしもジェニットが陛下の命を奪うことに加担していたと知ってしまったら、どうなるのでしょう。

いつも気を遣っているのに、これ以上辛い思いをさせたくないとは思わないのでしょうか?

 

もしも姫様が知ったらどう思うのでしょうか?

陛下の命は大丈夫でしょうか・・・ジェニットのあふれる涙を見ると、危ないのかもしれません。

 

姫様は一生懸命努力して、また仲の良い親子になろうと努力していたのに。

陛下の命を助けるために、努力をしていたのに・・・。

どうして兄であるアナスタシウスは、命を奪おうとしているのでしょうか?

姫様やジェニットの涙をもう見たくはありません。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法




ある日、お姫様になってしまった件についてネタバレ83話!まとめ

「ある日、お姫様になってしまった件 83話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストリーをまとめると・・・

ある日、お姫様になってしまった件 83話のまとめ
  • アナスタシウスは、家族だと・・・本当のことを伝えてみたらどうかと提案した。
  • ジェニットのブレスレットに魔法をかけた。
  • ジェニットが涙を流している。