少女/女性漫画

悪女の定義ネタバレ8話!あらすじ感想!侍女のいないシャティは

悪女の真骨頂を見せつける?「悪女の定義」。

別の人生を生きるってどんな感じ転生ものが好き

こちらでは「悪女の定義 8話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

悪女の定義8話のあらすじネタバレ

悪女の定義第8話のあらすじをお伝えします。

自分より上の家柄の侍女をつけるなんてありえない

侍女というのは女中とは違って、貴族でかつ補佐業務を行う秘書職です。

女中は平民で雑用係。

同じ貴族を従わせることになるので、位の高い貴族だけが侍女をつけることができるのです。

 

プラチェット伯爵夫人は、アイリーンの侍女だと言っていたけれど、問題はないの?と尋ねるシャティ。

 

本で見た限りではありえないような・・・。

部屋に入りドアを閉めると、乳母が当然大問題ですよ、お嬢様!!といいます。

 

ステナの家柄はそこまで位が高くないので、侍女をつけていないのだと・・・。

 

シャティはつまりレジーナだから可能ということ?・・・レジーナが宮廷に入れば侍女が付くことになっているから?と聞くと、乳母は首を大きく何度も振っています。

 

プラチェット夫人は「伯爵夫人」という爵位を持っていますが、ステナ家とプラチェット家派勢力の差もあるのです。

しかもステナ令嬢は伯爵家の息女にすぎません。

 

今まで間のどんなに有力なレジーナであっても、自分より上の家柄の侍女をつけるなんてありえなかったのです。

 

シャティは任命方法についても尋ねました。

まず家門からリストを上げて・・・皇太子の承認が必要だと。

リストを書いて提出する必要が・・・ステナ伯爵にこんなことはできるはずがないとシャティは確信しています。

もっと上からの指示があったのではないか・・・例えば皇太子とか?

 

それだけではありませんよ・・・ステナ令嬢にはすでに次女が付いたのに・・・お嬢様には?

まだ…1人も・・・シャティは肩を落とします。

 

もう少し待ってみるわ・・・シャティは悔しくてこぶしをぎゅっと握りました。

 

入宮後1週間が過ぎましたが、侍女が現れる気配は一向になかった。

宮廷の制度上レジーナの行動は制限されていて、私は主に部屋で時間を過ごすしかありませんでした。

 

侍女任命について考えていると、ぱぁやと話していたときには思いつかなかった別の面が見えてきました。

 

レジーナの侍女になるのは、侍女の家門がそのレジーナを支持するという意味合いがあります。

 

ステナは勢力を考えると、カイロンの敵にはなり得ないけれど・・・プラチェットのような家門がステナを指示したとしたら・・・もしくは他の力のある家門がステナの方についたとしたら・・・?

 

皇太子は無理矢理にでもステナに力を与えて・・・カイロンの息の根を止めようとしている。

お披露目のパーティーでも感じたことですが、すでにカイロンにはよくない方向に傾いていそうです。

一人で出歩くシャティ・・・!?

私だけではなく・・・私たち・・・大切な家族のこれからのこともかかっているのだから・・・。

だとしたらおとなしくしているわけにはいかないと思うシャティ。

 

シャティは一人でスタスタと街の中を歩いていました。

周りの外がじろじろと見たり、ひそひそと噂話をしたりしています。

 

外でごきげんようと兵に声をかけられます。

公女様のような身分の方がどうして一人でこんなところに?

チャンスとばかりにシャティは話し始めます。

 

自分に仕えてくれる侍女がまだ来てくれないこと・・目皇太子殿下もそのことを知っていることを・・・。

それでしたらお供させてくださいと申し出てくれますが、お言葉はありがたいけれど、図書館に行くので時間がかかるから大丈夫と答えました。

 

侍女の問題をみんなに知ってもらって、シャティの行動が皇太子の耳に入るように一人で宮から出て歩くのです。

きっとさっきの会話で目的は達成できたと思います。

パパに確認するシャティ

外宮図書館リシアムにつきました。

でも、本当は宮の外で偶然にパパに会うことだったのです。

 

パパと会って…もっとゆっくり話したいところだが時間がない・・・シャティが何か用があったことに気が付いていました。

 

侍女の問題について伝えると、パパの方でも騒ぎになっていると言います。

 

シャティの侍女はパパが入宮に間に合うように前もってリストに挙げたけれど、殿下に不可にされ・・・それ以降も承認もしてくれず西部地域の干ばつがいい言い訳になっているというパパ。

 

でもシャティはこれ以上遅らせることは無理・・・今日シャティが一人で外出しているところを目撃した人がたくさんいたからだと・・・。

 

それを知ったら貴族も黙ってはいない・・・皇太子の手によって最も高貴な貴族の権利がはく奪されたから・・・。

 

パパはシャティを抱きしめて、こんなどろどろとした中で生きることになるなんて・・・。

もう少し大人になっては欲しかったけれど、こんなに賢くなんかならなくてもよかったと・・・。

 

もう一度リストを上げるというパパに、皇太子自ら動くように何もしないでというシャティ。

 

皇太子の好きなように決められてしまうぞとパパは言いますが、きっと密偵を何人か送り込んでくるから、ぜひ腕いいのを送るように伝えてというシャティ。

 

もう1つ・・・皇太子がうちの家門をここまで冷遇する理由があるの?

パパはここで話すようなことではないなと言いました。

 

戻ろうとするシャティをもう一度ぎゅっと抱きしめて、パパはまだ皇太子殿下のことが好きなのかい?と言ったのです。

 

悪女の定義第8話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

侍女の件からいろいろなことが分かりつつあります。

こんなに賢くなんてならなくても・・・というパパの言葉に、きっとシャティは複雑ですね。

次。皇太子はどんな侍女を送り込んでくるのでしょうか?

 

<前話 全話一覧 次話>

よく無料で試し読みされている作品
横にスライドでもっと見る>

無料で読める!今週のおすすめTOP3

秘密の授業
「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい―――朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感――それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?


キスでふさいで、バレないで。
「こんな状況で感じるなんて、やらしいな」シャツごしに敏感なトコロをこすられ、指を挿れられて、バレないように声を抑えろだなんて…そんなの無理…!ある夜、うっかり会社の廊下に締め出されてしまった楓(かえで)は、偶然とおりかかった片想いの相手・塩谷(しおや)に助けられ、そのまま家に泊まらせてもらう事に!しかしそこへ、塩谷のルームシェア相手が帰宅し思わずクローゼットに隠れる二人。密着するカラダにドキドキする楓…その時、塩谷のくちびるが楓の胸に触れ―――


もしも、幼馴染を抱いたなら
「私たちの関係って、何…?」ジムのトレーナーである修司と幼馴染の茜。茜が修司の働くジムに通うことになったのだが、担当するトレーナーは会員と寝ていると有名な男…!!ある夜、帰りの遅い茜が担当トレーナーに車で送られたのを見てしまい、幼馴染が抱かれたのではと、気になって仕方ない!それから茜の行動から目が離せなくなってしまい…。こんなに心配するのは幼馴染で親友だから。なのに無防備な茜の姿に体は反応して、抱きたい衝動は増していき…!二人が一線を越えたその先にあるものとは――?

悪女の定義をお得に読む方法

せっかくマンガを読むならネタバレの文章だけでなく、イラストと一緒にストーリーを楽しみたいですよね。

「悪女の定義」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

しかし、「悪女の定義」のような話題の恋愛漫画「U-NEXT」なら無料楽むことが出来ます!

1冊分無料!!

引用:https://www.amazon.co.jp/

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが貰えるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃうんです!

※31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

漫画・電子書籍が26万作品も提供されているので、U-NEXTはラインナップも非常に豊富ですよ。

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

また月額プランに移行した場合は毎月1日に必ず1,200円分のポイントが貰えます!

なので最新作や好きな漫画をU-NEXTで買うと、出費を抑えられます

マンガの最新刊・最新話を無料で読む方法とまとめ買いで数冊分を実質無料で読む方法 近年「漫画村」などの海賊版サイトの運営者が逮捕される等のニュースもありましたが、違法じゃない安全な方法でマンガを読みたいです...

8話を読んだ感想

悪女の定義第8話の感想をお伝えします。

ステナの侍女の件ですが、自分より身分が上の人を侍女にしてどうしようとしているのでしょうか?

噂になるだけで…相手に屈辱を与えたい?とかでなければあまりメリットはなさそうです。

アイリーンは思っていたよりも相当性格が悪そうですね。

 

シャティは侍女がいないから、周りの人に知らせて・・・私には侍女がいないのよアピールをしていたということですよね。

よく考え付いたなと思いました。

 

パパにも会えて、自分の現況を伝えることができました。

シャティの中の人が入れ替わったことには気が付いていないみたいだけれど、賢くなったシャティには感心していると思います。

ここから反撃が始まりそうですね。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

悪女の定義ネタバレ8話!まとめ

こちらでは「悪女の定義 8話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

悪女の定義 8話のまとめ
  • 皇太子はステナに力を与え、カイロンの息の根を止めようとしているのでは!?
  • シャティは1人で出歩き、自分には侍女が居ないことを広めた。
  • パパは動こうとするが、皇太子が動き出すのを待とうとするシャティ。

シャティの侍女葉どんな人物!?