少女/女性漫画

悪女の定義ネタバレ10話!あらすじ感想!

悪女の真骨頂を見せつける?「悪女の定義」。

別の人生を生きるってどんな感じ転生ものが好き

こちらでは「悪女の定義 10話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

悪女の定義10話のあらすじネタバレ

悪女の定義第10話のあらすじをお伝えします。

カイロンが皇太子殿下に・・・!?

ミハイル・シェドモンは書類を探していました。

それともう一つ宰相閣下はどちらにいるのかと部下に尋ねましたが、部下はカイロン公は自分にもよく・・・と言葉を濁します。

 

カイロン公に話してはいけないと言われているのはよくわかったけれど、早いうちに自分には教えた方がいいぞとミハイルは脅しました。

それで部下は・・・皇太子宮に行ったと・・・公女様のことで用事があると言いました。

 

ミハイルはやっぱりとため息をつきます。

国務省から逃げられたということか・・・山のように積まれた仕事を置いたままと大激怒しています。

 

カイロン公はその頃なぜか悪寒がしていましたが・・・うちの娘に侍女をつけていただけませんかとお願いに行っていたのです。

 

何回かリストを上げさせていただいたのですが・・・。

それは悪かったなという皇太子・・・言い訳をしようとしていることは分かっていたので、言われる前に・・・モチロン西部地域の干ばつのためにお忙しいとは分かっていますが・・・私たちもこの問題には神経を注いでいるのですと言いました。

 

皇太子は、じっとカイロンを見据えると・・・本当に娘のことが大切なんだな…あ乗れていて綱カイロン公のこんな姿が見られるなんてと言いました。

 

それでは・・・と皇太子がリストを見ようとしたので、カイロン公はあえて殿下が直接お決めいただけますでしょうか。

 

人数だけは十分にそろえていただければと言い、強い意志のこもったまなざしで皇太子を見つめました。

皇太子もカイロンをまた見つめると、後悔しないと誓うことができるのかと尋ねたのです。

 

シャティがパパに会った日から何日かが過ぎて・・・ようやくシャティの侍女が来る日になりました。

 

シャティは家でも侍女はつけていませんでしたが、カイロンの地位であればとても珍しいことだったのです。

侍女としての仕事をしたいという人はたくさんいたけれど、シャティのきつい性格のために侍女たちはどんどんやめて行ってしまったのです。

 

ばあやはやはりわざわざ公邸まで行かなくても・・・私がいないとシャティのことが心配で・・・。

ただばあやだけが最後までシャティのところに残ったのです。

ばあやは公邸に・・・!?

今日はそんなばあやが爵位を受けに行く日でもあるので、侍女たちが来る前に早く言ってほしいのですが・・・。

パパだって忙しいから遅れないようにと言ってもシャティが心配だと言ってばあやはいかないのです。

 

それでシャティは、前に爵位を受けた後はもっと働いてもらうと言ったけれど・・・それはばあやにシャティの侍女も管理してもらわなくてはいけないからだと。

 

侍女長のような役割をしてほしいと・・・わがままな貴族のお嬢様たちとの間で侍女長ともぶつからずにまとめるということは簡単なことではないと思うけれど・・・シャティはばあやを信じていると言いました。

 

シャティは、最後の休暇だと思ってのんびりしてきて・・・だからと言って長く休みすぎないで1週間くらいで戻ってきてとお願いしました。

 

ばあやはシャティにお礼を言って公邸へと向かいました。

りっきばになられましたねとばあやに言われて、シャティは紺くらいでほめないでよねとまんざらではなさそうです、

しかしこんなのは作戦の一部にしか過ぎないと言って…もう一度整理することにしました。

 

何日も説得したかいあってばあやは爵位を受けに公邸に行った。

新しい侍女たちのやってくるタイミングに合わせてばあやが留守にしてくれてよかった・・・今から実施化する作戦はばあやがいたらできないことだから・・・。

悪女に・・・!?

新しく来る侍女たちは、皇太子が任意で集めた者たちなので、スパイが紛れている可能性もあるのです。

 

これは信頼できる侍女を見極めるための作戦で・・・そのために悪女になるというのです。

始めにできるだけ意地悪をして侍女たちをうんざりさせると・・・普通の人なら辞めたいというはず。

 

その人を再度懐柔して味方につけます。

もしスパイならば、どんなことをされてもやめはしないはず。

 

ばあやはハイレベルなのでシャティの扱いには慣れているため公邸に返し、あとはここに来る侍女を思いきりいじめればいいだけですが、シャティは本当にやりたくないのです。

 

でも自分自身にできると言い聞かせて頑張ることにします。

どうせ本当のシャティなら毎日普通にしていたことなので・・・。

記憶の中でどんなことをしていたのか確認しても真似をすればいいだけです。

 

それに私は昼ドラを見ることが趣味だったので・・・どうやればより悪女っぽいかよく知っています。

 

鏡を覗き込みながら表情を作ってみたり・・・分かっているのだけれどもやっぱり恥ずかしいです。

 

わざわざそんなことをしなければいけないなんて・・・。

そんな時ノックの音がして・・・みんなおとぎ話の中から飛び出してきたみたいな侍女たちが・・・。

 

シャティの記憶の中で見たことがある人たちのような気もするし・・・。

 

ぽーっとしている場合じゃない…ドラマに出てくる意地悪な姑やライバルたち・・・私に力を貸して・・・と思いながら、悪女になりきるシャティ。

 

ちょっと・・・許可もなく私の部屋に入ってくるなんてどういうつもり!?と腕組みをします。

作戦開始・・・。

 

悪女の定義第10話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

シャティは悪女に再びなることにしました。

果たしてスパイのあぶり出しに成功するのでしょうか?

 

<前話 全話一覧 次話>

よく無料で試し読みされている作品
横にスライドでもっと見る>

無料で読める!今週のおすすめTOP3

秘密の授業
「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい―――朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感――それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?


キスでふさいで、バレないで。
「こんな状況で感じるなんて、やらしいな」シャツごしに敏感なトコロをこすられ、指を挿れられて、バレないように声を抑えろだなんて…そんなの無理…!ある夜、うっかり会社の廊下に締め出されてしまった楓(かえで)は、偶然とおりかかった片想いの相手・塩谷(しおや)に助けられ、そのまま家に泊まらせてもらう事に!しかしそこへ、塩谷のルームシェア相手が帰宅し思わずクローゼットに隠れる二人。密着するカラダにドキドキする楓…その時、塩谷のくちびるが楓の胸に触れ―――


もしも、幼馴染を抱いたなら
「私たちの関係って、何…?」ジムのトレーナーである修司と幼馴染の茜。茜が修司の働くジムに通うことになったのだが、担当するトレーナーは会員と寝ていると有名な男…!!ある夜、帰りの遅い茜が担当トレーナーに車で送られたのを見てしまい、幼馴染が抱かれたのではと、気になって仕方ない!それから茜の行動から目が離せなくなってしまい…。こんなに心配するのは幼馴染で親友だから。なのに無防備な茜の姿に体は反応して、抱きたい衝動は増していき…!二人が一線を越えたその先にあるものとは――?

悪女の定義をお得に読む方法

せっかくマンガを読むならネタバレの文章だけでなく、イラストと一緒にストーリーを楽しみたいですよね。

「悪女の定義」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

しかし、「悪女の定義」のような話題の恋愛漫画「U-NEXT」なら無料楽むことが出来ます!

1冊分無料!!

引用:https://www.amazon.co.jp/

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが貰えるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃうんです!

※31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

漫画・電子書籍が26万作品も提供されているので、U-NEXTはラインナップも非常に豊富ですよ。

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

また月額プランに移行した場合は毎月1日に必ず1,200円分のポイントが貰えます!

なので最新作や好きな漫画をU-NEXTで買うと、出費を抑えられます

マンガの最新刊・最新話を無料で読む方法とまとめ買いで数冊分を実質無料で読む方法 近年「漫画村」などの海賊版サイトの運営者が逮捕される等のニュースもありましたが、違法じゃない安全な方法でマンガを読みたいです...

10話を読んだ感想

悪女の定義第10話の感想をお伝えします。

シャティのパパが直談判してようやく侍女が来ることになりました。

シャティはもともと悪女だったはずなので、本当ならいきなり怒り出してもびっくりしないはずなのでは?

 

シャティが普通になっていることを知っている人たちなのでしょうか?

だとすればみんなスパイ?なのかもしれませんね。

さすがに全員ということはないと思いますが・・・。

 

ばあやが帰ってくる前にスパイが誰なのか分かっているといいですね。

皇太子はシャティのことをどう思っていて・・・侍女をつけようとしなかったのでしょうか。

それに何の意味があるのかとても気になります。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

悪女の定義ネタバレ10話!まとめ

こちらでは「悪女の定義 10話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとまとめると・・

悪女の定義 10話のまとめ
  • カイロン公は娘に侍女をつけて欲しいと言いに行っていた。
  • あやは爵位を受けに公邸へ。
  • シャティは作戦を実行した。

スパイのあぶり出し作戦は成功するのか?