少女/女性漫画

「悪女は砂時計をひっくり返す」あらすじネタバレ23話!友達なら…

妹を超える悪女に!?「悪女は砂時計をひっくり返す」。

繊細な絵が綺麗ピッコマ独占配信

こちらでは23話の展開・あらすじを紹介していきます!

\ 3,000作品以上が無料!? /
<前話 全話一覧 次話>

「鬼滅の刃」全23巻が最大半額!

「鬼滅の刃」全巻まとめ買い!全巻最大半額で読める電子書籍ストアとは??鬼滅の刃を全巻まとめ買いをするならどこが一番お得なの?? 大手電子書籍サイト11ストアの中から鬼滅の刃が一番お得に読めるサイトをコミニューが徹底検証しました! 全巻最大50%OFFで買える裏技も?!鬼滅の好きの方、必見です! ...

をご紹介します。

<スポンサーリンク>

前回までのあらすじネタバレ

前回は、圧倒的な財力を誇る謎の青年レインを目の当たりにしたアリアが、自分の知っている過去と異なる歴史が展開されていることに不安を抱きます。

 

しかし、それまで一度も貰ったことのなかった宝石箱をロースチェント伯爵から貰ったことを切っ掛けに、「歴史が変わったとしてもそれは自分にとって良い方向に進んでいるはずだ」とアリアは前向きに捉えました。

 

オスカーから貰ったドレスを誕生日パーティーのゲスト達の前で自慢しているミエールを見て、アリアは同じくオスカーから貰った色違いのドレスを着て対抗。

 

初めはアリアを見下していた周囲の貴族達も、完璧な作法を披露するアリアを見て彼女への印象が変わっていきます。

 

そんな中、パーティー会場にオスカーが登場。

 

手紙の返事をよこさずミエールとの約束を優先したオスカーにショックを受けるアリアでしたが、彼が自分の容姿に魅了されていることに気付くと、嘘泣きをして会場から退出。

 

オスカーは見事にアリアの作戦に引っ掛かり、ミエールを置いてアリアのあとを追ってきました。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

悪女は砂時計をひっくり返す23話のあらすじネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す第23話のあらすじをお伝えします。

友達なら…

オスカーはアリアの部屋を訪れると、アリアと話がしたいと言い出します。

 

アリアは優雅に微笑み、オスカーに着席を促しました。

 

平静を装っていたアリアでしたが、実はその胸中では大量の冷や汗をかいていました。

オスカーが来るまで紅茶を3杯も飲んで待機していたため、内心もう来ないのではないかと気が気ではなかったのです。

 

チラリとオスカーの顔に視線を向けたアリアは、彼の表情が心労でやつれているような印象を受けました。

 

自分とミエールとの戦いに巻き込んでしまったせいだと思うと、アリアの胸中に少しだけ罪悪感が湧いてきます。

 

オスカーは一つ溜め息をつくと、タキシードの内ポケットから手紙を取り出してアリアに手渡しました。

 

返事の手紙を直接渡したかったので、今日なら会えると思って持参した、とオスカーは説明します。

 

アリアは満面の笑顔でオスカーの手紙を受け取り、「今日のパーティーは楽しめましたか?」と切り出しました。

 

自分はあまりパーティーという場が好きではなく、個人的に会う方が気楽で良い、と答えるオスカー。

 

それを聞いたアリアは、「私もです さっきよりも今こうやってお話しする方が話しやすいですね」と微笑みました。

 

ミエールお嬢様が傍にいると、彼女の目が気になってアリアお嬢様と自然に話が出来ない。

ただの文通関係なのに、どうしてこんなに意識してしまうのだろう……。

 

オスカーはアリアに返事の手紙を渡したらすぐに帰るつもりでしたが、気が付けばアリアのペースに引き込まれて長々と談笑していました。

 

「いつもディナーの時間は一人ぼっちで寂しいけれど、オスカー様が一緒なら心強いです」

 

アリアはオスカーに優しく微笑みながら、「私達もう友達みたいですね」と言いました。

 

アリアの口から「友達」という言葉を聞いた途端、オスカーは肩の荷が下りたような安堵感を覚えます。

 

そうだ、僕たちはただの友達なんだ。

友達なら何の問題も無いだろう。

 

ミエールを裏切るようなことは何もしていない、とオスカーは心の中で自分に言い聞かせました。

化かし合い

ディナーの時間になると、ロースチェント伯爵・ロースチェント伯爵夫人・カイン・アリア・ミエール・オスカー、さらにレインを加えた7名がダイニングルームに集まります。

 

レインは相変わらず見え透いたお世辞ばかり言って、ミエールのご機嫌伺いに終始。

 

アリアは無言で食事しながら、いまだに素性がよく分からないレインの言動をさりげなく警戒していました。

 

「ミエールお嬢様のビジネスアドバイスはうちの主人も参考にしています」という言葉を聞いたアリアは、婚約者が同席している場で自分の主人とやらとミエールをくっつけようとしているレインの無神経さにうんざりします。

 

ミエールを中心にして会話が弾むロースチェント家の食卓。

 

ふと顔を上げたアリアは、向かい合って座っているオスカーと目が合いました。

 

見てよ、オスカー……。

私なんて家族の会話にも入れてもらえないのよ……。

 

アリアが寂しそうな表情を作ると、オスカーは眉をひそめて同情の視線を向けてきます。

 

あまりにも簡単に懐柔できるオスカーのうぶな反応は、見ているだけで滑稽でした。

 

とっさに顔を背けて、必死に笑いを堪えるアリア。

義兄のカインも頬を紅潮させてこちらをチラチラ見ていましたが、「あいつは別にどうでもいい」と思って無視し続けました。

 

ミエールは首にぶら下げている高級ネックレスに手を当て、オスカーから貰ったプレゼントに感謝の意を表します。

 

自分の知らない所でオスカーがミエールに新しいアクセサリーを贈っていたことを知ったアリアは、横目でミエールを睨みつけながら、オスカーを奪い取る計画にさらなる意欲を燃やしていました。

 

するとミエールは、「これ、私が作ったんです」と言って、家紋のユリが刺繍されたハンカチを皆の前で披露し始めます。

 

そのハンカチは、アリアの目から見ても極めて完成度の高い逸品でした。

 

皆に褒められて照れているミエールを横目で見ていたアリアは、短期間でここまで腕を上げたミエールの成長性に警戒心を抱きます。

 

「とても上手ね 美しいわ」

 

アリアがミエールのハンカチを誉めてやると、ミエールは自分の頬に両手を当てて、「お姉様に認めてもらえるってこんなにも嬉しい事なんですね!」とぶりっ子ポーズをとりました。

 

全く心のこもっていないミエールのお礼の言葉を聞き、ピクピクと顔を引きつらせるアリア。

「演技なのがバレバレよ!」と心の中でミエールに罵声を浴びせました。

 

ミエールはハンカチを全員分用意したと言って、自作の刺繍ハンカチをエマに配らせます。

 

しかし、ロースチェント伯爵から順番に一枚ずつハンカチを渡していくと、一番端に座っていたアリアに配る分のハンカチが足りないことが判明します。

 

「お姉様に渡す分が無いです……」と申し訳なさそうにつぶやくミエール。

アリアは心の中で、「どうせこんなことだろうと思った」と吐き捨てました。

 

レインは申し訳なさそうな顔をして立ち上がり、「僕が急に参加したから足りなくなったんです」と謝罪して自分の分のハンカチをアリアに渡そうとします。

 

アリアは微笑みながら、「そちらはお客様へのプレゼントなのでお気になさらずに」と言ってハンカチの受け取りを拒否しました。

 

おそらくレインに渡したハンカチは予備の分だろう。

どうせ最初から私に渡す気なんてなかったくせに。

 

アリアはミエールの子供じみた作戦を心の中で嘲笑っていました。

 

「いいのよミエール 私達はいつでも会えるじゃない 私が次に受け取れる頃にはもっと上手くなってるかもね」

 

アリアがミエールに「そうよね?」と微笑むと、ミエールも不敵な笑みを浮かべて「もちろんです」と答えます。

 

「それでは改めてミエールの誕生日を祝おうじゃないか!」

 

ロースチェント伯爵の音頭と共に杯を交わす一同。

 

平和な集まりに見えるディナーの場で二人の姉妹が壮絶な化かし合いを展開していたことは、当人たち以外誰も知る由もありませんでした。




信頼の証

結局それから何日経っても、ミエールはアリアにハンカチを渡しに来ません。

 

そのこと自体はアリアにとってどうでも良い話でしたが、不器用なミエールがプロ並のクオリティーのハンカチをどうやって作ったのか気になって仕方がありませんでした。

 

ミエールの内情を調べるため、アリアは久し振りにアニーを部屋に呼ぶことにしました。

 

アリアはアニーを化粧台に座らせると、肌に良い薬草をたっぷり配合した化粧水をタオルに染みこませて彼女にスキンケアを施します。

 

冷水を顔に当てられ、思わずブルっと体を震わすアニー。

アリアに気遣われると、「冷たくても大丈夫です!またこうして呼んでいただけただけでも……!」と気まずそうに答えました。

 

アニーの反応を見たアリアは、この前のことを彼女が内心後悔しているのだと勘づきます。

 

「私に味方すれば簡単に大金が手に入る」とアリアにそそのかされたアニーは、良心の呵責にさいなまれ、結局ミエールの側に付くことを選択。

 

けれども、頭の良い彼女なら何の価値もない忠義心より実利の方が大事だと必ず気付く。

 

絶対にアニーはもう一度チャンスを貰いに自分の所に戻ってくる、とアリアは予想していました。

 

アリアはタオルを絞りながら、近いうちに開催されるサラとの集まりにアニーにも参加してもらいたいと伝えます。

 

「貴女に貴族の会合に参加する権利を与えるわ」とアリアに言われたアニーは、目を輝かせて期待に胸を躍らせました。

 

「今度の集まりにハンカチを持っていきたいのだけれど、ミエールからハンカチを貰っていないのよね」

 

アリアは残念そうにつぶやくと、アニーの顔を見つめながら「どうやってあんなに上手くなったのかしら?」と尋ねました。

 

アニーは少し口ごもった後、「ミエールお嬢様には教え方の上手い先生が付いていて、自分も傍で聞いていてとても分かりやすかったです」と答えます。

 

レインに続き、またしても自分の知らない人物が現れたことに懸念を抱くアリア。

ミエールの側に付く刺繍の先生……、きっと砂時計の影響で歴史が変わったのだろうと推察しました。

 

その先生は現在結婚して海外にいるらしいという話をすると、アニーはうつむいて言葉を詰まらせました。

 

目をつぶって歯を食いしばったアニーは、「先生がベースを縫って……、お嬢様がその上から縫っていって……」と必死に声を振り絞ります。

 

絶対に外部に漏らしてはいけないミエール派の機密事項を暴露してくれたアニー。

 

アリアは彼女の勇気に敬意を表し、アニーの制服にジェシーと同じ黄金のブローチを付けてあげました。

 

それは、以前アリアがアニーに伝えた信頼関係の証。

 

純金製のブローチを貰ったアニーは顔を綻ばせ、全身をブルブルと震わせて感動に浸っていました。

 

「私の侍女としてこれからもよろしくね」

 

優しい笑みをたたえてアニーを見守るアリア。

 

アニーは勢いよく顔を上げると、「お任せください!お嬢様!」と叫び、彼女への忠誠を誓いました。

<前話 全話一覧 次話>

悪女は砂時計をひっくり返すを無料で読めるか調査した結果

「悪女は砂時計をひっくり返す」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです。
「悪女は砂時計をひっくり返す」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品を無料で読みたいなら「まんが王国」がおすすめです。
引用:https://comic.k-manga.jp/
「まんが王国」は毎日最大50%ポイント還元+なんと無料で読める漫画を3,000作品以上も取り揃えています!
6冊無料
3/18まで
5冊無料
3/18まで
3冊無料
3/21まで
3冊無料
3/21まで
9冊無料
3/22まで
5冊無料&割引
3/22まで
5冊無料
3/25まで
3冊無料
3/25まで
5冊無料
3/26まで
4冊無料
3/26まで
2冊無料
3/27まで
3冊無料
3/28まで
1冊無料&割引
3/28まで
2冊無料
3/29まで
2冊無料
3/29まで
非会員でも公式サイト右上あたりにある¥0 無料から、今すぐに漫画の閲覧が可能となっています。
1作品につき3冊まで無料配信中の作品が多数取り揃われている為、気になる作品を1円も払わずにたっぷり読むことが出来ます。

「まんが王国」公式サイトはこちらから⏩

さらにまんが王国は漫画の先行配信に強い電子書籍ストアです。
「発売日よりも早く新刊を読みたい…」なんて方はまんが王国をチェックしましょう!
気になる新刊の通知設定をしておくことで誰よりも早く好きな漫画を読むことが出来ます!
群を抜いてお得な「まんが王国」は、会員数400万人突破とその実績は確かです。
「まんが王国」なら月額料金が一切かからないので安心して漫画を読めますよね!
是非この機会に「まんが王国」で好きな漫画を楽しみましょう♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

電子書籍をご利用の方は下記記事もチェック↓
マンガの最新刊・最新話を無料で読む方法とまとめ買いで数冊分を実質無料で読む方法 近年「漫画村」などの海賊版サイトの運営者が逮捕される等のニュースもありましたが、違法じゃない安全な方法でマンガを読みたいです...
漫画アプリをご利用の方は下記記事もオススメです!
【元書店の店長が厳選】無料で読めるおすすめ漫画アプリ7選!読み放題も「漫画アプリってたくさんありすぎてどれがいいか分からない...」 「とにかく無料で漫画を読めるアプリを知りたい!」 こんな悩みを抱えている人はいませんか? そこで今回は、元大手書店の店長で、月に100冊以上漫画を読む私が48個のアプリを実際に使って、本当におすすめできるアプリだけをジャンル別に紹介していきます!...

23話を読んだ感想

アリアとミエールの戦いが激化するにつれ、まるで濁流に飲まれる草木のように周りの人達がどんどん巻き込まれていきますね。

 

一番ひどい目に遭わされているのが、プレデリック公爵家の長男・オスカーです。

 

ミエールから婚約者を奪ってやると息巻くアリアに誘惑され、二人の美人姉妹の間ですっかり翻弄されています。

 

優しすぎる性格ゆえにアリアを突き離せないオスカーを見ていると、いい人ほど損をする世の中を象徴しているようで胸が痛くなってきました。

 

「アリアお嬢様はただの友達なんだ」と自分に言い聞かせているようでは、とてもアリアの魔の手から逃れられそうにありません。

 

ミエールの誕生日パーティーに突如現れた謎の青年・レインは、ロースチェント家のディナーに参加するほど伯爵と仲が良い模様。

 

彼の言う「主人」とは一体何者なのでしょう?

 

口の上手い人間は何を考えているか読めないので、どうにも怪しい印象を受けます。

 

ひょっとすると、ロースチェント家を探りに来たアース率いる黒装束軍団の関係者かもしれません。

 

今後のストーリー展開に絡んでくる重要キャラの可能性もありそうです。

 

ディナーの場で、アリアとミエールが演技をしながら互いにののしり合っている光景はえぐかったですね。

 

顔ではニコニコ笑いながら平気で卑劣なことが出来る政治家を見ているようで、人間の二面性の恐ろしさを垣間見たような気がしました。

 

そして、一時はアリアのもとを離れたアニーが、ついに正式にアリアの侍女に就任。

 

長年仕えてきたミエールへの恩義はあるものの、やはり金の魔力には勝てなかったようですね。

 

アニーは金のためなら何でもやりかねないタイプの子なので、アリアとミエールの両方に味方する二重スパイにならないか心配です。

 

新たな仲間を手に入れたアリアは次にどんな作戦を実行するのか、第24話の展開から目が離せません!

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はまんが王国でお得に読むことができます!

まんが王国では毎日最大50%のポイント還元を行っているので、読めば読むほどお得に読めちゃいますよ♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

「鬼滅の刃」全23巻が最大半額!

「鬼滅の刃」全巻まとめ買い!全巻最大半額で読める電子書籍ストアとは??鬼滅の刃を全巻まとめ買いをするならどこが一番お得なの?? 大手電子書籍サイト11ストアの中から鬼滅の刃が一番お得に読めるサイトをコミニューが徹底検証しました! 全巻最大50%OFFで買える裏技も?!鬼滅の好きの方、必見です! ...