TV番組・ドラマ化

「悪女が恋に落ちた時」ネタバレ6話!あらすじ感想。破綻した計画

ピッコマ独占配信の人気コミック「悪女が恋に落ちた時」

「続きが気になる!」
「ルペルシャはどうなる?」

こちらでは「悪女が恋に落ちた時6話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

悪女が恋に落ちた時の前回のあらすじ

前回は、皇帝陛下と謁見したルペルシャが皇室継承権放棄を志願しました。

最初のうちは何か裏があると怪しんで貸す耳を持たない皇帝でしたが、皇族の地位をも手放して残り僅かな余命を自由に過ごしたいというルペルシャの言葉に心を動かされ、彼女の願いを聞き入れることにします。

ところが、皇帝はルペルシャに対して、今後1年間は皇家の一員として皇宮に留まることを指示。

自由の身になってオタ活しようと思っていたルペルシャは、目を点にして固まってしまいました。

はたして、皇帝の狙いや如何に?

よく無料で試し読みされている作品
横にスライドでもっと見る>

無料で読める!今週のおすすめTOP3

秘密の授業
「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい―――朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感――それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?


キスでふさいで、バレないで。
「こんな状況で感じるなんて、やらしいな」シャツごしに敏感なトコロをこすられ、指を挿れられて、バレないように声を抑えろだなんて…そんなの無理…!ある夜、うっかり会社の廊下に締め出されてしまった楓(かえで)は、偶然とおりかかった片想いの相手・塩谷(しおや)に助けられ、そのまま家に泊まらせてもらう事に!しかしそこへ、塩谷のルームシェア相手が帰宅し思わずクローゼットに隠れる二人。密着するカラダにドキドキする楓…その時、塩谷のくちびるが楓の胸に触れ―――


もしも、幼馴染を抱いたなら
「私たちの関係って、何…?」ジムのトレーナーである修司と幼馴染の茜。茜が修司の働くジムに通うことになったのだが、担当するトレーナーは会員と寝ていると有名な男…!!ある夜、帰りの遅い茜が担当トレーナーに車で送られたのを見てしまい、幼馴染が抱かれたのではと、気になって仕方ない!それから茜の行動から目が離せなくなってしまい…。こんなに心配するのは幼馴染で親友だから。なのに無防備な茜の姿に体は反応して、抱きたい衝動は増していき…!二人が一線を越えたその先にあるものとは――?

悪女が恋に落ちた時6話のあらすじネタバレ

破綻した計画

皇宮から出るまで1年待たなければならない。

その話を聞いたルペルシャは、呆然と立ち尽くしてしまいます。

そもそも不治の病ラファエリスは、今から1年後には主人公の魂とルペルシャの肉体の融合によって完治する予定です。

そのことが関係者にバレたら、皇宮を出る口実がなくなってしまいます。

皇帝はプイっとそっぽを向いたまま、ルペルシャと全く目を合わせようとしません。

一体どういうつもり!?ケンカ売ってんのか!?

ルペルシャは発狂寸前の怒りを堪えつつ、改めて皇帝に皇宮から出させてほしいと申し出ようとします。

しかし、皇帝は「これ以上話すことは無い」と冷たく言い放ち、そのままルペルシャを宮殿から追い出してしまいました。

父として

その日の夕刻。

自室で一人の時間を過ごしていた皇帝は、今日会ったルペルシャ皇女のことを思い出していました。

宮殿からの去り際、かすかに見えたルペルシャの口元には僅かながらの血が付着。

不治の病ラファエリスの発症による吐血であることは、皇帝にもすぐに分かりました。

これまで皇帝は、先立たれた妻の一人息子である皇太子ラビロフにばかり愛情を注いで、リシアン・バヌス皇后の娘・ルペルシャとはほとんど接点の無い生活を送ってきました。

警戒すべきバヌス一族の末裔であり、悪女として名高いリシアンの娘・ルペルシャ。

皇帝という身分の体面上、気安く関わりを持てるような間柄ではなかったため、あくまで皇帝と皇女というドライな関係を維持し合うのがお互いにとってベストだと信じてきたのです。

しかし……。

いざルペルシャが不治の病ラファエリスにかかっていることを知ると、自分でも信じられないほど激しく動揺し、いつも通りに厳しく接することが出来ない自分がいました。

弱冠19歳の皇女に残された時間は、もってあと2年。

激しい苦痛と吐血の果てに待っているのは、冷たい死だけ。

ルペルシャ皇女に自由を与えることは容易く、彼女が出て行けば皇室にとっても大きなメリットとなる。

頭では分かっていても、結局皇帝にはどうしても彼女を追放する決断を下せませんでした。

まだ10代の少女が死を目前にして口にした最後の願いが、皇宮から立ち去ること。

それは皇帝にとって非常にショックな発言でした。

ルペルシャにとって皇宮がどれほど居心地の悪い場所だったのか想像すると、父である皇帝は胸が張り裂けそうなほどの哀しみを覚えずにいられません。

しかし、もしもルペルシャがここを出れば、バヌス一族を敵視する者たちの手によって始末されてしまうことは確実。

だからこそ、皇帝はルペルシャを守るために彼女を1年間皇宮に留まらせるしかなかったのです。

せめて1年でも傍に置いて、彼女に父親らしいことがしたい。

ここで過ごしたルペルシャの思い出が他者に忌み嫌われ続けた悲しい記憶だけでは、皇帝ではなく「父」としての自分が罪悪感に耐えられない。

ルペルシャ皇女が宮殿から立ち去る時、皇帝は彼女に手を伸ばして何度も彼女の名を叫ぼうとしていました。

ルペルシャに対して一度も愛情を注いだことなど無いくせに、死を目前にして今さら父親面している。

皇帝は自分のずるさを嘆くより他ありませんでした。

ラビロフとアリエルの出会い

自室に戻ったルペルシャは、原作の小説に登場する主人公の皇太子ラビロフとヒロイン・アリエルの過去について回想していました。

幼い頃から過保護な父親に守られて育てられた公爵令嬢のアリエル。

セキュリティ万全な別荘では人と接する機会が乏しく、ぬいぐるみのエリザベスしか遊び相手がいませんでした。

彼女が10歳の時、別荘近くの森で遊んでいると、同い年くらいの赤毛の少年と出会い親しくなります。

少年のことを「妖精さん」と呼ぶアリエル。

少年に「君は僕のものだよね?」と問われたアリエルが無邪気に微笑むと、少年は嬉しそうに微笑み返します。

それから年月が流れ、上京したアリエルが帝国の建国祭に参加した際、あの赤毛の少年と運命的な再会を果たします。

15歳の時から会えていなかった妖精さんは帝国の皇太子ラビロフだった、というストーリーの流れです。

一見ロマンティックな話ですが、ラビロフとアリエルの出会いによって周りの人が次々と不幸になっていく展開に不満を漏らすルペルシャ。

お菓子を食べながら、「他人のせいで自分が不幸になるならどうする?」とお付きのメイド達に聞いてみます。

「それって結婚に失敗した場合ですよね?当然逃げるに決まってます!」

大声を張り上げて自分の意見を主張するメイドのリニ。

隣にいたメイドのアリンは、「私にはよく分からないわ」と困り顔。

ルペルシャは苦笑いを浮かべながら、「ちょっと話が違うかな……」とごまかしました。

こうしてルペルシャはお付きのメイドたちと談笑しながら、メンタルの回復および今後の計画の見直しのために3日間部屋に閉じこもるのでした。

<前話 全話一覧 次話>

悪女が恋に落ちた時を無料で読めるか調査した結果

せっかくマンガを読むならネタバレの文章だけでなく、イラストと一緒にストーリーを楽しみたいですよね。

「悪女が恋に落ちた時」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

しかし、「悪女が恋に落ちた時」のような話題の恋愛漫画「U-NEXT」なら無料楽むことが出来ます!

1冊分無料!!

引用:https://www.amazon.co.jp/

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが貰えるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃうんです!

※31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

漫画・電子書籍が26万作品も提供されているので、U-NEXTはラインナップも非常に豊富ですよ。

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

また月額プランに移行した場合は毎月1日に必ず1,200円分のポイントが貰えます!

なので最新作や好きな漫画をU-NEXTで買うと、出費を抑えられますよ◎

自分に合ったU-NEXTのプランで漫画を楽しんでくださいね♫

6話を読んだ感想まとめ

当初、今後1年間は皇宮に留まるようにという皇帝の命令はルペルシャへの当てつけだと予想していましたが、とても悲しい背景があったようですね。

多くの人々から悪女と恐れられている皇后リシアン・バヌスの娘ルペルシャ皇女。

死の間際に「私は産声をあげた瞬間から誰にも愛されることはなかった」と本人が述懐していたように、ルペルシャはリシアンのせいで生まれた時から呪われた運命を背負わされていた悲しき少女です。

そして、帝国の最高権力者である以上、自分の娘・ルペルシャと気軽に触れ合えない立場にあった皇帝。

面会中ずっと冷たい態度をとっていたので、皇帝はそんなにルペルシャのことが嫌いなのかと思っていましたが、実際はその逆。

本心ではルペルシャのことを気にかけていたのに、皇室という空間がそれを許さなかったのです。

死の淵に立たされた娘を見て、初めてルペルシャへの父性を自覚した皇帝。

素直に自分の気持ちを表現することが許されない皇帝という立場は、父親としてとてもつらいものです。

立ち去るルペルシャの背中に向かって声にならない叫びを発している皇帝の姿にはグッときました。

いつの日か、すれ違ってばかりの親子が分かり合える日が来ると良いですね。

そんな父親の気持ちを露ほども知らず、皇室の継承権を放棄してオタ活する目標が頓挫してぐったりしているルペルシャ。

西の黒蛇の毒カプセルもあと1回分しか残っていない現状、はたしてルペルシャに打つ手はあるのでしょうか?

第7話以降の展開がとても気になります。

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。