少女/女性漫画

【最新話】「悪女が恋に落ちた時」ネタバレ41話!あらすじ感想!暗殺ギルド長

ピッコマ独占配信の人気コミック「悪女が恋に落ちた時」

「続きが気になる!」
「ルペルシャはどうなる?」

こちらでは「悪女が恋に落ちた時41話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>




悪女が恋に落ちた時の前回のあらすじ

前回は、皇太子ラビロフに自分が無害であることを分からせるため、自分の方から彼に直接会いに行こうとルペルシャが思い立ちます。

二人で安全に会える場所として、彼の誕生日に開催される舞踏会がうってつけだと判断したルペルシャは、ユジン達を伴わずに現地に単身で乗り込むことにしました。

そして迎えた当日、ルペルシャは相手への全面降伏を意味するベールを被ってラビロフの前に姿を現し、会場内の貴族達を驚愕させました。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

悪女が恋に落ちた時41話のあらすじネタバレ

皇族対決

敗北の象徴であるベールを被って、うやうやしくひざまずくルペルシャ皇女。

玉座の前に立って、彼女の姿を無表情のままジッと見下ろしている皇太子ラビロフ。

プライドの高い皇族が他の皇族に服従の意を表するなど、通常では考えられないことです。

あまりにも異様な光景を目の当たりにして、周囲の貴族達は時が止まったかのように凍りついてしまいました。

しばらくすると、「なかなか面白い手を使ってきたな」と心の中でつぶやいたラビロフが小さく嘲笑しました。

平凡な身分の女性を母に持つラビロフにとって、帝国建国以来の功臣・バヌス一族の末裔であるルペルシャ皇女の存在は、生まれた時からコンプレックスの対象です。

皇女を自分の部下として従えれば、強大な権力を手中に収め、なおかつ自らの劣等感を埋めることができる。

ルペルシャの狙いを即座に読み取ったラビロフは、彼女の目論見を慎重に探ることにしました。

「『これ』は私への贈り物か?どうせ何か見返りが欲しいのであろう?高価な物でなければ、次の誕生日に私がそなたにプレゼントしてやろう」

ラビロフは大勢の観衆の手前、優雅に微笑みながら寛大な皇太子を演じます。

しかし本心では、ルペルシャが何を要求してこようが彼女の頼みを聞くつもりなど毛頭ありませんでした。

ラビロフはすでに雇っておいた凄腕のヒットマンを会場にスタンバイさせていて、いつでもルペルシャを始末できる態勢を整えていたのです。

ラビロフにとって最も重要なのは、もうじき首都にやって来る最愛の女性・アリエルを自分の物にすること。

そのためには皇宮を自分だけの世界にしておく必要があり、目障りなルペルシャ皇女を排除するのは確定事項なのです。

ここで皇女に恥をかかせて舞踏会から追い出し、誰にも気付かれない場所で暗殺してやる……!

会場の陰に立っているヒットマンにチラリと視線を投げかけたラビロフは、ルペルシャに対して強い殺意を燃やしました。

息詰まる心理戦

しばらく黙り込んでいたルペルシャは、ラビロフの問いかけに対し、「見返りは必要ありません」と答えます。

鼻で笑ったラビロフは、「遠慮する必要はない」と言い返しました。

「でしたら……私の願いはひっそりと暮らすことです……ですから、どうか私はいないものと思ってください」

ゆっくりと顔を上げたルペルシャが、澄んだ瞳で自分の願いを皇太子に伝えます。

ラビロフは彼女の様子を注意深く観察した後、背後に立っている側近の部下・ガイルに対して密かに合図を送りました。

そのハンドシグナルは、暗殺中止を指示するサイン。

顔を強張らせたガイルは「承知しました」と心の中でつぶやきながら、静かにお辞儀します。

「そうか……高価な物ではないようで安心した そなたからのプレゼントはありがたく受け取る」

ラビロフは平然とした顔で皇女と会話を続けながらも、心の中では強烈な興奮に胸を躍らせていました。

生まれつき好奇心の強い性格のラビロフは、なかなか手の内を見せないルペルシャの狙いが気になって仕方がありません。

彼女が一体何を企んでいるのか、その考えを全てあばいてからゆっくり屈辱的な死を与えてやる……!

そう心に誓ったラビロフは、舞踏会の会場から悠然と去って行くルペルシャの後ろ姿を黙って見送りました。





暗殺者の述懐

ルペルシャが立ち去ると、張り詰めていた会場の空気が一気に緩み、再び貴族たちがダンスに興じ始めました。

ラビロフの所に戻ってきたガイルは、ルペルシャの雰囲気が以前とはまるで別人のように変わっていて正直驚いたとつぶやきます。

「殿下、どうして彼女を始末しなかったのですか?せっかく暗殺ギルド長を待機させていたのに……」

「しばらく様子を見ることにしただけだ」

再び氷のような冷たい表情に戻ったラビロフは、ガイルを従えて一旦会場から去って行きました。

一方その頃、会場の陰には、ワインをくゆらせながら不敵な笑みを浮かべる一人の青年の姿がありました。

茶色の短髪に琥珀色の宝石眼。
妖しい色気を醸し出すその青年こそ、ルペルシャ皇女を始末するために雇われた暗殺ギルド長・ダニエルでした。

ダニエルは、情報ギルド長の仕事をそっちのけで皇女に付きまとっていた親友・ヘレイスが会場に呼ばれなかったことを失笑します。

ヒットマンとしての自分の出番が回ってくることはなかったものの、帝国屈指の権力者リシアン・バヌスと皇帝の間に生まれた娘を直に見ることが出来ただけで、ダニエルは大いに満足していました。

初めて目の当たりにした彼女の姿は、暗殺を生業にしているダニエルですら心を惹かれるほどの美しさ。

ベールを被ったルペルシャ皇女の可憐な姿を思い返していたダニエルは、どんなターゲットであろうと手にかけなければならない自分の仕事の宿命をひそかに嘆いていました。

ラビロフの心を掴む魔法の言葉

舞踏会の会場から抜け出したルペルシャは、誰もいない庭園のベンチに腰掛けて大きく安堵の溜め息を吐きました。

皇太子ラビロフは、非常に用心深くて好奇心の強い男。

アリエルへの愛も彼の好奇心から生まれたものであることを知っているルペルシャは、一か八か彼の好奇心を刺激して自分に危害を加えようとするのを阻止する作戦に出たのです。

そして、その作戦は何とか成功。
少なくとも今夜始末される心配はなさそうだ、とルペルシャは胸をなでおろしました。

しかし、自分を見下ろすラビロフの目に殺意が残っていたことは、ルペルシャ自身が一番よく分かっています。

この状況を打破するために、今度彼に会った時に「ある言葉」をはっきり伝えようとルペルシャは思い立ちました。

それは、「皇太子とアリエルの恋愛に私が手を貸します」というお悩みサポート宣言!

一見ふざけているように思えますが、当のルペルシャは大真面目です。

今の時期のラビロフの胸中はアリエルを振り向かせることでいっぱいなので、この提案に必ず反応するはずだとルペルシャは踏んでいました。

出来ればアリエルとは関わりたくないし、あの皇太子がどれだけ自分を信じてくれるかも分からない。

それでも今はこの作戦に賭けるしかない、とルペルシャは決意を固めました。

元の日常へ

一息ついたルペルシャは、そろそろダニエル探しも始めようと考えます。

ルペルシャは以前、外宮図書館で偶然手に入れた古書の中に、容姿不明のダニエルを見つける手がかりを発見していました。

ダニエルが原作の小説内に登場する度に宝石眼のくだりが記述されていましたが、それは人間と人工精霊との間に生まれた混血児であることを示す特徴とのこと。

彼が作中でよく足を運んでいたブランチェット街の酒屋「月光庭園」に通えば、ダニエル本人に会えるかもしれない。

それに、エマから貰った日記もあと2ページ埋めるだけで人工精霊が出現するので、ダニエル探しのヒントになりそう。

ルペルシャはまだ見ぬダニエルのイケメンぶりを想像し、一人でヘラヘラ笑いました。

その時、夜の庭園に長くいすぎたせいですっかり体が冷えてしまったルペルシャが、皇女らしからぬ大きなくしゃみをして鼻をこすりました。

考えてみれば、今日の舞踏会のことが気になって昨晩から何も食べてなかったわ……。

ルペルシャはお腹の虫を鳴らしながら、皇女宮に帰ったらお肉をいっぱい食べて体力をつけようと自分に言い聞かせます。

「もっとたくさん食べてください」と言って料理を次々持ってくる厨房長。
泣きながら食事するルペルシャを見て思わず吹き出すユジン達。

一時は皇太子に始末されるのではないかと不安に駆られたものの、どうにか最大の危機をやり過ごして、当たり前のように続いていたいつもの日常に戻れることがルペルシャにとって何よりの幸せでした。

ルペルシャは苦笑いを浮かべながら満天の星空を見上げ、明日も素敵な一日が続くことを祈ります。

しかし、そんな彼女の姿を遠くからガイルが監視していたことは、ルペルシャ本人も全く気付いていませんでした。

<前話 全話一覧 次話>


悪女が恋に落ちた時を無料で読めるか調査した結果

「悪女が恋に落ちた時」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「悪女が恋に落ちた時」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


41話を読んだ感想

ルペルシャの機転により、ラビロフとの初対決を何とか無事に乗り切ることが出来たようでホッとしました。

強烈な個性の塊であるラビロフの性格を見透かし、彼の好奇心を刺激することで暗殺を阻止してみせたルペルシャ。

この世界の登場人物のことを全て知り尽くしているだけあって、彼女の作戦には説得力があります。

それにしても、今回のエピソードで一番驚いたのはダニエルの存在です。

対ラビロフの切り札になると思われていたダニエルが、まさかすでに皇太子の配下についていたとは驚きました。

しかも、一歩間違えればこの日のうちにダニエルに始末されていたかもしれないほど抜き差しならないギリギリの状況でした。

ルペルシャがベールを使った作戦を実行していなかったら、非常に危なかったですね。

これでは、ダニエルを味方に付ける当初の計画も、根本から練り直さなければならないのではないでしょうか?

しかし、依頼を受ければどんな相手だろうと容赦なく始末する暗殺者が、ルペルシャの姿を見てかすかに心を惹かれるシーンはグッときました。

プロとしての信条に徹するのか、一人の男としての心情を優先するのか、今後のダニエルの行動から目が離せませんね。

そんな中、ラビロフの気を引くために、アリエルとの仲介役を買って出る秘策を思い付いたルペルシャ。

はたして、彼女の計画している恋のお悩み相談作戦はラビロフに通用するのでしょうか?

第42話の続きの展開がとても気になります!

<前話 全話一覧 次話>




悪女が恋に落ちた時41話!まとめ

こちらでは41話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

悪女が恋に落ちた時41話のまとめ
  • ラビロフは、ルペルシャが一体何を企んでいるのか、その考えを全てあばいてからゆっくり屈辱的な死を与えてやろうと考えている。
  • 会場の陰には、ルペルシャ皇女を始末するために雇われた暗殺ギルド長・ダニエルがいた。
  • ルペルシャは当たり前のように続いていた、いつもの日常に戻れることを幸せに感じていたが、遠くからガイルの監視を受けているのに気づいていない。