少女/女性漫画

「悪党の母になりました」ネタバレ39話!あらすじ・感想を紹介。

ピッコマ独占配信の人気コミック「悪党の母になりました」。

「続きが気になる!」
「ロゼリアはどうなる?!」

こちらでは「悪党の母になりました39話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>




<スポンサーリンク>

前回のあらすじ

前回は、帝国の機密情報を他国に渡そうとした裏切り者を粛正するために、皇帝陛下がカシウスにエンデル伯爵の暗殺指令を下します。

 

ロゼリアとの平穏な生活を続けるため、本心では二度と汚れ仕事を引き受けたくなかったカシウスは、悪党とののしられるチェイド家の宿命を呪わずにいられません。

 

民衆から聖君として慕われるべく、自分の敵対勢力を極秘裏に始末させている皇帝こそ真の悪党だ、とカシウスは思いました。

 

一方、懇親会での不祥事をお詫びするパーティーを開催したいという旨の手紙を受け取ったロゼリアは、アインスパナと相談した後に会合に参加することを決意します。

 

皇帝からの指令に集中するため、妻子と距離を置くようになったカシウス。

ロゼリアはカシウスと会えない日々に不安を抱きながらも、彼が優しい夫として戻って来てくれることを信じ続けました。

 

そして迎えたパーティー当日。

ロゼリアはアインスパナを伴い、パーティー会場であるルージエン伯爵家に乗り込みました。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

悪党の母になりました39話のあらすじネタバレ

仲直りの儀式

パーティー会場にやって来たロゼリア達に気付くと、主催者である貴婦人たちが一様に引きつった笑みを浮かべながら二人の所にやってきました。

 

会場への来訪を感謝しながら、先日の子供たちのイタズラの件をうやうやしく謝罪する貴婦人たち。

 

一気に大勢の人間が雪崩のように押し寄せてきたため、ロゼリアは異様な雰囲気に戸惑ってしまいます。

 

すると、一人の貴婦人が息子の手を乱暴に掴み、「グレッグ、こっちに来なさい!」と言ってアインスパナの前に立たせました。

 

グレッグと呼ばれた少年は、アインスパナに鬼ごっこをけしかけた張本人。

アインスパナと敵対している子供たちのリーダー格であり、今回の集団いじめの首謀者でした。

 

グレッグが下を向いてもじもじしていると、母親は鬼の形相に変わって「早く謝りなさい!」と怒鳴り始めます。

 

その光景は、アインスパナへの懺悔というより、悪名高きチェイド家を怒らせた愚行への怒りをぶちまけているようにしか見えません。

 

母親の剣幕に圧倒されたグレッグは、やがて瞳に涙を浮かべてブルブルと怯え始めました。

 

さすがに可哀想になってきたロゼリアは、グレッグの母親を制して、子供をこれ以上追い詰めないでほしいと伝えます。

 

すると、ロゼリアの横に立っていたアインスパナがにわかに口を開き、「僕は大丈夫です」と喋り出しました。

 

皆で遊んでいるうちに、少し度が過ぎてしまっただけ。

だから、皆さんもこの件のことはあまり気にしないでほしい。

 

アインスパナに「そうだろ?」と意味深な表情で凄まれたグレッグは、ごくりと生唾を飲みながら体を強張らせました。

 

周りの貴婦人たちは安堵の溜め息をつきながら、「なんて心の広い子なんでしょう」とアインスパナの寛大な対応を絶賛します。

 

仲直りが済んだアインスパナは、グレッグや他の子供たちと共に庭園に遊びに向かいました。

 

子供は一緒に遊ぶうちに自然と仲良くなるものだから、きっと大丈夫よね……。

 

一抹の不安はあったものの、ロゼリアは満面の笑みを浮かべてアインスパナを見送ります。

 

子供たちが去って行くと、貴婦人たちはいつもの機械的な笑顔に戻り、ロゼリアを囲んでお茶会を始めました。

お腹を痛めた子

ロゼリア達が特製のお茶を飲みながら談笑していると、現在妊娠している一人の貴婦人のことに話題が移ります。

 

お腹を大きくしている貴婦人は優雅に微笑みながら、出産の予定日は再来月くらいだと話します。

 

周りの貴婦人たちは彼女の体調を気遣い、「出産時の激痛を思い出すと、また子供を産みたいと思えなくなる」と嘆きます。

 

しかし、妊娠中の貴婦人は自分のお腹を誇らしげに撫でながら、「それでもやはり子供は欲しい 自分が産んだ子供は特別に感じる」と答えました。

 

自分が実際にお腹を痛めた子供は、他の子供と比較にならないほど愛しいものだ。

 

妊娠中の貴婦人はニコニコ微笑みながら、「そう思いませんか?」とロゼリアに意見を求めます。

 

その瞬間、周りの貴婦人達が「あ!」と声を上げて凍りついてしまいました。

 

現チェイド夫人であるロゼリアは後妻に過ぎず、アインスパナと直接の血縁関係はありません。

 

そのことは、ロゼリア自身が最も気にしていた事実。

 

無表情のまま黙りこくっているロゼリアを見て、周りの貴婦人達は慌てふためきます。

 

これは変な意味ではない。

夫人はまだお若いから、ご自身の子を持つ計画もあるでしょう。

 

必死に取り繕う貴婦人達の話を聞きながら、ロゼリアは自分とアインスパナの関係に思いを巡らせていました。

 

確かに、アインは私の産んだ子ではない。

私は彼の本当の母親ではない……。

 

どうあがいても決して変えようのない事案に心を痛めるロゼリアは、今の発言は自分への当てつけなのか、本当にうっかり口が滑ってしまっただけなのか、貴婦人達の意図をずっと考え続けていました。




嫌がらせの代償

一方その頃、庭園に集まっていた子供たちは、アインスパナに謝りながら「これからは仲良くしよう」と話しかけていました。

 

グレッグの冷ややかな目を見れば、彼が体裁を取り繕うために言い訳しているのは一目瞭然でした。

 

アインスパナは面倒くさそうに溜め息をつきながら、「終わったことだからもういいよ」とつぶやきます。

 

「ところで……あの時の賭けは僕の勝ちだよね?」

 

アインスパナは子供たちを見下しながら、鬼ごっこで負けた方は勝った方の言うことを何でも聞く約束だったはず、と切り出します。

 

子供たちが不安そうな表情で「僕たちに何をさせる気……?」と尋ねると、アインスパナはニヤッと笑い、「今度は君たち全員に鬼になってもらう」と答えました。

 

今度の鬼ごっこの逃げる役はアインスパナ一人で、残りの子供たちは全て鬼役。

 

「それだけ人数がいれば問題ないでしょ」と言いながら、アインスパナは悠然と構えています。

 

困惑する子供たちの反応を見て、アインスパナは「頑張って僕を捕まえてみてね」と不敵に笑いました。

 

アインスパナの提案によって始まった鬼ごっこは、子供たちにとって地獄の時間でした。

 

鬼は目隠しをしたままターゲットを探すので、鬼が一人である通常のルールなら、何の問題も無く自由に動き回れます。

 

しかし、何人もの鬼が庭園内に密集すれば、当然互いにぶつかり合って自由に身動きがとれません。

 

気配を殺しているアインスパナを素人の子供が見つけ出せるはずもなく、子供たちは半べそをかきながら庭園内を右往左往し続けました。

 

子供たちがギブアップ宣言をしても、アインスパナはニヤニヤ笑ったまま彼らの様子を見ているだけです。

 

畜生……なんて陰湿な奴だ……!

 

グレッグは唇を噛み締めながら、アインスパナへの怒りに身を震わせていました。

 

ロゼリアの前で楽しそうに満面の笑顔を見せるアインスパナ。

母親に大声で怒鳴られて泣きべそをかかされるグレッグ。

 

実の親子でもないくせに、良い子ぶっているアインスパナが自分より仲良さげに母親に寄り添っていたことが、グレッグにとって最も屈辱的なことでした。

 

その時グレッグは、アインスパナに一泡吹かせてやる名案を思い付きます。

 

グレッグは足を止めると、「お前の母親がいつまでもお前に優しくしてくれると思っているのか?」と尋ねました。

 

突然妙なことを言い出したグレッグを見て、アインスパナは怪訝そうな表情を浮かべます。

 

「チェイド家に新しい子供が生まれたら、お前なんかすぐに捨てられるに決まってるさ!」

 

グレッグの言葉を聞いたアインスパナは激しく動揺し、「母上がそんなことするはずない!」と反論しました。

 

貴族の社会では、新しい子供が生まれたら親が上の子への興味をなくすのは当たり前の話。

しかもお前は、本当の息子じゃない。

お前はすぐに飽きられて、継母から邪魔者扱いされるだろう。

 

グレッグの主張は、アインスパナ自身がずっと心の中で懸念していたことでした。

 

図星を突かれたアインスパナの表情がみるみる曇り出し、やがて氷のように冷たい眼差しに変わっていきました。

悪夢、再び……

大広間で貴婦人達と談笑していたロゼリアは、お茶を飲みながらチェイド家の前妻について考えていました。

 

アインスパナの本当の母親はどんな人だったのだろう……?

 

アインスパナにとっては、彼女が生きていた方が幸せだったのだろうか……?

 

自分なりに一生懸命愛情を注いでアインスパナと向き合ってきたロゼリアでしたが、実の親子ではないという厳然たる事実が壁となって立ちはだかり、前妻への劣等感をどうしても拭えずにいました。

 

自分と実の母親、本当はどちらと過ごす方が嬉しいのか、ロゼリアはアインスパナの気持ちを知りたくてたまりませんでした。

 

ロゼリアが気の抜けたような表情でお茶を飲んでいると、血相を変えた使用人が大広間に飛び込んできて大声を張り上げます。

 

「大変です!庭園で事故が起きました!」

 

その報告を聞いた途端、庭園でボロボロになって倒れていたアインスパナの姿がロゼリアの脳裏に再びよぎります。

 

まさか、またアインがいじめの標的に……!?

 

顔をひきつらせたロゼリアがテーブル席から立ち上がった所で第39話は終了しました。

<前話 全話一覧 次話>

悪党の母になりましたを無料で読めるか調査した結果

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


39話を読んだ感想まとめ

鬼ごっこにかこつけた子供たちのアインいじめの件は、なかなか平和的に解決しそうにないようですね。

 

パーティー会場に現れたロゼリア達を見て、貴婦人達がわらわらと群がりながら一様に謝罪の言葉を口にしている光景は、あまりにも不気味過ぎて絶句しました。

 

まるで何かに洗脳された宗教徒のようで、因習に縛られた貴族社会の恐ろしさを垣間見たような気がしました。

 

グレッグを叱っていた母親も、チェイド家を敵に回す恐怖に駆られてヒステリックになっているのが見え見え。

 

力づくで頭を下げさせようとする威圧的な言動はとても教育と呼べる代物ではなく、この親にしてこの子ありだなと思いました。

 

ロゼリアにお詫びパーティーの話を聞いた時、アインスパナがやけに素直に応じたのが気になっていましたが、やはりチェイド家の後継者が他の子供たちにやられっぱなしで黙っているわけがありませんでしたね。

 

自分以外の全ての子供たちを鬼役にさせ、狭い庭園内で互いをぶつけ合わせる狡猾な復讐方法を見て、改めてアインスパナの恐ろしさを知りました。

 

ロゼリアの愛情を一身に受けて育っても、やはりチェイド家の本性は変わらないのかもしれません。

 

一見幸せそうに暮らしていたロゼリアとアインスパナでしたが、自分たちが実の親子ではないという事実がずっと心のどこかに引っ掛かっていたのでしょう。

 

一番触れられたくない点を他人に指摘されて思わず感情的になってしまう二人を見て、子持ちの再婚の難しさを考えてしまいました。

 

「本当の親じゃないくせに」という心無い一言は、家族の断裂にもつながりかねないほど義理の親子にとって重すぎる言葉。

 

自分より実の母親といた方がアインスパナにとって幸せだったのではないか、と悩むロゼリアの姿にとても心が痛みました。

 

はたして、使用人が伝えに来た庭園での事故とは一体なんでしょうか?

 

ロゼリアを侮辱されてカッとなったアインスパナが、グレッグにとんでもないことをしでかしてないか心配です。

 

ロゼリアとアインスパナは実の親子以上の絆を手にすることが出来るのか、第40話の展開がますます気になってきました。

<前話 全話一覧 次話>




<おすすめゲーム>