少女/女性漫画

「悪女は砂時計をひっくり返す」あらすじネタバレ25話!新鮮なチューリップ

妹を超える悪女に!?「悪女は砂時計をひっくり返す」。

繊細な絵が綺麗ピッコマ独占配信

こちらでは25話の展開・あらすじを紹介していきます!

\ 3,000作品以上が無料!? /
<前話 全話一覧 次話>

「鬼滅の刃」全23巻が最大半額!

「鬼滅の刃」全巻まとめ買い!全巻最大半額で読める電子書籍ストアとは??鬼滅の刃を全巻まとめ買いをするならどこが一番お得なの?? 大手電子書籍サイト11ストアの中から鬼滅の刃が一番お得に読めるサイトをコミニューが徹底検証しました! 全巻最大50%OFFで買える裏技も?!鬼滅の好きの方、必見です! ...

をご紹介します。

前回までのあらすじネタバレ

前回は、ミエールの誕生日会が終わってからも謎の青年・レインがロースチェント邸に遊びに来るようになり、アリアが彼の正体に強い疑念を抱きます。

 

彼の言う「主人」の素性を尋ねても、「今は言えません」の一点張り。

 

鋭い感性で「主人」の正体を追究してくるアリアの推理を聞いたレインは、何とかお茶を濁しながらも、彼女の頭の良さにひそかに感心していました。

 

久々に開催されたお茶会当日。

アニーを連れて会場に出向いたアリアは、サラからビンセント侯爵との馴れ初めを聞き、事が計画通りに進んでいることに安堵します。

 

そして、サラの話を後ろで聞いていたアニーは、大して美人でもなく身分も高くないサラが王宮に次ぐ権力者である侯爵と親しくなれた事実に驚愕。

 

「自分にも貴族になれるチャンスがあるかもしれない」と武者震いするアニーを横目で見ていたアリアは、サラを利用して彼女の忠誠心を高められたことに満足していました。

 

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

悪女は砂時計をひっくり返す25話のあらすじネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す第25話のあらすじをお伝えします。

恋愛指南

ロースチェント邸の自室にサラを招いたアリアは、ビンセント侯爵との恋仲を発展させるために、二人で作戦会議を開いていました。

 

アリアはサラの温かい手を握ると、体温の低いビンセント侯爵と手を繋ぐ際にはもっと優しく握ってみてはどうかと提案します。

 

そして、サラの作ったオリジナル刺繍入り手袋をプレゼントすればOK。

相手の手が冷たくても気兼ねなく手を握り合えると言って、二人は笑い合いました。

 

冬になってからだいぶ経つのに、今から手袋を用意しても遅いのではないかと懸念するサラ。

 

するとアリアは、サラの誘われた湖は侯爵のお気に入りの場所のようだから、そこでプレゼントを渡せば絶対に思い出に残る、と後押ししました。

 

サラはアリアと談笑しながら、自分より年下のアリアが的確なアドバイスをしてくれることに感心します。

 

本当は前世でさんざん遊んだ男たちとの経験談でしたが、アリアはとっさに「平民たちはよく恋バナをするんですよ」と嘘をついてごまかしました。

<おすすめゲーム>

イラつく男

レッスンの時間が終わると、アリアは玄関までサラをお見送りします。

 

「早く手袋を作らないといけませんね」とアリアが茶化すと、サラは恥ずかしそうに笑いながらも「家門の象徴と模様を入れて作ってみます」と意欲的な発言をしました。

 

アリアがふと門の方に目を向けると、ロースチェント邸の敷地内に見たことのない外観の馬車が停まっていることに気づきます。

 

その馬車の横には、あの謎の青年・レインの姿が。

 

レインは業者たちに「気をつけて運んでくれ」と指示し、馬車の中に積まれていたミエール宛の大量のプレゼントを荷下ろししているようでした。

 

レインはアリアに気付くとうやうやしく挨拶し、「ミエールお嬢様はいらっしゃいますか?」と聞いてきます。

 

「ミエールは邸内にいますが、今は両親が不在なので会えません」

 

アリアはわざと冷たい態度をとって、レインを突き離そうとしました。

 

困ったような照れ笑いを浮かべるレインは、「私たちはもう知り合いじゃないですか そんなに悪い奴に見えますか?」とおどけてみせます。

 

ミエールに大量のギフトをあげまくる奴なんか好きになれるわけないでしょ!

 

アリアは眉間に青筋を立てながら作り笑いを浮かべ、婚約者のいるミエールに他の男性との不埒な噂が流れると困ると言って、なおもレインを強引に追い返そうとしました。

 

傍にいたサラは、今まで見たこともないアリアの殺気だった雰囲気に圧倒され、思わず顔をしかめてしまいます。

 

アリアは私が支えてあげなければ……!

 

使命感に駆られたサラはとっさにアリアの手を握り、「私達も同席してよろしいですか?」とレインに尋ねます。

 

「私は別に構いませんが……」と何食わぬ顔で答えるレイン。

 

サラが傍にいることをすっかり忘れていたアリアは、つい感情的になってまずい所をサラに見られてしまったと心の中で自省していました。




新鮮なチューリップ

レインは「アリアお嬢様にもプレゼントがあります」と言って、チューリップの花束をアリアに手渡しました。

 

山ほど積まれたミエール宛のプレゼントに対し、自分へのギフトはわずか数本の花だけ。

 

アリアは小さく溜め息をつきながら、「良い香りですね」と皮肉を言いました。

 

チューリップは自分の主人の好きな花だと語るレイン。

 

「国花がお好きだなんて、愛国心のお強い方なんですね」

 

この花をどこで買ったのかとアリアが尋ねると、主人の家の近くだとレインは答えました。

 

その言葉を聞いたアリアはニヤッと笑い、「だからこの前私が外国の貴族かしらと言った時に笑っていらしたのね」とつぶやきます。

 

レインに貰ったチューリップの花束は、花弁がみずみずしくて芳醇な香りが立ち上る新鮮な状態。

 

出荷されて間もないことは一目で分かったため、レインの主人の家はこの近くなのだろうとアリアは推測してみせました。

 

何気なく渡したチューリップの花束から鋭い洞察力で主人の核心に迫ってくるアリアを見て、レインは驚愕の表情を浮かべます。

 

やはり国内の貴族に間違いない。

でも、私の把握していない有力者が他にいたかしら……?

 

アリアはサラとレインを伴って邸内に入りながら、ひそかに首をひねっていました。

ロースチェント一族の本性

テーブル席に着いたアリアはサラとレインと一緒にお茶を飲みながら、心の中でさらに推理を続けます。

 

ひょっとして、「主人」が皇太子である可能性はないか?

 

しかし、皇太子はプレデリック一族の公女とすでに婚約しているため、オスカーとの結婚を予定しているミエールに乗り換えたら、プレデリック公爵家の顔に泥を塗ることになる。

 

そんなことをすれば公爵家が黙っているはずがないので、やはりこの線は考えにくい。

 

アリアはアニーに指示して砂時計を入れた箱を持ってこさせると、その箱を自分の手元に置いて5分間の質問タイムを開始しました。

 

「レインさんのご主人様はミエールに会ったことがあるんですよね?」

 

「はい 情報の早い方で的確に動いておられます」

 

「それは事業に関してですか?」

 

「私も伯爵様から伺っただけですが、ミエールお嬢様が発案された毛皮の事業についてアドバイスされたとか……正確には王女様の着用していた毛皮ファッションについて分析されていたようです」

 

その話を聞いたアリアは愕然とします。

 

ロースチェント伯爵が始めた毛皮ビジネスは、だいぶ前にアリアが食事の場で提案したアイデア。

 

自分の気付かないうちにミエールの手柄にすり替えられていて、実の娘の評判だけが上がるように仕組まれていた……。

 

ミエールの誕生日会でロースチェント伯爵がくれた宝石箱は、親愛の贈り物なんかではなく、単なる口封じの賄賂に過ぎなかった……!

 

今までロースチェント一族に都合の良いように懐柔されていただけだったことに気づいたアリアは、体が震えるほどの強烈な怒りを覚えます。

 

よそ者である自分は、伯爵にとって単なる邪魔者にしか過ぎない。

アピールすれば仲良くなれると勘違いしていた自分の考えの甘さに、ヘドが出るほどの嫌悪感が込み上がってきました。

 

初めてミエールと直接会った時は、聞いていたイメージとずいぶん違っていて驚いたと言うレイン。

人間の中身はすぐに判別できないから仕方ない、と言ってクスクスと笑いました。

 

「そうですね……」と相槌を打ったアリアは憎悪に満ちた表情を浮かべ、「何の努力もせずに人の立場を奪う女の中身が良いはずがないわ」と吐き捨てました。

 

凄みを利かせたアリアの本性を真横で見ていたサラは、ショックのあまり手に持っていたグラスを落として凍りついてしまいます。

 

全部、私がやっとの思いで手に入れたのよ……!

身分が低いと何をしてもダメなの……?

 

「何が貴族よ……!そんな奴らに少しでも誉めてもらおうと必死になってた自分がバカみたいじゃない!」

 

アリアはテーブル席から立ち上げると、鬼の形相でレインを睨みつけながら怒鳴り声を張り上げました。

 

呆然とした表情を浮かべるサラとレインの目の前で、手元の箱をひっくり返してテーブルの上に叩きつけるアリア。

 

ドンッという大きな音と共に、時間が5分前に逆行しました。

 

「……アリアお嬢様の家庭教師をしております、ローゼン子爵家のサラと申します」

 

ニコニコと微笑みながら談笑しているサラとレイン。

 

アリアは無表情でうつむきながら、少し落ち着こうと自分に言い聞かせていました。

私の考え

しばらくすると、室内にミエールがやってきます。

 

初対面のサラが立ち上がって挨拶をしようとすると、ミエールはアリアとサラを完全に無視してレインと談笑し始めました。

 

苦笑いを浮かべながら着席するサラの隣では、「むしろロースチェント一族の魂胆に早めに気付けて良かった 私一人で足掻いたって意味がないのよ……」とアリアがひそかに考え込んでいました。

 

レインはミエールに聞きたいことがあると言って、カジノの再開についてどう思うかと尋ねます。

 

主人が好意を寄せるほどの相手かどうか、ミエールの見識を試そうとしていることはアリアの目に明らかでした。

 

ミエールはキョトンとした表情を浮かべながら、再開には賛成だと答えます。

 

今後は国が運営するようなので、投資額を増やして観光名所にするのも一つの手。

入口に皇太子の銅像を置くのもいいかもしれない、と言ってミエールは無邪気に笑いました。

 

世間知らずなミエールの意見を聞いて、思わず飲んでいたお茶を吹き出しそうになるアリア。

 

レインとサラもミエールに気を遣って賛同したものの、その笑顔は思いきり引きつっていました。

 

するとレインはアリアの方を向き、アリアの意見も聞いてみたいと言い出します。

 

さっきまでずっと二人で喋ってたくせに……と内心ムカつくアリアでしたが、平静を装いながら「私は反対です」と答えました。

 

国で管理すれば合法的な賭博場になってしまうため、一獲千金を目論む低所得の平民たちが次々と破産に至る危険性がある。

 

アリアの意見を聞いたレインは、「それなら保有財産によって制限額を設ければ良いではないですか」と笑いました。

 

アリアは真顔のまま、基準はどうやって決めるのかと尋ねます。

 

手持ちの現金や土地の数などで定めた基準など、賭博をする者たちにとっては何の意味もない概念。

 

何故なら、ギャンブルに取りつかれた者はどんな手を使ってでも身の程をわきまえない金額を賭けようとするから。

 

破産した平民は憎しみを抱き、カジノを合法化した貴族たちを逆恨みする。

 

カジノの入り口に皇太子の銅像なんか建てたら、「こいつが私をどん底に叩き落とした悪党なのか!」と敵意の標的にされるだろう。

 

それは上流階級の者たちにとっても悪影響になる問題だ、とアリアは説明しました。

 

筋の通った主張に圧倒され、食い入るようにアリアの顔を見つめるレイン。

正論に対して返す言葉が無く、悔しそうに唇を真一文字に結ぶミエール。

 

「どう思われるか分かりませんが、これが私の考えです」

 

アリアはレインの顔を見ながら、不敵な笑みを浮かべました。

<前話 全話一覧 次話>

悪女は砂時計をひっくり返すを無料で読めるか調査した結果

「悪女は砂時計をひっくり返す」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです。
「悪女は砂時計をひっくり返す」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品を無料で読みたいなら「まんが王国」がおすすめです。
引用:https://comic.k-manga.jp/
「まんが王国」は毎日最大50%ポイント還元+なんと無料で読める漫画を3,000作品以上も取り揃えています!
6冊無料
3/18まで
5冊無料
3/18まで
3冊無料
3/21まで
3冊無料
3/21まで
9冊無料
3/22まで
5冊無料&割引
3/22まで
5冊無料
3/25まで
3冊無料
3/25まで
5冊無料
3/26まで
4冊無料
3/26まで
2冊無料
3/27まで
3冊無料
3/28まで
1冊無料&割引
3/28まで
2冊無料
3/29まで
2冊無料
3/29まで
非会員でも公式サイト右上あたりにある¥0 無料から、今すぐに漫画の閲覧が可能となっています。
1作品につき3冊まで無料配信中の作品が多数取り揃われている為、気になる作品を1円も払わずにたっぷり読むことが出来ます。

「まんが王国」公式サイトはこちらから⏩

さらにまんが王国は漫画の先行配信に強い電子書籍ストアです。
「発売日よりも早く新刊を読みたい…」なんて方はまんが王国をチェックしましょう!
気になる新刊の通知設定をしておくことで誰よりも早く好きな漫画を読むことが出来ます!
群を抜いてお得な「まんが王国」は、会員数400万人突破とその実績は確かです。
「まんが王国」なら月額料金が一切かからないので安心して漫画を読めますよね!
是非この機会に「まんが王国」で好きな漫画を楽しみましょう♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

電子書籍をご利用の方は下記記事もチェック↓
マンガの最新刊・最新話を無料で読む方法とまとめ買いで数冊分を実質無料で読む方法 近年「漫画村」などの海賊版サイトの運営者が逮捕される等のニュースもありましたが、違法じゃない安全な方法でマンガを読みたいです...
漫画アプリをご利用の方は下記記事もオススメです!
【元書店の店長が厳選】無料で読めるおすすめ漫画アプリ7選!読み放題も「漫画アプリってたくさんありすぎてどれがいいか分からない...」 「とにかく無料で漫画を読めるアプリを知りたい!」 こんな悩みを抱えている人はいませんか? そこで今回は、元大手書店の店長で、月に100冊以上漫画を読む私が48個のアプリを実際に使って、本当におすすめできるアプリだけをジャンル別に紹介していきます!...

25話を読んだ感想

ロースチェント邸にしつこく通い詰めるレインの話を聞く限り、やはり「主人」の正体はアースで間違いなさそうですね。

 

アリアが宝石店から帰る時にチューリップの花束を持って現れた黒装束の少年・アース。

 

それほど高額ではないチューリップをアリアへのプレゼントに選んだ理由が気になっていましたが、帝国の国花だったのですね。

 

一見荒事に見えるカジノ潰しも、愛国心ゆえの取り締まりだと考えれば合点がいきます。

 

カジノの再開に反対するアリアとアースは、なかなか相性の合うコンビになるのではないでしょうか。

 

それに引き替え、数少ない味方の一人だと思われていたロースチェント伯爵がとんでもない悪党だったことが判明して驚きました。

 

アリアのおかげで大稼ぎ出来たのに、その手柄を実の娘のミエールのものにして、金品でアリアの口封じをしていたとは呆れて物が言えません。

 

やはり、ロースチェント一族は全員常軌を逸している連中のようですね。

 

これまでの自分の努力を全てコケにされたアリアの悔しさは、私にも痛切に伝わってきました。

 

生まれや育ちで人生の全てが決まり、死に物狂いで積み重ねてきた努力が無意味になる貴族社会は、非情な現実社会の縮図みたいです。

 

ロースチェント家に復讐したいのに、そのロースチェント家の権力に頼らなければ生きていけない現在の境遇は、アリアにとって屈辱的なジレンマでしょう。

 

怒り狂ったアリアが砂時計を入れた箱を思いっきりひっくり返した時、勢い余って砂時計が壊れないか心配になりました。

 

アリアの話術に圧倒されたレインは、主人の好意を寄せている相手がミエールではなくアリアの方ではないかという事にそろそろ気づきそうですね。

 

はたして「主人」はいつロースチェント家の前に姿を現すのか、第26話の展開がますます楽しみになってきました。

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はまんが王国でお得に読むことができます!

まんが王国では毎日最大50%のポイント還元を行っているので、読めば読むほどお得に読めちゃいますよ♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

「鬼滅の刃」全23巻が最大半額!

「鬼滅の刃」全巻まとめ買い!全巻最大半額で読める電子書籍ストアとは??鬼滅の刃を全巻まとめ買いをするならどこが一番お得なの?? 大手電子書籍サイト11ストアの中から鬼滅の刃が一番お得に読めるサイトをコミニューが徹底検証しました! 全巻最大50%OFFで買える裏技も?!鬼滅の好きの方、必見です! ...