少女/女性漫画

「悪女が恋に落ちた時」ネタバレ40話!あらすじ感想!漆黒のベール!

ピッコマ独占配信の人気コミック「悪女が恋に落ちた時」

「続きが気になる!」
「ルペルシャはどうなる?」

こちらでは「悪女が恋に落ちた時40話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>




悪女が恋に落ちた時の前回のあらすじ

前回は、「近いうちに皇太子ラビロフが会いに行くはずだ」と皇帝に告げられたルペルシャが、顔面蒼白になって謁見室を後にしました。

しかも皇帝は彼女を気遣うあまり、二人の面会時にユジンとアイリック公爵も付き添わせる命令を下します。

二人を守るためにラビロフと関わらせないようにしてきたこれまでの努力が水の泡になり、ショックを受けたルペルシャが再び気絶してしまいます。

夢の中で主人公の前に現れたルペルシャ皇女は、「お前のメンタルが耐えられそうにないから、しばらく記憶が蘇らないようにする」と言い残し、忽然と姿を消してしまいました。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

悪女が恋に落ちた時40話のあらすじネタバレ

ルペルシャの秘策

頼みの綱だったお姉様に冷たく突き放されてしまったルペルシャは、全ての作戦を一旦変更しようと心に決めます。

本来なら、安全な館にかくまっているジェインの家族たちの面倒を見つつ、ダニエルを探しに行く予定だったものの、今は自分の命を守ることが最優先だからです。

皇帝の指示通り、ラビロフとの面会時にユジンとアイリック公爵を付き合わせれば、間違いなくヘレイスもその場に乱入してくる。

それではこの小説世界の原作と同じ流れになってしまう可能性が高い、と考えたルペルシャは、3人のいない場所でラビロフに会おうと考えました。

しかし、二人きりの面会時にあからさまに怯える態度を見せれば、用心深い性格のラビロフにかえって疑念を抱かせてしまいます。

そしてその場で始末されてしまったら、わざわざ護衛騎士たちの警護を解いた意味がありません。

さんざん迷った末に、ルペルシャは社交界の舞台を利用する作戦を思い付きました。

間もなくやって来る皇太子の誕生日には舞踏会が予定されていて、会場に多くの貴族が集まります。

周りに大勢の人がいる場所なら、さすがの彼も妙な行動はとらないはず。

舞踏会でラビロフと直接会い、自分が無害な存在であることを彼にアピールしようとルペルシャは決意しました。

危険な賭け

そしてやって来た舞踏会当日。
メイドのリニとアリンにドレスアップを手伝ってもらいながら、ルペルシャは今までで一番煌びやかなドレスに身を包みました。

彼女の姿を見た二人の侍女は、あまりの美しさに感動の涙を流します。

自分の姿を鏡で見てみたルペルシャ本人も、フランス人形のような華やかな装いにすっかりご満悦です。

皇女室の中で3人が談笑していると、卓上に置かれている一つの箱に目を向けたアリンが、「本当に『あれ』を着用して舞踏会に行かれるのですか?」と尋ねました。

アリンはそのアクセサリーが舞踏会の場にふさわしくないことを知っているため、持って行かない方が良いのではないかと進言します。

しかし、ルペルシャはニコニコ微笑みながら、そのアクセサリーを持って行くと答えます。

このアイテムは、皇太子の警戒心を解くために絶対に必要な物。
これを見れば、悪女として名高いルペルシャ皇女に対するイメージを他の貴族達も改めるはず。

彼らの考えをすぐに変えるのは難しいかもしれないけれど、皆を守るためにはこれしか方法が無い。

ルペルシャは、一か八かの賭けに臨む覚悟で箱を大事に抱えました。

そんな彼女の悲壮な決意を察したのか、アリンは複雑な表情でルペルシャの姿をジッと見つめます。

そして舞踏会の開催時刻が迫ると、ルペルシャはリニとアリンに見送られながら皇女室を発ちました。




皇太子の思惑

ラビロフの誕生日を祝う舞踏会会場には、すでに大勢のドレスアップした貴族達が集まっていました。

しかし、彼らの口から洩れるのは、今日のイベントの主役であるラビロフの事ではなくルペルシャ皇女の噂話ばかり。

病気で倒れた皇女はすっかり気がふれて、最近では夜中に素足で走り回っているらしい。
今日の舞踏会に参加するらしいが、まだ姿を見せないのは再び正気を失ったせいだろう。
一体どこまで皇室の名を汚せば気が済むのか……。

彼らの雑談をひそかに聞いていたラビロフは、玉座に座ってワインを飲みながら不機嫌そうな表情を見せていました。

ラビロフは部下に命じて彼女の身辺調査を徹底的に行っていたため、気がふれたらしいというくだりが単なるくだらない噂に過ぎないことを知っていました。

彼にとって唯一気がかりだったのは、皇女が皇位継承権を放棄した件。

もはや皇女が権力争いのライバルでなくなった以上、これ以上彼女のことを警戒する必要はないのではないか、と側近の部下がラビロフに進言しました。

しかし、ラビロフは「まだ分からない」とつぶやいて、油断している素振りを全く見せません。

「変化には必ず副作用が伴うものだ 何かが急激に変化した時ほど特に注意しなければならない」

ラビロフはワインを飲みながら、鋭い眼光で皇女のことを思案します。

「皇女宮のメイドの話によれば、彼女はとても優しくて気さくな方だそうですね」

側近の部下がそう語ると、「それがそもそもおかしいのだ」とラビロフが反論しました。

長年の付き合いである皇太子にとって、ルペルシャ皇女が決して柔和な性格の人物でないことは分かり切った話です。

目下の者をいじめて喜ぶような悪女ではないものの、かといって慕われるような聖女でもありません。

にもかかわらず、最近では凄腕の実力者を次々と味方に引き入れていて、その動きはどう考えても不自然だとラビロフは警戒していました。

「それでは殿下は、皇女がひそかに皇位を狙っているとお思いなのですか?」

側近の部下に尋ねられたラビロフは、不敵に笑いながら「いいや」と答えます。

「皇位に何の意味がある?私にとって最も重要なのは、彼女が『私のもの』に手を出すかどうかだ」

ラビロフはニヤリと笑いながら、皇女の出方次第で今後の処遇を決めるとつぶやきました。

決意のベール

ちょうどその時、舞踏会会場の扉がおごそかに開き、皇室関係者がルペルシャ皇女の到着を告げました。

煌びやかなドレスに身を包んだ彼女の装いを一目見た瞬間、ラビロフをはじめ会場の貴族達の表情がにわかに強張ります。

うつむき加減に憂鬱そうな表情を浮かべながら、ゆっくりとラビロフの方へ歩を進めるルペルシャ。
彼女は、自分の頭部に漆黒のベールをまとっていました。

誕生日を祝う式典の場で喪服の時に被るベールを着用するのは、社交界の舞台ではタブー中のタブーの行為。

しかし、喪服の時でない場合、そのベールは特別な意味を持ちます。

ルペルシャは玉座の前で足を止めると、その場にひざまずいてうやうやしくお辞儀をしました。

彼女が口を開こうとした瞬間、氷のような冷たい視線を向けるラビロフが即座に口を挟みました。

「そのベール……『そういう意味』に捉えても良いのか?」

貴族社会において、正装時に被るベールは相手への全面降伏を示すサイン。

ラビロフの前でひざまずいたルペルシャが、うつむいたまま小さくうなずいた所で第40話は終了しました。

<前話 全話一覧 次話>

悪女が恋に落ちた時を無料で読めるか調査した結果

「悪女が恋に落ちた時」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「悪女が恋に落ちた時」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


40話を読んだ感想

悪魔の化身ラビロフが、ついに本格的に登場しましたね。

これまでちょくちょく回想シーンなどで姿を現すことはありましたが、メインストーリーに絡んでくるのはこれが初。

ルペルシャに匹敵するほどの存在感を放つ物語の中心人物がいよいよ動き出し、緊迫した雰囲気に引き込まれました。

それにしても、ラビロフが皇位に全く固執していなかった点は非常に意外でした。

彼にとって、他者から譲り受ける役職など大して意味をなさない飾りに過ぎないのでしょう。

あくまで「自分のもの」に執着する言動を見ていると、彼のサイコパスっぷりがよく表れていてゾッとします。

皇位継承権を放棄して皇女宮を去ればラビロフから逃げられると思っていたルペルシャの作戦は、ひょっとすると根本的に間違っていたのかもしれませんね。

ユジン達を仲間に引き入れてきたルペルシャのオタ活は、確かに解釈次第では周りの人間の目に不審な行動として映ることでしょう。

良かれと思ってやってきたことが、結果的にラビロフの警戒心を一層強める結果になっていたとは、皮肉以外の何物でもありません。

全面降伏を意味するベールを被って会場に登場したルペルシャの作戦も、ますます彼の猜疑心を刺激する結果になりそうで嫌な予感がします。

はたして、皇太子ラビロフはルペルシャ皇女の行動に対し、どんな決断を下すのでしょうか?

舞踏会の場で因縁の二人が対峙し、ますます盛り上がって来た第41話の続きを読むのが楽しみです!

<前話 全話一覧 次話>




悪女が恋に落ちた時40話!まとめ

こちらでは40話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

悪女が恋に落ちた時40話のまとめ
  • ルペルシャは舞踏会でラビロフと直接会い、自分が無害な存在であることを彼にアピールしようと決意。
  • ラビロフの部下が、皇女が権力争いのライバルでなくなった以上、これ以上彼女のことを警戒する必要はないのではないか、と進言したが油断していない様子。
  • ルペルシャは自分の頭部に漆黒のベールをまとい、前面降伏を示した。