少女/女性漫画

悪女の定義ネタバレ105話!あらすじ感想!公女の混乱

悪女の真骨頂を見せつける?「悪女の定義」。

別の人生を生きるってどんな感じ転生ものが好き

こちらでは「悪女の定義 105話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

悪女の定義105話のあらすじネタバレ

悪女の定義第105話のあらすじをお伝えします。

カイラードとダンスを踊り振り返ると皇太子が・・・!?

公女はカイラードとダンスをしました。

ずっと彼のことを避けていたのに、気づいたらダンスの申し出を承諾してしまっていたのです。

 

それは公女にダンスを申し込むカイラードの目があまりにも思いつめているようで、とても断ることができなかったから・・・。

 

しかしそれならばなおさら断るべきだったのではないかという思いに駆られていました。

でも曲が進むほどにカイラードは落ち着きを取り戻していきます。

 

ダンスを踊ってほしいと申し出た時の感情を・・・すっかりしまい込んでしまったかのように・・・またはそんな感情などはじめからなかったように。

本当に私のことが好きなのか・・・それともただの勘違いなのか・・・。

公女はまた混乱に陥っていきました。

 

確かなのは普段のような気軽な関係に戻ったのだということ。

カイラードが、そう言えば狩猟祭が中断となり、まだ獲物を差しあげていませんでしたねというので、私にくださる獲物があるのですか?という公女。

 

楽しみにしていただいて結構ですよと自信ありそうなカイラード。

私の期待値はとっても高いですけど、本当に大丈夫ですか?というと途端に焦っているカイラード。

公女は冗談ですよと笑いました。

 

振り返ると、皇太子がなんかめちゃくちゃ機嫌が悪そうです。

そう言えばさっき体調が悪いと・・・皇太子のダンスを断ったんだった。

良心の呵責にさいなまれる公女。

何よ!自分はアイリーンと踊ったくせに・・・私はダメだっていうわけ?と開き直っています。

 

カイラードにどうしました?と言われて、慌ててのどが渇いてしまって・・・飲み物を取りに行ってきますねと駆け出します。

 

公女は歩きながらため息をついて・・・あっちもこっちも問題だらけで頭が痛い・・・疲れて死にそうだと思っています。

飲み物を飲みながら・・・今日の自分は他人に振り回され過ぎだわ・・・気を付けなくちゃ。

皇后陛下とアイリーンが・・・!?

そこに皇后陛下が!?

公女が挨拶をし、狩猟祭の時は体調が優れないご様子ですが、その後お身体はいかがですか?

公女が心配してくれているとは思わなかったわという皇后陛下。

 

(確かにただの社交辞令だけどさ・・・。)

当然のことでございます。と公女は答えました。

 

そう考えても仕方がないでしょう・・・見舞いの手紙1つもよこさなかったのだから。

同じレジーナなのにここにいるステナ令嬢とは天と地の差ね。

 

お身体の具合が優れない時に連絡を差し上げるのは、かえってご迷惑になるかと控えておりました。

公女はいらいらしながらも、私なりの配慮だったのです・・・どうぞご理解くださいますよう・・・。

 

陛下、公女も大変な出来事に遭ったばかりですし、そこまで考えが及ばないのも仕方ありませんわ・・・どうかお怒りをお収めくださいませと言ってアイリーンは勝ち誇ったように笑いました。

 

私が言いがかりつけられてる隣でここぞとばかりにいい子アピールってわけ?とあきれる公女。

ステナ令嬢がそこまで言うならこの件は大目に見ることにしましょう。

そう言えばあの日災難に遭ったそうね?と皇后に聞かれ、皇太子殿下が助けてくださったおかげで大事には至りませんでした・・・ご心配をおかけして申し訳ございません。

 

アイリーンはピクッとして・・・殿下は本当に素晴らしいお方ですわ。

弱者のためにためらいなく自らの身を投げ出されるなんて・・・。

 

皇太子は幼い頃からそんな面があったわねと高笑いする皇后に、公女は弱者のためにという言葉が引っ掛かり、殴り飛ばしてやりたいと思っています。

発言権さえ与えてもらえない公女は

ところで公女が造船事業に興味を持っていると聞いたのだけれどという皇后。

造船事業ってさっきのセオフェル伯爵との話のことよね・・・また何か嫌味を言ってくるつもりなのかしらと思いつつ、鉄の使い道について話していたときに少し言及しただけです。

 

するとアイリーンがセオフェル伯爵と面白い賭けをしたと聞きましたよと。

公女は軽い余興はパーティーをよりもりあがらせるものですから・・・令嬢も賭けに参加されますか?

 

突然真顔になるアイリーン・・・鉄の使い道はとても重要な案件です。

そんな内容を軽々しく余興として扱うわけにはいきませんと言います。

 

また今回も謝った情報を耳にされたようですね?

伯爵と私はただ鉄が水に浮くか浮かないかについて賭けを行っただけです・・・またもや誤った噂で攻め立てられてしまうなんて・・・残念ですわと泣く公女。

 

アイリーンが困った居るのを見ていて、今度は皇后が・・・余興もいいけれどその過程で無礼を犯すことは許されないわ。

 

セオフィル侯爵の国に対する忠誠を疑うような言葉を公女が口にしたとか・・・。

皇后とアイリーンが物事を大きくして公女を責めます。

 

誤解されているようだと工事予定表が話しても言葉尻を取って伯爵に対して無礼極まりない発言をしたというので、それでは私に対する伯爵の態度は無礼ではないのでしょうか?

 

令嬢も見ていたはず・・・礼儀正しさと卑屈さは異なるものですよという公女。

今度は皇后が、傲慢さも異なるものですと言い、狩猟祭の時にできなかった問答を行ってみようという皇后。

 

先にアイリーンと名前呼びにして、質問をする皇后・・・アイリーンはこじつけた発言をするので公女は否定しますが、皇后が会話に入れてくれません。

 

アイリーンの発言はただ公女を貶めるものだったので、こうなったらアイリーンを圧倒する答えを出すしかないと思う公女。

 

しかし皇后は公女はもう宮へ戻った方が良いのでは…恐ろしい目に遭った公女に無理をさせるわけにはいかないと言い出します。

 

はじめからこれが狙いだった?私には発言権さえ渡さないつもり・・・怒っていると・・・それでは私が公女を宮に送り届けましょう母上と皇太子が現れました。

 

 

悪女の定義第105話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

カイラードとダンスを踊っていたところを見ていて怒っていたはずの皇太子が、公女を助けにあらわれました。

皇后やアイリーンはどういう反応を見せるのでしょう。

 

<前話 全話一覧 次話>

悪女の定義をお得に読む方法

せっかくマンガを読むならネタバレの文章だけでなく、イラストと一緒にストーリーを楽しみたいですよね。

「悪女の定義」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

しかし、「悪女の定義」のような話題の恋愛漫画「U-NEXT」なら無料楽むことが出来ます!

1冊分無料!!

引用:https://www.amazon.co.jp/

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが貰えるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃうんです!

※31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

漫画・電子書籍が26万作品も提供されているので、U-NEXTはラインナップも非常に豊富ですよ。

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

また月額プランに移行した場合は毎月1日に必ず1,200円分のポイントが貰えます!

なので最新作や好きな漫画をU-NEXTで買うと、出費を抑えられますよ◎

自分に合ったU-NEXTのプランで漫画を楽しんでくださいね♫

105話を読んだ感想

悪女の定義第105話の感想をお伝えします。

カイラードに誘われてダンスを踊ったことを後悔していた公女。

皇后とアイリーンに声を掛けられます。

 

公女が話していたことを・・・鉄は水に浮くのかというたわいのないことを、どんどん歪曲させて膨らませて話すアイリーン。

その話に乗ってくる皇后・・・。

 

顔は微笑んだまま、こんな会話を続けていたのでしょうか?

怖い世界です。

 

皇太子が現れてホッとしましたが、このまますんなり皇太子に送ってもらえるのでしょうか?

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

悪女の定義ネタバレ105話!まとめ

こちらでは「悪女の定義 105話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

悪女の定義 105話のまとめ
  • 断り切れずにダンスを踊ることになったが、公女は混乱している。
  • 勝ち誇ったかのようなアイリーンの様子。
  • 公女に発言権を渡さないようにアイリーンが仕向けている?

笑顔のままの会話が怖いです・・。