少女/女性漫画

「悪党の母になりました」ネタバレ41話!あらすじ・感想を紹介。

ピッコマ独占配信の人気コミック「悪党の母になりました」。

「続きが気になる!」
「ロゼリアはどうなる?!」

こちらでは「悪党の母になりました41話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>




前回のあらすじ

前回は、パーティー会場の庭園で事故が起きたという知らせを受けて駆け付けたロゼリア達の目に、意識不明の重体に陥って倒れているグレックの姿が映ります。

 

グレックは木に登ろうとして足を滑らせて落ちてしまったと他の子供たちは説明しますが、彼らの浮かない表情を見れば何かを隠しているのは明らかでした。

 

グレックの母親は、鬼ごっこの件を根に持っているアインスパナの仕業に違いないと激高。

しかし、鬼の形相を浮かべたロゼリアが「アインを侮辱するのは許さない」と一喝すると、すぐに自分の発言を撤回して謝罪します。

 

優しい性格に育ってきているとはいえ、アインスパナは後に帝国最恐の悪党になる運命の少年。

 

アインスパナを信じようと懸命に自分に言い聞かせるロゼリアでしたが、彼がグレックの件に関わっているのではないかという不安をどうしても完全に拭えません。

 

一方、アインスパナはグレックの件があって以後、邸内でも全く笑顔を見せなくなっていました。

 

チェイド家に新しい子供が生まれたら、本当の子供じゃないお前なんかすぐに見捨てられる……。

 

グレックの挑発の言葉が頭から離れないアインスパナは、悶々とした日々を過ごしていました。

 

そんな中、アインスパナが廊下を歩いている時に、最近親密になっているカシウスとロゼリアの間に第2子が生まれるのは時間の問題だろうというメイド達の噂話を偶然耳にしてしまいます。

 

現在の幸せな生活が崩壊するかもしれない恐怖に駆られたアインスパナは、ますます自分の殻に閉じこもっていくのでした。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

悪党の母になりました41話のあらすじネタバレ

<スポンサーリンク>

すれ違う親子

最近のカシウスとロゼリアの関係が気になって仕方ないアインスパナは、使用人のレニシャを呼んで、自分に弟ができる可能性があるのか尋ねます。

 

レニシャは困惑した表情を浮かべながら、二人ともまだ若いし仲も良いので十分にあり得る話だと答えました。

 

側近のレニシャにはっきり告げられたアインスパナは、廊下でメイド達の噂話を聞いた時以上のショックを受けました。

 

その日以来、アインスパナとロゼリア達との精神的距離はさらに広がっていきます。

 

皇帝からの依頼の件が片付き、ようやくカシウスも加わって3人で一緒に食事をとれるようになったにもかかわらず、ディナーの食卓にアインスパナの明るい声はありません。

 

ずっと押し黙ったまま、皿の上の食べ物を口に運ぶ作業を淡々と繰り返すアインスパナ。

完食せずに退席する彼の姿を見たロゼリアは、どこか体の具合が悪いのではないかと心配になります。

 

上座に座ってアインスパナの行動をジッと見ていたカシウスも、最近の息子の変化に気づいていました。

 

どうしてもアインスパナのことが気になって仕方ないロゼリアは、夕食後にスイーツと紅茶を持参してアインスパナの自室に向かいます。

 

「夕食にほとんど手をつけていなかったので、少しでも食べた方が良い」と気遣うロゼリア。

 

しかし、アインスパナは小さく溜め息をついて浮かない返事をするだけで、母親と目を合わせようとすらしません。

 

スイーツと紅茶を置いて息子の部屋を出たロゼリアは、やはり本当の母親のことが恋しくなって自分と距離を置こうとしているのだと思い込みます。

 

アインスパナの実の母親であるオリビア・チェイド。

彼女が生きていれば、アインスパナは今よりもっと幸せだったのではないか?

血のつながりのない自分に不満があるのではないか?

 

オリビアと比べても意味がないことはロゼリア自身よく分かっていましたが、それでもロゼリアはアインスパナの力になってやれない自分を責めずにいられませんでした。

カシウスのアドバイス

その日の晩、久々にロゼリアと一緒に寝ることにしたカシウスは、ベッドの上に座っている隣のロゼリアが思いつめたような表情をしていることに気づきます。

 

「何かあったのか?」とカシウスが尋ねると、ハッと我に返ったロゼリアは照れ笑いを浮かべながら「何でもありませんよ」とごまかしました。

 

しかし、夫婦として共に過ごすようになった今のカシウスには、彼女が何かを隠していることが手に取るように分かります。

 

カシウスは妻の頬に優しく手を当て、「夫婦なんだから悩みの相談くらいしてもいいんだぞ」と囁きました。

 

その言葉を聞いたロゼリアは、アインスパナだけでなくカシウスの本音も気になり出しました。

 

本当はカシウスも、死別した前妻・オリビアと一緒に過ごしたかったのでは……?

 

ロゼリアは目を伏せながら、オリビア・チェイドはどんな女性だったのかと恐る恐る尋ねます。

 

「まだ彼女のことを想っているのですか……?」

 

突然ロゼリアの口から前妻の名前が出てきたことに驚きを隠せないカシウス。

 

おそらく、最近急にアインスパナの態度が変わったせいで、自信を持てなくなったのだろうと心の中で思いました。

 

カシウスはクスッと笑いながらベッドの上に倒れ込み、「心配しなくていい」と答えます。

 

最近アインの態度が変わったのは、お前が考えているような理由ではない。

オリビアはアインを産んだだけで、愛情など持っていなかった。

アインも私も、間違いなくお前を大切に想っている。

 

カシウスに慰められたロゼリアは、冷え固まっていた自分の心が温められていくような安心感を覚えていました。

 

「だから心配せずに、今日はもうゆっくり休むんだ」

 

ロゼリアはカシウスに寄り添いながら、ベッドの中で穏やかな寝息を立て始めました。




アインが求めていたもの

ある日の晩、自室に籠っていたアインスパナは、宿敵グレックの言葉に何日も振り回されている自分の弱さに心底うんざりしていました。

 

本当の子供が産まれてくれば、お前なんかすぐに捨てられる……!

 

どうしてもグレックの罵倒が頭から離れず、今まで味わったことのないような敗北感に打ちのめされるアインスパナ。

 

このままではダメだと思った彼は、意を決した表情で立ち上がると、勢いよく自室を飛び出しました。

 

アインスパナは邸内の廊下を早足で歩き、目的地まで最短経路で向かいます。

 

彼が向かった先は、ロゼリアの部屋でした。

 

「母上!」と叫んだアインスパナがドアを開けると、中にいたロゼリアは驚いた表情を浮かべてアインスパナの方に向き直ります。

 

「こんな時間にそんなに急いでどうしたんですか?」

 

就寝の準備に取り掛かろうとしていたロゼリアは、アインスパナを不思議そうに見つめます。

 

すると、歩くスピードをさらに速めたアインスパナがロゼリアのもとに駆け寄り、いきなり彼女の体に抱きつきました。

 

「僕……今日は母上と一緒に寝たいです……」

 

幼児のように甘えながら、小声で自分の想いを伝えるアインスパナ。

 

頬を紅潮させたロゼリアが困惑の表情で息子を見つめている所で第41話は終了しました。

<前話 全話一覧 次話>


悪党の母になりましたを無料で読めるか調査した結果

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


41話を読んだ感想まとめ

アインスパナとロゼリア達との心の溝が深まっていく光景を見ていると、思春期を迎えた子供を見ているようでとても胸が痛くなります。

 

多感な思春期になると、それまで当たり前に感じていた日常が壊れ、いろいろなことに不安を抱くようになるものです。

 

後から考えれば、「なんであんなことに悩んでいたんだろう」と自分でも笑ってしまうようなことばかりですが、当の本人にとっては宇宙よりも大きく切実な問題。

 

大人になるために課された試練だと思って、死に物狂いで戦って乗り越えていくしかありません。

 

特に、血のつながりのない親子関係は、一度こじれると修復が大変です。

 

自分は母上の本当の子供ではない。

 

そう意識し出した途端、ロゼリアと全く目を合わせることすら出来なくなってしまったアインスパナの姿を見て、悲しすぎるほど純粋な彼の心にもらい泣きしそうになりました。

 

どれほど過酷な訓練に耐えても、やはりアインスパナはまだ少年の身。

 

母親の愛を求める心と素直に甘えられない心の葛藤で、激しくもがき苦しんでいるのが痛切に伝わってきます。

 

アインスパナの苦悩を見て、同様に悩むロゼリアの姿も印象的でした。

 

たとえ血のつながりがなくても、アインスパナとロゼリアは一蓮托生。

 

共に心の痛みを分かち合う二人のやり取りに、真の親子の姿を見たような気がしました。

 

そんなロゼリアの不安を払拭してくれたのが、カシウスだったというのも興味深いですね。

 

ロゼリアの献身によって愛情を知ったカシウスが、今度は自分の愛情によってロゼリアを支える。

 

決して独りではない、家族の絆の素晴らしさを再認識しました。

 

はたしてロゼリアは、母の愛情を確かめようとするアインスパナの気持ちに応えてあげることが出来るのでしょうか?

 

第42話の続きがとても気になります!

<前話 全話一覧 次話>