少女/女性漫画

悪女の定義ネタバレ107話!あらすじ!もしかして自意識過剰?

悪女の真骨頂を見せつける?「悪女の定義」。

別の人生を生きるってどんな感じ転生ものが好き

こちらでは「悪女の定義 107話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

悪女の定義107話のあらすじネタバレ

悪女の定義第107話あらすじをお伝えします。

自意識過剰なだけなのか・・・!?

高価そうな箱に入ったブラシタシルベールの毛皮は、カイラードからの贈り物です。

じっと見つめていると、公女様そろそろお茶の時間ですが…いかがいたしましょうか?と声を掛けられました。

 

今日はいいわという公女に、何かあったのですか?

いくら予定がないからといって、一日中部屋にこもられて・・・心配になりますよというエディス。

 

ただ・・・考え事をしていたの・・・昨日カイラードの訪問を断ってから・・・次に会う約束もせずに時間だけが過ぎていました。

 

贈り物をしてくれた相手に対して、そんな態度をとるべきではないけれど・・・距離を置くべきだという思いと・・・考えすぎだという思いが心の中せめぎ合っていました。

 

ああ頭が痛い・・・ただ私が自意識過剰なだけなのかなと苦しんでいます。

いったい何があったのですか?自意識過剰・・・?

 

公女はここでは髪の毛にキスしたりするのはよくあることなの?聞いてみました。

えっと驚かれます。

 

保守的だけれど意外と男女間のスキンシップは積極的じゃない。

手を握ったり、手の甲へのキスは普通にしているし・・・久しぶりに会った時は軽いハグまでするから・・・。

 

急に何をおっしゃるの?

困惑したように公女は、耳たぶにキスをしたり、髪の毛に口づけするのも当たり前のことなのよね?というと・・・ええっ!?それは変態じゃないですか!!とエディスに言われます。

 

変態なのか・・・つまりあの髪へのキスは・・・ある程度一線を越えた好意の表現。

彼が私にそこまでの気持ちを持っていただなんて。

でも何か返さなきゃいけないほど、具体的に表現してくれたわけではないから・・・しばらくはこのまま様子を見るしかないわね。

 

心が重かった・・・私は自分勝手なのだろうか?

でも彼の気持ちに答えを返すことはできないのだ。

変装魔法できたところは・・・!?

夜道を歩いているレオフリドとラティス。

こんなにも浮浪者やチンピラがたくさんいて・・・帝国の中にこれほど治安の悪いところがあったなんて・・・ビックリしています。

 

制作に何か問題があるのだろうかというレオフリド・・・そこまで深く考える必要はないという言うラティス。

 

しかしレオフリドは、私が考えなければ・・・他に誰が考える?というので・・・まず今日の目的を達成してからにしましょうと言いました。

 

店に入るとみんなちらっと見てきますが‥・変装魔法の効果でレオフリドには気が付きません。

ラティスはここの主人に「トラブルシューター」に会いに来たと伝えます。

「マスター」「公爵」とも呼ばれているそうだがというと、主人は

ラティスたちのことを誰だと言います。

 

「トラブルシューター」に会いに来るようなものが身分を明かすと思うのかというと・・・問題ない・・・紹介料がもらえるならと・・・。

 

この程度で・・・とずっしりと硬貨の入った袋を渡すと・・・お金持ちだったかと言い部屋の場所を教えてくれました。

 

お金を数えながら・・・もし不発に終わっても俺に文句はつけないでくれ・・・あいつは少し気難し屋で・・・金を積んだとしても気に入らない仕事は受けてもらえないと。

 

レオフリドは好きな酒はないのか・・・と聞くと別に高いものではないがあると言ってお酒を渡してくれ・・・あいつは「マスター」と呼ばれることを好むと教えてくれました。

 

部屋をノックして、仕事を依頼しに来た、マスターと言います。

仕事だと?と声が聞こえますが、ドアを隔てての声なのでよくわかりません。

店の外に誘い出して・・・!?

このドアさえ開ければ・・・ドアが開いてマスターが現れます。

レオフリドはこの男に間違いないと確信します。

 

早く入れと言われてアイコンタクトをとるレオフリドとラティス。

お酒を渡すと。とても喜ぶマスター。

 

それでオレに何の用だというので・・・レオフリドは依頼・・と。

当てて見せようか?

この世から消したい奴がいるか、どんな手を使っても手に入れたいものがあるか…当たりだろ?

そう出なければ、俺に会いに来ることはないはずだから・・・。

 

レオフリドを見て、魔法を使って顔を変えているから、予想はついていた・・・。

責めているわけではない、用意周到に準備をしてきたということはそれだけ決心が堅いということ。

自分にとってはそちらの方がありがたい。

男は酒を注ぎながら、それで一体何が望みで・・・対価として俺は何を得ることになる?と尋ねました。

 

何を提示したら店の外に誘い出せるだろう・・・母上から莫大な褒美をもらったからお金には困っていないはず・・・。

 

皇族を殺害するほどの大胆な男・・・トラブルシューター・マスター・公爵などと自称する男。

黙り込んでいないでなんか言ったらどうだ・・・と言われ・・・大金そして名誉も手にすることだろう・・・悪名も名誉だから・・・。

 

今の言葉は冗談だけれど、実力のある暗殺者たちが皆断るような仕事だ・・・金以外に望みがあるなら言ってみるがいいとレオフリドは言いました。

 

すると男は面白れぇと言い、場所を変えて詳しい話を聞かせてもらおうと言いました。

ここは休むための場所で仕事の話はしたくないから・・・その時は本当の顔を見せてもらう・・・それがマナーだろというので約束しようとレオフリドは言いました。

 

悪女の定義第107話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

マスターに会うことができたレオフリドとラティス。

場所を変えようと言ってきたので、外に出すこともできそうです。

レオフリドの目的は達成できるのでしょうか?

 

<前話 全話一覧 次話>




悪女の定義をお得に読む方法

せっかくマンガを読むならネタバレの文章だけでなく、イラストと一緒にストーリーを楽しみたいですよね。

「悪女の定義」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

しかし、「悪女の定義」のような話題の恋愛漫画「U-NEXT」なら無料楽むことが出来ます!

1冊分無料!!

引用:https://www.amazon.co.jp/

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが貰えるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃうんです!

※31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

漫画・電子書籍が26万作品も提供されているので、U-NEXTはラインナップも非常に豊富ですよ。

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

また月額プランに移行した場合は毎月1日に必ず1,200円分のポイントが貰えます!

なので最新作や好きな漫画をU-NEXTで買うと、出費を抑えられます

実質無料で漫画を読む方法

マンガの最新刊・最新話を無料で読む方法とまとめ買いで数冊分を実質無料で読む方法 近年「漫画村」などの海賊版サイトの運営者が逮捕される等のニュースもありましたが、違法じゃない安全な方法でマンガを読みたいです...

107話を読んだ感想

悪女の定義第107話の感想をお伝えします。

公女に対してのカイラードの態度は、エディスの言葉を借りると変態だったのでしょうか?

距離が近い近いとは思っていました。

 

このまま様子を見るべきなのでしょうが気が重いですね。

ハッキリと好意を示してくれれば断ることもできるのに・・・。

 

レオフリドの目的とは、どんなことなのでしょうか。

第7皇子の殺害と話していたので、復讐なのでしょうか?

場所を変えて外へ出して、レオフリド自ら・・・ということなのでしょうか?

 

それとも今度は味方につけて何かお願いをするのでしょうか?

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

悪女の定義ネタバレ107話!まとめ

こちらでは「悪女の定義 107話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

悪女の定義 107話のまとめ
  • 自意識過剰なだけなのか?と頭を抱える公女。
  • 変装魔法を使ってマスターに会いに・・。
  • マスターを店の外に誘い出そうとしている。

レオフリドは目的を果たせる?