TV番組・ドラマ化

「悪党の母になりました」ネタバレ14話!あらすじ・感想を分かりやすく紹介。

ピッコマ独占配信の人気コミック「悪党の母になりました」。

「続きが気になる!」
「ロゼリアはどうなる?!」

こちらでは「悪党の母になりました14話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

前回のあらすじ

前回は、決死の覚悟でロゼリアがカシウスを説得して毒の耐性訓練をやめさせたにもかかわらず、アインスパナ自身がこっそり毒を飲み続けていたことが判明します。

これはチェイド家の後継者として生き残るための手段だと割り切るアインスパナ。

ロゼリアがこのことを知ったらどんな顔をするかなと言われても、自分より信頼されていない父の発言を母が信じるはずがない、とカシウスを見下します。

そして、そんなことを露ほども知らないロゼリアは、アインスパナと一緒に街に買い物に出かけるのでした。

よく無料で試し読みされている作品
横にスライドでもっと見る>

無料で読める!今週のおすすめTOP3

秘密の授業
「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい―――朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感――それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?


キスでふさいで、バレないで。
「こんな状況で感じるなんて、やらしいな」シャツごしに敏感なトコロをこすられ、指を挿れられて、バレないように声を抑えろだなんて…そんなの無理…!ある夜、うっかり会社の廊下に締め出されてしまった楓(かえで)は、偶然とおりかかった片想いの相手・塩谷(しおや)に助けられ、そのまま家に泊まらせてもらう事に!しかしそこへ、塩谷のルームシェア相手が帰宅し思わずクローゼットに隠れる二人。密着するカラダにドキドキする楓…その時、塩谷のくちびるが楓の胸に触れ―――


もしも、幼馴染を抱いたなら
「私たちの関係って、何…?」ジムのトレーナーである修司と幼馴染の茜。茜が修司の働くジムに通うことになったのだが、担当するトレーナーは会員と寝ていると有名な男…!!ある夜、帰りの遅い茜が担当トレーナーに車で送られたのを見てしまい、幼馴染が抱かれたのではと、気になって仕方ない!それから茜の行動から目が離せなくなってしまい…。こんなに心配するのは幼馴染で親友だから。なのに無防備な茜の姿に体は反応して、抱きたい衝動は増していき…!二人が一線を越えたその先にあるものとは――?

悪党の母になりました14話のあらすじネタバレ

慌ただしい朝

早朝のチェイド公爵邸。

使用人達がカシウスの書斎で書類整理をしていると、勢いよくドアが開いてカシウスが入ってきました。

何事かと思った執事が用件を尋ねると、カシウスは「仕事だ」と一言だけつぶやき、席に着きます。

普段はこんなに朝早くから仕事を始めることはないのに……。

不思議に思った執事が理由を問うと、午後から用事があるのでその前に仕事を終わらせたい、とカシウスは答えます。

その言葉通り、テキパキとデスクワークをこなしていくカシウス。

しかし、いつもより目を通さなければならない書類の枚数が多く、カシウスは内心いら立ちを覚えていました。

最後の書類が片付いた瞬間、椅子がひっくり返るほど勢いよく立ち上がったカシウスが外出の準備を始めようとします。

そんなに急ぎの用事なのかと呆れる使用人達を尻目に、カシウスは足早に書斎を出ようとしました。

保管所のトラブル

その時、「旦那様!大変です!」と叫びながら、一人の使用人が血相を変えて書斎に飛び込んできました。

使用人に案内されて毒の保管所に行くと、床の上には割れた瓶の破片が散乱していて内容物の毒液がこぼれていました。

その傍らには、毒の保管所の管理を任されている男が頭を抱えてガタガタ震えながらひざまずいています。

毒の保管所で管理されている毒には様々な種類がありますが、今カシウスの目の前に広がっている毒液は匂いを嗅いだだけで命にかかわるほど危険なタイプ。

カシウスは執事に部屋の換気をして誰も近づかせないように指示すると、使用人達を一旦全員退避させて、毒の保管所の管理者と二人きりになりました。

「これはどういうことだ?」

静かな口調で管理者に問いかけるカシウス。

顔面蒼白の管理者は、ひたすら「申し訳ございません」を繰り返しながら震えています。

「私は何があったのかと聞いたのだ 謝罪より先に質問に答えろ」

カシウスにとがめられ、管理者は再び「申し訳ございません」と言おうとしました。

するとカシウスは剣を突き付け、さっさと質問に答えなければこの剣で喉を貫くと脅します。

管理者はガタガタ震えながら、トイレに行って戻ってきた時に手を滑らせて瓶を割ってしまったと告白しました。

全て自分のミスであり、どんな罰でも受けると謝り続ける管理者。

しかしカシウスは管理者の言葉に耳を貸さず、全く別のことを考えていました。

帝国内の全ての毒を管理している保管所は非常に危険な部屋であり、わずかな時間でも退出する際には事前報告が必要。

5年も管理者を務めている男がこんな単純なミスをするとは考えにくく、わざと割った疑いが濃厚です。

猛毒を吸引してしまった管理者は激しい動悸を起こし、そのまま意識不明の状態に。

カシウスは部屋を出ると、管理者に鎮痛剤を投与してから外部と接触できない場所に監禁しておくように執事に命じました。

カシウスの用事

毒の保管所の現管理者が倒れてしまったため、代行者を呼ぶまでの約1か月間、管理者不在の状態になってしまうことが問題になりました。

専門家でなくても良いからなるべく注意深い者を雇えと執事に指示するカシウス。

すると執事は使用人の中に薬草を採集している者がいることを思い出し、その人物なら毒の保管所の管理者として適任ではないかと推薦します。

他に選択肢の無いカシウスは、その提案を渋々承認しました。

カシウスは念のためにその人物がスパイではないか確認の面談をしようとしましたが、現在時刻に気付いて急遽取りやめ。

この件を執事に一任することにして、足早にその場から去って行きました。

自分の衣服に保管所の毒の香りが付いてしまったことを気にするカシウス。

「アインは慣れてるだろうが……彼女には危ないからな」

街に出るためにカシウスが着替えに向かった所で第14話は終了しました。

<前話 全話一覧 次話>

悪党の母になりましたを無料で読めるか調査した結果

せっかくマンガを読むならネタバレの文章だけでなく、イラストと一緒にストーリーを楽しみたいですよね。

「悪党の母になりました」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

しかし、「悪党の母になりました」のような話題の恋愛漫画「U-NEXT」なら無料楽むことが出来ます!

1冊分無料!!

引用:https://www.amazon.co.jp/

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが貰えるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃうんです!

※31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

漫画・電子書籍が26万作品も提供されているので、U-NEXTはラインナップも非常に豊富ですよ。

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

また月額プランに移行した場合は毎月1日に必ず1,200円分のポイントが貰えます!

なので最新作や好きな漫画をU-NEXTで買うと、出費を抑えられますよ◎

自分に合ったU-NEXTのプランで漫画を楽しんでくださいね♫ 

14話を読んだ感想まとめ

14話は完全にカシウスがメインの回でしたね。

前回アインスパナに「二人で楽しんできます」と煽られたカシウスがどんな行動に出るかと思っていましたが、もしかしてカシウスも街に出てロゼリア達を尾行するつもりなのでしょうか?

二人に追いつくために早朝からデスクワークを始めるカシウスを見て、思わず笑ってしまいました。

アインスパナのことをまだまだ子供だなと言っていた割には、父親も随分子供じみたことをしていますね。

そして、お約束とも言うべき突発的な遅刻イベントが邸内で発生し、カシウスが足止めを食ってしまいます。

毒の保管所で、猛毒を入れていた瓶が破損。

毒ガスが飛散し、邸内は大騒ぎになりました。

大量の毒物を保管していれば、いつかはこういう事故が起きても不思議ではないでしょう。

迅速な対応を見せるカシウスの姿は、威厳に満ちていてかっこよかったです。

たいていの人は、部下が瓶を割れば単なるケアレスミスだと判断して気にも留めないでしょう。

しかしカシウスは、それを事故に見せかけた意図的な行動だと推理。

この読みが当たっているのか外れなのか分かりませんが、常に最悪の事態を想定して用心深く動く行動力には敬服するより他ありません。

毒の耐性をつけるのはチェイド家の後継者として必要な訓練だという言葉が、上っ面の嘘でないことを何よりも物語っています。

そして、毒の保管所の新しい管理者の選任よりもロゼリア達の追跡を優先する決断が、冷徹なチェイド家当主らしくなくて笑ってしまいました。

時折見せる妙な人間臭さのギャップがカシウスの魅力と言えるのかもしれませんね。

はたして、カシウスはロゼリア達の買い物に割り込んで何をするつもりなのでしょうか?

まさかアインスパナがこっそり毒を飲み続けていることをロゼリアにチクるつもりなのか、はたまた自分にも懇親会に来ていく服を選んでほしいとか言い出すのか。

第15話もロゼリアを巡ってアインスパナとカシウスの熾烈なバトルが繰り広げられそうですね。

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。