少女/女性漫画

悪女の定義ネタバレ119話!あらすじ感想!皇后が皇太子を殴打!?

悪女の真骨頂を見せつける?「悪女の定義」。

別の人生を生きるってどんな感じ転生ものが好き

こちらでは「悪女の定義 119話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法




悪女の定義119話のあらすじネタバレ

悪女の定義第119話のあらすじをお伝えします。

皇后が皇太子を殴打・・・!?

アイリーンにとって不利な証拠が見つかったので、皇后はレジーナ宮まで押しかけてきて・・・大きな騒動を引き起こしていました。

 

可哀想な捜査官たちは、困り果てていてこのままでは捜査が妨害され続けるのは明らかでした。

私もここにたくさんのことを懸けているからには大人しく黙っているわけにはいかなかったのです。

それにレジーナ宮の主はこの私なのだから。

 

だから捜査官と皇后の間に入ってみたけれど・・・皇后は今にも殴りそうな雰囲気で・・・自分に命令する気なのかとイライラしています。

 

以前から性格がよいわけではなかったけれど、今日はいつもよりもさらに・・・。

でもここで引き下がるわけにはいきません。

 

諫言を行なうことも忠義を尽くす臣下としての役割だと学びましたというシャティ。

その言葉に気分を害し、殴ろうとして手を振り上げます。

 

まさかすぐに叩かれるとは思ってもみなかった・・・我慢して大人しくたたかれようと目をぎゅっと瞑りました。

 

むしろ今すぐに、このような状態を終わらせるにはその方がいいかもしれない。

バシッと音が聞こえましたが、何の感覚もありません。

 

すると皇后との間に皇太子が入り込んでいて、頬を殴られていました。

殴った方の皇后も、まさか皇太子が入ってくるとは思わずに驚いています。

皇太子の頬が腫れています。

 

キっと皇后を睨むと、何をしていらっしゃるのですか・・・陛下と言います。

私に歯向かう気なのかと尋ねる皇后。

皇太子は、ただ聞いただけだと言います。

 

皇后は声を荒げて、皇太子には関係のないことだと・・・。

関係のないはずがないといいシャティの方を見て、ケガはないかと尋ねます。

怪我をしているのは、そっちの方ではないか・・・。

 

皇后は皇太子!色欲に惑わされるのは、愚かな君主への道ですよ!と注意しました。

ご心配なく、母上という皇太子。

そんなことは、彼女が許してくれません。

(親のまえで何を言っているのよ・・・)

 

公女は私が誤った道へ進もうとするとき、誰よりも早くそれを間違いだと告げてくれる人です。

(ああ、そういうことね・・・私はてっきり・・・

 

先ほど母上に諫言する姿を見ましたか・・・国法を守る皇族の役割を思い出されたのではありませんか?

 

皇后は皇太子を怒って、今の皇太子の態度に帝国皇后に対する礼儀が感じられない・・・どういうつもりなのかと言いました。

 

しかし皇太子は、このように権威だけを主張されるお姿を見ると、忠言を受け入れられない理由がわかる気がして息子としては胸が痛みますと。

 

皇后は悔しさのため奥歯を強く噛みました。

皇太子は顔色が優れないようですね、母上・・・誰か皇后陛下を神殿へお連れしろと命じました。

ショックを受けた皇后

張り詰めた緊張感で、空気までもが凍り付いてしまいました。

誰もが杭を打たれたように、その場から動けません。

結局堪えきれずに先に動いたのは、皇后の侍女たちでした。

 

陛下このままではお身体に障ってしまいます。

ひとまずお部屋へ戻られたほうがよろしいでしょう。

 

皇后は意外にも素直にその言葉に従った・・・皇太子の態度に大きなショックを受けたようでした。

 

皇太子は周りの者に任務を続けろといいました。

皇太子の顔がとても腫れていることを公女は心配しています。

 

あのくらいなら簡単に防ぐこともできたのに、なぜ大人しく殴られたのかと尋ねると、そなたこそ大人しく殴られるつもりだったのではないか?と言います。

 

痛くありませんかと公女が言うと皇太子は痛いと一言。

全然痛くなさそう・・・と苦笑していると皇太子が近づいて来て公女をぎゅっと抱きしめました。

 

ずっとそのままでいるので…ひとまず私の部屋に行きましょう・・・頬を冷やさなければなりませんからと言いました。

 

部屋に戻ると皆殿下を見て、顔が・・・一体何があったのですかと心配そうです。

公女は、冷たい水と手拭いを用意してとお願いしました。

 

驚いただろうと皇太子が話したので、公女は人の心配をしている場合ではないでしょうと言いました。




皇太子と皇后の・・・!?

殴られたのは殿下の方ではありませんかと話しても、私は大丈夫だ・・・こんなことには慣れていると言います。

 

殴られることに慣れているのではなく、母上は立腹されると過激な行動に出る事があるので・・・私にとって驚くようなことではなかったという意味だという皇太子。

 

私は大丈夫・・・親だからと言っていつも正しいとは限らないから・・・と気には親によって傷つけられることもあるし・・・。

 

皇太子は意外だ・・・そなたもそのような考えを持っているとは・・・シャティの現在の両親はシャティラブの両親なので・・・。

前世の記憶のままで話してしまったのでした。

 

慌てて似たような経験があったのでと伝えました。

母上は・・・と皇太子は話し始めました。

その後に続いた話は、彼が9歳くらいの頃・・・カイロン公爵と皇帝の支持を失った記憶でした。

 

皇后は第7公子だけでなく実の息子に対する接し方もひどかったようで・・・。

彼は記憶を反芻するだけでも辛そうでした。

 

そして何も言わず、シャティの肩に頭をのせたのです。

背の高い彼が、私の肩に頭を預けるのは、楽ではなかっただろうに彼は長い間そのままでいました・・・私は静かに彼の背中を撫でてやった。

 

悪女の定義第119話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

皇后は第7公子だけでなく実の息子に対する接し方もひどかったのです。

今回のシャティへの態度もですが、感情的になりやすい人なのでしょう。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法
【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

悪女の定義をお得に読む方法

「悪女の定義」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「悪女の定義」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


119話を読んだ感想

悪女の定義第119話の感想をお伝えします。

シャティが皇后に殴られる寸前、皇太子が間に入っていました。

結局殴られたのは皇太子で、それでも淡々とした態度で周りの者に指示を出しています。

 

母上は怒るととんでもない行動に出る事があるので・・・私にとって驚くようなことではなかったという皇太子。

こどものころから皇后の感情に振り回されていたのでしょう。

 

シャティという一番の味方がいるので、強く言うことができたのかもしれません。

自分の気持ちさえ、今までは誰にも正直に言えなかったのでしょう。

シャティが頼れる人でよかったですね。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法




悪女の定義ネタバレ119話!まとめ

こちらでは「悪女の定義 119話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

悪女の定義 119話のまとめ
  • シャティの前に皇太子が現れ、皇后が皇太子を殴打する形に。
  • 張り詰めた緊張感の中で先に動いたのは皇后の侍女たちだった。
  • 皇后は第7公子だけでなく実の息子に対する接し方もひどかった。

緊張感があるシーンでした。