少女/女性漫画

「悪女が恋に落ちた時」ネタバレ26話!あらすじ感想。切ない懺悔

ピッコマ独占配信の人気コミック「悪女が恋に落ちた時」

「続きが気になる!」
「ルペルシャはどうなる?」

こちらでは「悪女が恋に落ちた時26話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

悪女が恋に落ちた時の前回のあらすじ

前回は、月光酒を飲んで酔っ払ったユジンがルペルシャに絡み出し、感極まって彼女に突然抱き着いてしまいます。

イケメンのハグに大興奮のルペルシャは、気絶した振りをしてその場をごまかすことに。

その時、ルペルシャの泣き顔を見てみたい情報ギルド長・ヘレイスがいきなり投石攻撃を仕掛けてきて、二人の騎士が臨戦態勢を取ります。

物陰から放った自分の投石をアイリック公爵に防がれたヘレイスは、「障害が多い方が燃える」と言って不敵に笑い、ルペルシャ皇女に付きまとうことを決意しました。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

悪女が恋に落ちた時26話のあらすじネタバレ


切ない懺悔

ブランチェット街に出かけた翌日。

皇女宮に戻ってきたルペルシャは薬剤室に行き、常備薬として気付け薬が欲しいとロックスに伝えます。

最近気絶する回数が増えてきた上に、昨日も街中で気を失ってしまった。

何とかしなければ……とルペルシャの顔に悲壮感が漂います。

気を失うのは体が命を守ろうとしている証拠であり薬でどうにかなる話ではない、といさめるロックス。

それでもルペルシャは、かたくなに気付け薬にこだわり続けました。

「実は昨日……周りの人達にとても迷惑をかけてしまって……」

辛そうに話すルペルシャを見たロックスは、一体何があったのかと慌てて聞き返します。

ルペルシャが口を開こうとしたその時、突然薬剤室のドアが開いてユジンが中に入ってきました。

彼の目は真っ赤に充血していて、二日酔いの症状がはっきり体に現れています。

ユジンはルペルシャの前にひざまずくと、「何が迷惑だったのかお聞きしてもよろしいでしょうか?」と真剣な顔で尋ねました。

痛い所を突かれて思わず絶句するルペルシャ。

ユジンの裸を見て興奮した自分をごまかすために気絶した振りをしていたのに、いつの間にか本当に気絶してユジン達に手間を取らせてしまった……とは口が裂けても言えません。

ルペルシャはゴクリと生唾を飲み込むと、「私が酒屋に行きたいと言ったせいで変な噂を聞かせてしまった上に、気を失った私を皇宮まで運ばせてしまいました」と慎重に言葉を選びながら謝ります。

それを聞いたユジンの両眼から、大粒の涙がポロポロとあふれ出しました。

「皇女様 そんなことを気になさらないでください」

主君に気を遣わせてしまった自分の不甲斐なさを嘆くユジン。

驚いたルペルシャは彼の顔を両手で優しく包み、「私ならもう大丈夫ですから泣かないでください」と伝えて微笑みます。

ユジンの両眼から流れていた涙が止まり、爽やかな笑顔が戻りました。

自由騎士の誓い

その日の夜、ベッドの中で静かな寝息を立てているルペルシャ皇女の傍に、「自由騎士の誓い」を立てるユジンの姿がありました。

「ルペルシャ・ラム・トリエルを我が主君に迎え 命尽きるまで剣そして盾となります」

自由騎士の誓いを行った者は、主君の命が尽きた時に帝国の掟によって自らの剣を手放すことになります。

それは騎士にとって、死にも等しい行為。

文字通り、主君に全身全霊を尽くして従うことを誓う作業に他なりません。

ユジンの背後に立っていたアイリック公爵は、「眠っている者に誓いを捧げるなど前代未聞だ」と呆れ顔。

それを聞いたユジンは「きっと皇女様が知ったら止めるでしょうから」と笑い、このことは秘密しておいてほしいとアイリック公爵に伝えます。

もともと騎士の地位にそれほど執着心の無かった以前のユジンは、護衛騎士としてルペルシャ皇女を真剣に守ろうとしていませんでした。

しかし、いつからか彼女の幸せを心から願うようになり、一日でも長生きしてほしいと願うようになっていました。

「生まれてきてくれてありがとう」と言って、ルペルシャ皇女が自分の手を握ってきた時のことを思い出すユジン。

それまで氷のような女だと思っていた皇女の手は驚くほど温かく、彼女を悪女と呼ぶ噂は嘘だったのだと分かりました。

どんな時も屈託のない笑顔で優しく接してくれるルペルシャ皇女。

しかし、彼女は常に他人と一線を引いていて、自分にはこれ以上先に踏み込めないこともユジンは理解していました。

手を伸ばせば届くほど近くにいるのに、友達でも恋人でもないおかしな関係。

けれども、ユジンは今のままで十分に幸せだと感じていました。





皇女宮の侵入者

ユジンが自由騎士の誓いを捧げていた頃、宮殿の上から皇女室の窓を見下ろすヘレイスの姿がありました。

ダニエルの魂を宿した発光体がヘレイスの傍を浮遊し、「ルペルシャ皇女に危害を加えてはいけません」と警告します。

ルペルシャ皇女の母方にあたるバヌス一族は、一見無関心を装っているが実際にはそうでない。

彼女に手を出せば、彼らが黙っていないと忠告しました。

ヘレイスはイラついた顔で「俺に口出しすんな そんなのどうでもいい」と反論。

「お前から先に片づけてやろうか?」と言って、発光体を追い払います。

帝国トップクラスの実力を誇るユジン・デ・ボルタン卿に自らの意思で騎士の誓いを立てさせるほど慕われているルペルシャ皇女。

それは、何よりも彼女のカリスマ性を物語っていました。

「ますます面白くなってきた」

ルペルシャ皇女を是が非でも攻略したくなってきたヘレイス。

彼がニヤリと笑った所で第26話は終了しました。

<前話 全話一覧 次話>

悪女が恋に落ちた時を無料で読めるか調査した結果

せっかくマンガを読むならネタバレの文章だけでなく、イラストと一緒にストーリーを楽しみたいですよね。

「悪女が恋に落ちた時」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

しかし、「悪女が恋に落ちた時」のような話題の恋愛漫画「U-NEXT」なら無料楽むことが出来ます!

1冊分無料!!

引用:https://www.amazon.co.jp/

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが貰えるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃうんです!

※31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

漫画・電子書籍が26万作品も提供されているので、U-NEXTはラインナップも非常に豊富ですよ。

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

また月額プランに移行した場合は毎月1日に必ず1,200円分のポイントが貰えます!

なので最新作や好きな漫画をU-NEXTで買うと、出費を抑えられますよ◎

自分に合ったU-NEXTのプランで漫画を楽しんでくださいね♫

26話を読んだ感想まとめ

今回はいろんな意味でドキドキする展開のオンパレードでしたね。

月光庭園を出てから一言も喋らなくなってしまったユジン。

機嫌が悪いのかと思っていたら、まさか月光酒を1杯飲んだだけで酔っぱらっていたとは驚きです。

人に絡んできたり突然泣き出したりして、ユジンの酒癖の悪さに笑いました。

酔っぱらいが女性に抱き着いたら普通は強制猥褻で逮捕ですが、カッコいい男性なら「素敵!」で許されるのがイケメン特権ですね。

本来のルペルシャ皇女の生き様を尊重して、悪口を言われても甘んじて受け入れるルペルシャ。

もっと自分を大切にしてほしいと涙ながらに訴えるユジン。

二人の優しさにも心が揺れました。

完全に蚊帳の外のアイリック公爵は、二人の姿を見て何を思っていたのでしょうか?

そしてそんなアイリック公爵が、ルペルシャ皇女を守るためについに抜刀!

飛んできた石ころを一撃で粉砕するシーンはめちゃくちゃカッコよかったです。

女性の泣き顔を見るのが好きだからといって、まさかヘレイスが石をぶつけようとしてくるとは全く予想していませんでした。

いくら変態でも女性への物理攻撃はダメでしょ!

ヘレイスは優しい少年っぽい顔立ちのわりに、非常に好戦的ですね。

ユジンやアイリック公爵と一戦交える展開もありそうですが、救済しに来たキャラクター同士が戦って死傷してしまったら本末転倒。

平穏に交流を深められることを期待せずにいられません。

ヘレイスは二人の騎士を排除するためにどんな作戦を仕掛けてくるのか、第26話の展開がとても気になりますね!

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。