少女/女性漫画

「悪女は砂時計をひっくり返す」あらすじネタバレ28話!エマの過去

妹を超える悪女に!?「悪女は砂時計をひっくり返す」。

繊細な絵が綺麗ピッコマ独占配信

こちらでは28話の展開・あらすじを紹介していきます!

\ 3,000作品以上が無料!? /
<前話 全話一覧 次話>

「鬼滅の刃」全23巻が最大半額!

「鬼滅の刃」全巻まとめ買い!全巻最大半額で読める電子書籍ストアとは??鬼滅の刃を全巻まとめ買いをするならどこが一番お得なの?? 大手電子書籍サイト11ストアの中から鬼滅の刃が一番お得に読めるサイトをコミニューが徹底検証しました! 全巻最大50%OFFで買える裏技も?!鬼滅の好きの方、必見です! ...

をご紹介します。

前回までのあらすじネタバレ

前回は、アースに手を引かれたアリアが噴水広場の爆発から走って逃げているうちに、二人は見たことのない街角に迷い込んでしまいます。

 

安物のハンカチで汗を拭かせたり、足を痛めているアリアをおんぶしようとしたりするアースの自由奔放な振る舞いを見て、アリアの怒りは急上昇。

 

しかし、アースの澄んだ瞳に見つめられると不思議な懐かしさが湧き上がって来て、彼が立ち去ってからもアリアの頭の中からアースのことが離れなくなります。

 

ロースチェント邸に戻ったアリアは、最近ミエールがプレデリック公女と連絡を取り合っていることをアニーから聞きました。

 

はたして、ミエールはプレデリック公女に何を要求するつもりなのでしょうか?

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

悪女は砂時計をひっくり返す28話のあらすじネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す第28話のあらすじをお伝えします。

エマの過去

ミエールの専属侍女・エマは、借金苦に陥った旦那が自害したことで若くして多額の借金を背負わされました。

 

誇り高き貴族の爵位を捨ててまで旦那の残した借金の返済に明け暮れたものの、膨大な金額の借金はなかなか減りません。

 

ロースチェント家の雑務をこなす日々の中で心労がたたり、ついにはお腹の中に身籠っていた旦那の忘れ形見の子供を流産してしまいました。

 

人生のどん底に叩き落とされたエマ。

 

ある日、ロースチェント伯爵の前妻が彼女を呼び止め、自分のお腹の中にいる娘の専属侍女になってくれないかとお願いします。

 

ロースチェント伯爵夫人とエマは、成人式で出会った旧知の仲。

知らない人だと不安で任せられないという伯爵夫人の要望により、エマは上級侍女に昇格しました。

 

伯爵夫人の厚意に助けられ、絶望に染まっていたエマの人生に新たな希望の光が差し込みます。

 

ところが、体の弱かった伯爵夫人はミエールを産むと、子供の命と引き換えに天に召されてしまいました。

 

恩人である伯爵夫人を失ったエマは再び失意に打ちひしがれ、彼女の残した一人娘・エマに自分の人生の全てを捧げると誓います。

 

ミエールの世話をするのが私の任務……。

ミエールは私の子……。

ミエールを幸せにするためなら、どんなことでもする……。

 

使命感に取りつかれたエマは、心の闇に鬼を宿した氷の侍女になったのでした。

<スポンサーリンク>

最強の後ろ盾

ミエールをテーブル席に案内したプレデリック公女は、豪勢な高級スイーツを振る舞います。

 

照れ笑いを浮かべながら、そわそわと落ち着かない様子で周りを気にするミエール。

 

するとプレデリック公女は、「ミエールお嬢様とたくさん話がしたいからオスカーには待ち合わせ時間をあえて遅く伝えているわ」と言って微笑みます。

 

ミエールと二人で談笑しているプレデリック公女は、ミエールこそオスカーに相応しい婚約者だと考えていました。

 

身分、マナー、顔立ち。

その全てが一級品であり、目上の相手を気遣いながらもきちんと自分の気持ちを表現できる芯の強さも兼ね備えている。

 

理想的な淑女として全ての条件が揃っているミエールをオスカーの伴侶にするためなら、全力で彼女をサポートしようとプレデリック公女は心の中でつぶやきます。

 

最近オスカーと会えない日々に寂しさを募らせているとミエールが胸の内を明かすと、プレデリック公女は「いくら多忙でもお嬢様に寂しい思いをさせるなんて……」と嘆き、後でオスカーに注意しておくと言いました。

 

「オスカーは必ずミエールお嬢様と婚約するわ 私がそれを望んでいるもの」

 

プレデリック公女に後押しされたミエールの表情がにわかに明るくなります。

 

ミエールの後ろに控えているエマは二人のやり取りを聞いていて、無表情のまま安堵感に浸っていました。

 

皇家の次に強大な権力を持つプレデリック家の支配者・イシース公女は、類まれな知性とカリスマ性により多くの人々から崇拝されている女性。

 

いずれ皇太子妃になることが確実視されている彼女に家族として迎え入れられれば、もう誰もミエールを攻撃することは出来ない。

 

ミエールの望む幸せが間もなく実現することは、エマにとっても大きな喜びでした。




プレデリック・ミエールの未来

イシース公女に呼び出されたオスカーは、テーブル席に着いているミエールを見て驚きの表情を浮かべました。

 

ミエールがプレデリック家に来ていることを事前に聞かされていなかったため、最近彼女との関係がギクシャクしているオスカーの胸中に動揺が走ります。

 

オスカーがどことなくやつれたような顔をしていることに気づくと、ミエールは不安そうな表情に変わり、「お疲れのようですが大丈夫ですか?」と声をかけました。

 

自分に何か出来ることはないかと尋ねようとすると、オスカーはミエールの言葉を遮って「お嬢様は何もしなくて良いですよ」と返答します。

 

未来のパートナーに対して失礼な口をきくオスカーをやんわりと叱責するイシース公女。

 

オスカーが「まだ正式に婚約はしていません」と反論すると、「貴方はもうすぐ成人になるけど、ミエールお嬢様はあと1年待たないと結婚できないものね」と言ってイシース公女が笑います。

 

自分とミエールとの婚約を勝手に進めるイシース公女に驚愕の視線を送るオスカーの横では、頬を赤く染めたミエールが興奮を隠しきれずにいました。

 

「もう少し待ってもらえるかしら?」とイシース公女に尋ねられたミエールは、「この場にいられるだけで嬉しいです」と満面の笑顔で答えます。

 

もうすぐ私は、ロースチェント・ミエールからプレデリック・ミエールになる。

あの薄汚い売春婦親子に邪魔されることもない。

過去は忘れて、平和に暮らすのよ……。

 

イシース公女とオスカーと共にプレデリック家で談笑しているミエールは、夢にまで見たこのシチュエーションが数年後には当たり前の光景になるのだと思うと、この上ない幸福感が湧き上がってくるのを感じていました。

進むべき道

ミエールの帰宅を見送ったイシース公女は、「『関係』を重視しなさいと言ったはずよ」と冷たい口調でオスカーを叱責します。

 

貴族は皇族と対抗するには勢力が足りないから協力し合わなければならない。

プレデリック一族の平和な未来を築くためには、力のある貴族からの支持は不可欠。

 

オスカーが反論しようとすると、イシース公女はギロリと睨みを利かせ、「私のおかげでこの国が成り立っていることは貴方だって分かっているでしょう?」と威圧しました。

 

姉の命令に逆らえないオスカーは、悔しそうにうつむいて黙り込んでしまいます。

 

「まさか……あの噂は本当なの?」

 

オスカーがそっぽを向いて「何のことですか?」としらばっくれると、イシース公女は「私の目を見て答えなさい」と言ってさらに凄みを利かせます。

 

「貴方があの売春婦の娘を気に入っているという噂を聞いたわ」

 

イシース公女の言葉を聞いたオスカーの顔が強張り、激しい動揺の気配が如実に表れました。

 

無言のままうつむいているオスカーの態度をYESの返答だと解釈したイシース公女は、「ふ~ん……」と気怠そうにつぶやきながらオスカーの前に歩み寄ります。

 

ゆっくりと振り上げられたイシース公女の右手がオスカーの顔面をとらえると、張り手を食らったオスカーの左頬が強烈な打撃音と共に真っ赤に腫れ上がりました。

 

「ロースチェント伯爵が売春婦と再婚したという話を聞いた時は驚いたけど、人を振り回すのがお上手な親子なのね」

 

イシース公女は蔑んだ目で弟をジッと見つめます。

 

問題が発生したら、「解決」すればいいだけ。

 

イシース公女の瞳に宿る狂気に気付いたオスカーの脳裏に、アリアを襲う惨劇の未来がよぎります。

 

「違います!彼女は何も悪くありません!」

 

オスカーが必死に釈明しようとすると、「私だって罪のない人間を罰したりはしないわ」とイシース公女が意味深につぶやきました。

 

彼女が何かしでかす前に自分の気持ちに正直になれ、とオスカーに忠告するイシース公女。

 

「『今後は二度と貴女に寂しい思いはさせません』と手紙に書いたらどうかしら?……ミエールお嬢様宛てにね」

 

真っ赤に腫れたオスカーの左頬を撫でながら「貴方のために進むべき道へ案内してあげる」と微笑むイシース公女に対し、オスカーは返す言葉がありません。

 

「道を間違えないで」と言い残して去って行く姉の背中を見つめながら、オスカーは自分の非力さに打ちのめされていました。

お元気で

その数日後。

自室で本を読んでいたアリアの所に、オスカーからの手紙を持ったアニーが駆け込んできます。

 

オスカーとの文通は、ミエールの誕生日会で返事の手紙を貰ったのが最後。

あれ以来まだこちらから返事を出していないのに?……とアリアは不思議に思いました。

 

瞳を輝かせながら、使用人達の間ではオスカーがアリアに惚れているらしいという噂が既成事実になっていると語るアニー。

 

子供のようにはしゃいでいる彼女の姿を見たアリアは、「妹と婚約する相手とそんな関係になったら、まるで私が悪女みたいじゃない」と言って笑いました。

 

アニーはニコニコしながら、ミエールとオスカーの婚約はあくまで形式的な話だけなので奪ったことにはならないと主張。

 

一人で興奮しているアニーをなだめたアリアは、受け取った手紙を開封してゆっくりと文面に目を通します。

 

すると、それまでニコニコしていたアリアの顔が急に強張り、手紙を持ったまま固まってしまいました。

 

アカデミーの卒業が近いので、手紙のやり取りは今後難しくなりそうです。

お元気で。

 

たった数行で一方的に別れを告げられたアリアは、ジェシーとアニーの声も届かないほどの放心状態に陥っていました。

<前話 全話一覧 次話>
<スポンサーリンク>

悪女は砂時計をひっくり返すを無料で読めるか調査した結果

「悪女は砂時計をひっくり返す」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです。
「悪女は砂時計をひっくり返す」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品を無料で読みたいなら「まんが王国」がおすすめです。
引用:https://comic.k-manga.jp/
「まんが王国」は毎日最大50%ポイント還元+なんと無料で読める漫画を3,000作品以上も取り揃えています!
6冊無料
3/18まで
5冊無料
3/18まで
3冊無料
3/21まで
3冊無料
3/21まで
9冊無料
3/22まで
5冊無料&割引
3/22まで
5冊無料
3/25まで
3冊無料
3/25まで
5冊無料
3/26まで
4冊無料
3/26まで
2冊無料
3/27まで
3冊無料
3/28まで
1冊無料&割引
3/28まで
2冊無料
3/29まで
2冊無料
3/29まで
非会員でも公式サイト右上あたりにある¥0 無料から、今すぐに漫画の閲覧が可能となっています。
1作品につき3冊まで無料配信中の作品が多数取り揃われている為、気になる作品を1円も払わずにたっぷり読むことが出来ます。

「まんが王国」公式サイトはこちらから⏩

さらにまんが王国は漫画の先行配信に強い電子書籍ストアです。
「発売日よりも早く新刊を読みたい…」なんて方はまんが王国をチェックしましょう!
気になる新刊の通知設定をしておくことで誰よりも早く好きな漫画を読むことが出来ます!
群を抜いてお得な「まんが王国」は、会員数400万人突破とその実績は確かです。
「まんが王国」なら月額料金が一切かからないので安心して漫画を読めますよね!
是非この機会に「まんが王国」で好きな漫画を楽しみましょう♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

電子書籍をご利用の方は下記記事もチェック↓
マンガの最新刊・最新話を無料で読む方法とまとめ買いで数冊分を実質無料で読む方法 近年「漫画村」などの海賊版サイトの運営者が逮捕される等のニュースもありましたが、違法じゃない安全な方法でマンガを読みたいです...
漫画アプリをご利用の方は下記記事もオススメです!
【元書店の店長が厳選】無料で読めるおすすめ漫画アプリ7選!読み放題も「漫画アプリってたくさんありすぎてどれがいいか分からない...」 「とにかく無料で漫画を読めるアプリを知りたい!」 こんな悩みを抱えている人はいませんか? そこで今回は、元大手書店の店長で、月に100冊以上漫画を読む私が48個のアプリを実際に使って、本当におすすめできるアプリだけをジャンル別に紹介していきます!...

28話を読んだ感想

エマはミエールを利用してロースチェント家の財産乗っ取りを企てているのかと予想していましたが、実際にはその真逆のようですね。

 

絶望的な状況に陥っていた自分を助けてくれた前ロースチェント伯爵夫人への恩義から、ミエールへの狂信的な愛に取りつかれているエマ。

 

ミエールのことを我が子同然に愛している彼女なら、アリア親子の抹殺計画を平気で企てそうです。

 

やはり、ロースチェント伯爵夫人に毒を飲ませ、アリアを処刑台にかけたのもエマの策略の可能性が高くなってきました。

 

そんなエマが幸せになってほしいと願っているミエールは、プレデリック家の権力者・イシース公女を後ろ盾にして強引にオスカーとの婚約を進める作戦を決行。

 

政治的背景を巧みに利用してオスカーとの結婚を実現させるミエールのずる賢さは、アリアにも決して見劣りしていません。

 

しかし、一人の女性としての幸福を純粋に願っている健気なミエールを見ていると、彼女にも幸せになってほしいという気持ちが湧き上がってくるのが悩ましい所です。

 

それにしても、オスカーの姉・イシース公女は恐ろしい女性ですね。

 

言い訳をする自分の弟に張り手を食らわせて黙らせ、プレデリック家の繁栄のためにミエールとの婚約を強引に締結。

 

さらには、邪魔な存在であるアリアの殺害をほのめかすような発言を平気で行っていて、まさに女帝という言葉が相応しい作中ナンバーワンの悪女です。

 

アリアを守るために、やむを得ずアリアとの関係を終わらせることを選んだオスカーの優しさが泣けますね。

 

どんなに頑張っても、アリアは貴族の権力の前に屈服するしかないのでしょうか?

 

イシース公女の力に対抗するためには、ビンセント侯爵と恋仲にあるサラの存在が鍵になるような気がします。

 

第29話以降もますます目が離せない展開が続きそうです!

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はまんが王国でお得に読むことができます!

まんが王国では毎日最大50%のポイント還元を行っているので、読めば読むほどお得に読めちゃいますよ♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

「鬼滅の刃」全23巻が最大半額!

「鬼滅の刃」全巻まとめ買い!全巻最大半額で読める電子書籍ストアとは??鬼滅の刃を全巻まとめ買いをするならどこが一番お得なの?? 大手電子書籍サイト11ストアの中から鬼滅の刃が一番お得に読めるサイトをコミニューが徹底検証しました! 全巻最大50%OFFで買える裏技も?!鬼滅の好きの方、必見です! ...