少女/女性漫画

悪女の定義ネタバレ5話!あらすじ感想!皇太子の露骨な態度に・・

悪女の真骨頂を見せつける?「悪女の定義」。

別の人生を生きるってどんな感じ転生ものが好き

こちらでは「悪女の定義 5話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

悪女の定義5話のあらすじネタバレ

悪女の定義第5話のあらすじをお伝えします。

アイリーンに対するシャティのひどい態度が・・・!?

シャルティアナをかばったアイリーンですが、なにか違和感を覚えていました。

それは自分が嫌だと思っているからそんなふうに聞こえるまではないかと悩んでいます。

 

しかしさらに聞いていると、アイリーンは悲劇のヒロインのようにふるまっていて…殿下のエスコートも殿下がどうしてもしたいというので仕方なく・・・というふうに話しています。

すると取り巻きの人たちも、アイリーンのせいじゃない、殿下がアイリーンのことを好きだからだと・・・。

 

シャティは遠回しにアイリーンが自慢をしているように聞こえてしまいます。

考えすぎなのかもしれないけれど・・・今アイリーンと話すことは無理だと思いました。

 

そこでシャティの記憶の中のアイリーンについて見逃していることはないか思い返してみましたが、しかしアイリーンはみんなに優しく親切で…シャティがひどい態度をとってもずっと礼儀正しさを貫いていました。

 

それに対してシャティは・・・文句を言い、相手に対して水をかけたりとひどい態度をとっていたのです。

 

もう思い出すのはやめたい・・・シャティは本当に悪い行いをしていたのね・・・消したい黒歴史だわと考えながら会場へ戻りました。

 

皇帝陛下のあいさつからパーティの始まりです。

シャティはアイリーンのことを気にしすぎないようにしようと思うことにしました。

 

二人が並んで立ち、レジーナ誕生を祝ってパーティが始まります。

シャティが隣を見ると、レジーナがニコッと笑います・・・かわいい・・・こんな天使のような子を疑っていたなんてと思っていたら・・・。

皇太子のひどすぎる態度に・・・!?

皇太子がわざわざシャティの前を通って、アイリーンにダンスの申し込みをしたのです。

また・・・!とムカッとしているシャティ。

 

アイリーンはシャティの方をチラ見して、どうしたらいいのかうかがっています。

シャティは笑顔で、大丈夫・・・踊ってと頭を下げました。

アイリーンはシャティの態度に驚いています。

 

しかし取り残されたシャティを見る周りの人たちの目が・・・。

皇太子が初めてのダンスにアイリーンを誘いに来ることはわかっていました。

 

でもあの態度はひどすぎます。

腹が立っているシャティは、後でダンスを踊るときに足を踏んでやろうかと考えていました。

しきたり上、皇太子は全部のレジーナとダンスをすることになっているからです。

 

しかし一の曲が終わっても皇太子は、シャティのすぐ近くまで来るのにそっぽを向いてしまいます。

彼はまたしきたりを守らないつもりなのでしょうか?

曲が何度も変わっても、シャティには目もくれません。

 

その代わりシャティに降り注がれるのは・・・周囲からの焼けつくような視線でした。

あからさまな同情と嘲笑・・・。

 

そして同時にそれは、両親にまでも・・・

心配してシャティの方に来ようとしています。

 

しかしシャティは首を振って、こちらへは来ないでと合図をしました。

そしてスッと背筋を伸ばします。

こんな時ほど堂々としていなくては!

哀れみだったかもしれないけれど、暖かかった・・・!?

シャティは前世のことを思い出していました。

どうしようもなく、怒りがこみあげてきても何も変化のない状況では・・・自分の感情ばかり無駄に消耗されるだけです。

 

前の世界ではその対象が家族でした。

家族から差別を受けて・・・無視をされるたびそんな風に自分に言い聞かせて自分を慰めていた・・・。

 

シャティはこぶしをぐっと握りしめて・・・堂々とやり過ごそうと決意しました。

怒ったところで、自分がつらいだけだか・・・。

 

シャティが皇太子の方を見ると、皇太子もシャティの方を見ていたのですが・・・無礼極まらないあなたのことなんか、こっちから願い下げだと・・・。

 

その視線に気づいたのか、皇太子は他の場所に行ってしまいました。

シャティがため息をついていると・・・あの・・・よろしければ…と声をかけてきた男性がいました。

 

私と一曲踊ってはくれませんかと申し込んできた人は・・・さっき皇族の人たちの中にいた・・・皇子の1人のようだけれど・・・私に同乗してくれているのかしらと差し出してくれた手にそっと手をのせました。

 

彼の優しさにも、頭の中に複雑な感情が渦巻いていますが、それでも握りしめた彼の手は憐れみだったかもしれないけれど暖かかったのです。

 

悪女の定義第5話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

皇太子に見向きもされないシャティにダンスを申し込んでくれる人が・・・!?

シャティは憐みかもしれないと思いながら踊りに・・・。

周囲の人たちはどんな表情をするのでしょう。

 

<前話 全話一覧 次話>

よく無料で試し読みされている作品
横にスライドでもっと見る>

無料で読める!今週のおすすめTOP3

秘密の授業
「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい―――朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感――それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?


キスでふさいで、バレないで。
「こんな状況で感じるなんて、やらしいな」シャツごしに敏感なトコロをこすられ、指を挿れられて、バレないように声を抑えろだなんて…そんなの無理…!ある夜、うっかり会社の廊下に締め出されてしまった楓(かえで)は、偶然とおりかかった片想いの相手・塩谷(しおや)に助けられ、そのまま家に泊まらせてもらう事に!しかしそこへ、塩谷のルームシェア相手が帰宅し思わずクローゼットに隠れる二人。密着するカラダにドキドキする楓…その時、塩谷のくちびるが楓の胸に触れ―――


もしも、幼馴染を抱いたなら
「私たちの関係って、何…?」ジムのトレーナーである修司と幼馴染の茜。茜が修司の働くジムに通うことになったのだが、担当するトレーナーは会員と寝ていると有名な男…!!ある夜、帰りの遅い茜が担当トレーナーに車で送られたのを見てしまい、幼馴染が抱かれたのではと、気になって仕方ない!それから茜の行動から目が離せなくなってしまい…。こんなに心配するのは幼馴染で親友だから。なのに無防備な茜の姿に体は反応して、抱きたい衝動は増していき…!二人が一線を越えたその先にあるものとは――?

悪女の定義をお得に読む方法

せっかくマンガを読むならネタバレの文章だけでなく、イラストと一緒にストーリーを楽しみたいですよね。

「悪女の定義」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

しかし、「悪女の定義」のような話題の恋愛漫画「U-NEXT」なら無料楽むことが出来ます!

1冊分無料!!

引用:https://www.amazon.co.jp/

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが貰えるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃうんです!

※31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

漫画・電子書籍が26万作品も提供されているので、U-NEXTはラインナップも非常に豊富ですよ。

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

また月額プランに移行した場合は毎月1日に必ず1,200円分のポイントが貰えます!

なので最新作や好きな漫画をU-NEXTで買うと、出費を抑えられます

マンガの最新刊・最新話を無料で読む方法とまとめ買いで数冊分を実質無料で読む方法 近年「漫画村」などの海賊版サイトの運営者が逮捕される等のニュースもありましたが、違法じゃない安全な方法でマンガを読みたいです...

5話を読んだ感想

悪女の定義第5話の感想をお伝えします。

アイリーンは本当はどんな人なのでしょう。

シャティの思っているように違和感を覚えます。

優越感に浸っているような・・・。

 

レジーナ誕生を祝ってパーティだというのに、相変わらず皇太子はシャティのことを無視しているのです。

 

どうしてこんなあからさまな態度をとるのでしょうか?

普通なら皇太子の方が呆れられるようなものですが、それほどシャティはひどい態度をとっていたのでしょうか?

 

一曲も踊らずにいても許されるくらいの・・・?

それとも皇太子といえどもあまりにひどかったので、ほかの皇子の人がシャティをダンスに誘ってくれたのかもしれませんね。

 

今回特別にひどい態度をとったならば、周囲の人も驚いたと思いますが・・・驚かなかったということは、これが通常モードということ?

それもひどいことですね。

 

こんなにあからさまないじめもあるなんて!

しかも皇后の候補レジーナの退場を祝う会で・・・。

 

シャティはそれでも自分のためもありましたが、たぶん父と母のために我慢したのでしょう。

前世の両親とは全く違って・・・自分のことを一番愛してくれる父と母です。

何があっても自分の味方だと思える人たち・・・。

それでもよく我慢したと思います。

 

これからずっと親元から離れて宮で暮らさなければならないのです。

このハンデだらけのレースで・・・。

 

もう決まっているも同然なのに、これから何をするのでしょうか?

これ以上シャティが嫌な思いをしませんように。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

悪女の定義ネタバレ5話!まとめ

こちらでは「悪女の定義 5話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

悪女の定義 5話のまとめ
  • アイリーンの話は悲劇のヒロインの様で、自慢話しに聞こえる。
  • 皇太子はアイリーンをダンスに誘い、シャティには周りの視線が突き刺さる。
  • 皇子の1人がダンスに誘ってきた。

ダンスに誘ってきた皇子の事、気になりますね。