少女/女性漫画

悪女の定義ネタバレ120話!あらすじ感想!シャリアン卿に叱られる2人

悪女の真骨頂を見せつける?「悪女の定義」。

別の人生を生きるってどんな感じ転生ものが好き

こちらでは「悪女の定義 120話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法




<スポンサーリンク>

悪女の定義120話のあらすじネタバレ

悪女の定義第120話のあらすじをお伝えします。

毎晩夜遅くまでの通信・・・!?

皇后からの平手打ちを受けた皇太子。

シャティは自分の部屋で手当てをしていると、皇太子は皇后陛下との昔からの親子関係についての話を聞きました。

皇太子の背中を優しく慰めるようにしたのです。

 

そのことがあったからなのか、皇太子は度々シャティに会いに来るようになり・・・会えない時には通信具を使って連絡してきます。

 

もともとそれが目的で私に通信具をくれたにもかかわらず、そのあとすぐアイリーンの飲毒事件が起きたので、使う機会がなかったのでしょう。

 

アイリーンは少しずつ目覚めることができるほど容体が回復して、ようやく事件解決のめどが立って雑談をかわせる余裕が生まれたのです。

 

皇太子との会話は楽しかった・・・今の彼は十分に優しく正直だったから・・・。

何よりもイケメンだし、癒されるのです。

 

翌日居眠りをしているところをビヨンド令嬢に見つかってしまいます。

お疲れのご様子ですねといわれ、寝るのが少し遅かったからというシャティ。

 

海務省に行く前に、書類をすべて読んでおかなければいけないのに・・・と言いながらあくびをしています。

 

眠気覚ましのお茶をお持ちしましょうか?と言われお願いすることに・・・。

その時、皇太子がやってきました。

 

ちょうどお茶を飲もうとしていたというシャティに、まだお茶の時間には早いのではないかと・・・。

ビヨンド令嬢が眠気覚ましの茶を用意してくれたのです。

 

誰かさんと夜遅くまで話をしていたせいで寝不足だというシャテイ。

すると皇太子も、奇遇だな・・・ちょうど私も眠くて仕事に集中できなかったというのです。

お茶を飲んでから散歩でもしようか?という皇太子。

内宮に先日整えられたばかりの庭園があるのだというのですが・・・。

 

シャティは悩みました・・・昼の間に目を通さなければならない書類があってというと、皇太子はしょんぼりして、それなら仕方がないなと言います。

垂れ下がった耳が見えるような気がするほど・・・。

 

わかりました・・・書類は後で確認しても問題ありませんから・・・というシャティ。

少しくらい大丈夫でしょう!遊んでから仕事しよう!と考え、散歩に出てくると告げました。

 

ビヨンド令嬢は心配そうに・・・書類を読まないといけないと言ってた気がするけどと思って見送りました。

シャリアン卿に叱られる二人・・・!?

ドアを開けると、シャリアン卿に出会います。

お二人でどこかへ行かれるのですか?と聞かれます。

 

シャティは嬉しそうに・・・レジーナ宮へ来られるなんてなにかご用ですかと尋ねます。

公女様にお話があって伺ったのですが・・・。

 

本日は書類の検討以外のスケジュールはないと聞いていたのですが・・・。

殿下も今は業務を行われる時間では?と言われ皇太子はギクッとします。

 

お二人とも少し中でお話しできますでしょうか?

怖いと思うシャティ・・・。

 

部屋に戻ると、シャリアン卿の後ろをトボトボと歩く二人を見て、捕まったのねとビヨンド令嬢は思っていました。

 

シャリアン卿はシャティに・・・以前より申し上げなければと思っていたのです。

最近宮内が騒がしく、いろいろと忙しないのは事実ですが、受け持った仕事に責任を持っていただかなくてはいけません。

 

書類の検討を行わなければならない時間に外出だなんて、一体どうなっているのでしょうか?

 

皇太子が、公女をあまり叱らないでくれ・・・散歩に誘ったのは私なのだから・・・というと、皇太子殿下も最近は業務が遅れがちだと伺っています。

 

もう少し責任のあるお姿を見せてください・・・能力をお持ちであるにもかかわらず、怠けられていることは良くありませんと叱られているのでシャティは思わず吹き出してしまいます。

 

臣下として諫言させていただきました…お気を悪くなさいませんようというシャリアン卿。

いや卿の言うとおりだという皇太子。

シャテイも仕事をおろそかにしていたのは、事実だからと・・・。

ご理解いただけてうれしく思います。

それでは・・・お仕事なさいませとシャリアン卿は言いました。





アイリーンはもういない・・・!?

その頃アイリーンは大声をあげていました。

何ですって!?

 

私は毒殺されそうになった被害者なのに、なぜ審問を受けなければならないというのですか?

 

すでに証拠は発見されています・・・この部屋に毒と解毒剤がありました。

そこまでする必要があったのですか?

私はただ任された仕事を忠実に遂行しただけなのに・・・このような不名誉を被ることになりました。

 

でも今はむしろ令嬢のことが心配なのです・・・このように行いは、礼状自身の首を絞めることになります。

もう二度となさらないでください。

 

私は純粋に助言を差し上げたいだけですので・・・。

そんなことはしていない・・・私はやっていないというアイリーン。

 

審問が始まってもアイリーンは何もやっていないと言い続けました。

誰かが、毒を部屋に隠したとか、看病していたシャティがやったことだと主張し、無理のある言い訳を並べたてましたが・・・。

 

それは時間を引き延ばすだけな、まったく意味のないものです。

その後、毒と解毒剤を水から飲んだことを認めました。

他の意図があったという事実は最後まで認めなかったが・・・。

 

自殺未遂の事実を隠したことから、皇室欺瞞罪という罪状となりました。

毒を宮に持ち込んだだけでも、皇族暗殺未遂罪となり得たのですが、それを自身で飲み込んだため、精神不安によるものだと判断され、暗殺罪の適用は免れたのです。

 

でも、レジーナ資格をはく奪され、宮から追い出されることになりました。

その上ステナ公爵家は、貴族爵位を失うことになり領地と財産もなくし、追放されました。

 

予想をしていた結果でしたが、実際にその報告を受けた時は妙な気分でした。

もう皇宮には彼女がいないのです。

 

悪女の定義第120話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

自分のやったことだから、自業自得ですが・・・アイリーンはこのまま大人しくしているのでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法
【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

悪女の定義をお得に読む方法

「悪女の定義」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「悪女の定義」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


 

120話を読んだ感想

悪女の定義第120話の感想をお伝えします

シャリアン卿にシャティも憧れているのでしょうか?

シャティと皇太子の二人とも叱られてしまいます。

とても素敵ですね。

せっかくの事業なので成功してほしいと思います。

 

アイリーンはこのままおとなしくしているのでしょうか?

シャティも少し寂しいのかもしれませんね。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法




悪女の定義ネタバレ120話!まとめ

こちらでは「悪女の定義 120話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

悪女の定義 120話のまとめ
  • 皇太子は度々シャティに会いに来るようになり・・・会えない時には通信具を使って連絡するようになった。
  • シャティと皇太子はシャリアン卿に叱られた。
  • アイリーンは皇宮から居なくなった。

アイリーンがこのまま・・とは思えません。