少女/女性漫画

悪女の定義ネタバレ122話!あらすじ感想!自分のために皇后になりたい

悪女の真骨頂を見せつける?「悪女の定義」。

別の人生を生きるってどんな感じ転生ものが好き

こちらでは「悪女の定義 122話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法




悪女の定義122話のあらすじネタバレ

悪女の定義 第 122話のあらすじをお伝えします。

カイラードに告げた公女

冬の終わり間近の庭園では、新芽がのぞき早くも春の気配を感じます。

カイラードと二人、散策する公女。

 

カイラードは様々なことがあったのですねと公女に話しましたが、それ以上語らなくても彼は知っていたのです。

公女に起きたたくさんの良くない出来事を彼が全部分かっていて・・・心から心配しているということも・・・。

 

カイラードは、そんな話を聞くたびに心が痛むのだそうです。

ここで過ごすことよりも、公女がもし宮の外で暮らしていれば・・・もっと幸せでいられたのではないかと考えるというのです。

 

皇宮内は、外から見る分には華やかではありますが、つらいこともたくさんあるので、・・・。

カイラードの言うことは正しい・・・アイリーンを外に追い出すことはできたけれど、皇后のことはそう簡単にはいかない。

 

皇宮で生活するということは、常に天敵・皇后にいつ会うかわからないのでした。

しかし・・・公女はカイラードに・・・自分も初めのころはやめてしまおうかと思っていましたと話し始めたので、カイラードはどうしたのだろうと思い話を聞いています。

 

でももう元に戻ることはできないから・・・それならば家族のためにでも皇后になることにしようと考えました。

 

そんなことを考えているうちに、たまたま他の人々を助ける機会があって・・・そのことにとてもやりがいを感じて・・・自分が誰かの力になることができるということがとても嬉しかったのです。

 

それから、帝国民のためによい皇后になろうと考えました。

自分の考え方に少し前から変化がありました。

 

それで今現在は、自分のために・・・皇后になりたいと思っていますと自信に満ちた顔で公女は話します。

 

私は欲張りで・・・さらにこうしたいと思うことも多いので、それを実現するためには力が必要です。

そう話すとカイラードは意外そうな顔をして言いました。

公女はそんな人ではないと思っていたと・・・。

 

公女自身もそうだと言い・・・二人とも勘違いしていたようですねと公女は笑いました。

公女は笑っていましたが、カイラードは、おおっぴらに態度には出しませんでしたが、何となく寂しそうに見えたのです。

 

公女が皇后になると宣言したことで、カイラードの立場なら・・・拒否したということを理解しているからだと思いました。

 

皇后になった公女がカイラードと結婚することはあり得ません。

そのため、これから話す言葉が・・・あまりにも冷たすぎるのではないかと悩みましたが、思い切って伝えることにしました。

 

私はこの宮で暮らします・・・欲が深い私には一番合っている場所だと思います。

もしも私が皇宮にふさわしくない者ならば、私にあったように変えてしまいたいと思います。

と、自信満々に公女は告げました。

 

カイラードは何か言いたいことをぐっと飲みこんで、あなたらしいお言葉ですねと公女の目をみずに答えました。

 

少し傷ついているようにも見えましたし、公女も複雑ではありましたが・・・どうにもできないことなのです。

カイラードの心の傷が一日も早く癒えてくれるように願うだけです。

ようやく仕事に集中できた公女でしたが・・・!?

カイラードと話した後数日は、鉄船開発業務に専念しました。

たくさんの事件によって、進めることができなかったことがようやく集中して仕事をすることができるようになったのです。

 

その日も会議が終わり、いいお天気でずいぶん暖かくなってきたので・・・お散歩すると気持ちがいいでしょうねとみんなで話していると・・・マスターシェルメロが何かに気づいたようだったので、どうかしたのですかと公女は尋ねました。

 

何でもないです・・・何の話をしていましたか?

公女は微笑みながら、お天気の話をしていましたが・・・マスターの表情が暗く見えたので・・・と話していたら、皇太子が現れました。

 

今日の業務は終わったのか?と皇太子殿下が入ってきました。

来られるとは聞いていなかったので、どうしたのかと尋ねました。




<スポンサーリンク>

魔道具について・・・!?

コーゲンに用事があって来た・・・訊きたいことがあるのだが少しいいだろうかという皇太子。

マスターシェルメロが皇太子のポケットの中の入っているもののことでしたら、コーゲンに聞いても無駄だと思いますよ。

 

どういう意味だという皇太子に、今皇太子が持っていらっしゃる魔道具のことですよ・・・独特な波長が離れたところからでもあったというマスターシェルメロ。

 

皇太子は魔道具を出して・・・このことできたと言いました。

コーゲンは手に取って、映像具みたいだけれど・・・変わった形ですね・・・このようなものを見たことはありませんでしたと言います。

 

コーゲンにもわからない魔道具があるのかという皇太子に・・・だからそういったでしょう・・・コーゲンに聞いても意味はないと・・・。

 

そういうマスターはわかっているのか・・・わかっているなら話してみろ・・・これはどのようなものなのだ?

 

マスターはどこで手に入れたのかを教えてもらってからと・・・。

先に立ずれたのは自分なのに、なぜ教えなくてはいけないのかと皇太子はかたくなに拒否しました。

 

仕方がありませんね・・・その映像具は普通の物とは違っていて・・・例えると非売品というものです。

 

普通の映像具にはない機能がいくつかあるので、きっとそれが気になっているのでしょう。

しかし皇太子はマスターが適当の説明で逃げようとしているようだが私のことを騙すことはできないと・・・。

 

マスターシェルメロも出所を教えてくれれば・・・といい二人の間に張り詰めた空気が流れています。

どうして二人がこんなに頑ななのか、公女もどうすればいいのかと戸惑っていました。

 

 

悪女の定義 第 122話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

皇太子とマスターシェルメロ・・・どちらも譲れない感じになっていますが、どうなるのでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法
【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

悪女の定義をお得に読む方法

「悪女の定義」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「悪女の定義」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


122話を読んだ感想

悪女の定義 第 122話の感想をお伝えします。

カイラードに自分の決意を伝えた公女。

はっきり伝えることができて、カイラードも次に進むことができたのではないでしょうか?

 

ようやく仕事にも集中できてたきたと思っていたら、皇太子がアイリーンからとりあげた魔道具を持ってきました。

何かいわくでもありそうです。

どちらも自分の意見を曲げないので、公女が困っています。

 

知りたい皇太子の方が、話してしまうりかもしれませんね。

マスターシェルメロは権力とは別次元にいそうなので。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法




悪女の定義ネタバレ122話!まとめ

こちらでは「悪女の定義 122話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

悪女の定義 122話のまとめ
  • 公女はカイラードの心の傷が一日も早く癒えてくれるように願っている。
  • 皇太子殿下が入って来たのに驚く公女。
  • 皇太子は魔道具について聞きに来た。

今後の展開は?