少女/女性漫画

「11年後、私たちは」ネタバレ44話!あらすじ感想。さよなら

広告から大人気になったコミック「11年後、私たちは」

「続きが気になる!」
「アラサー男女のリアルな恋愛模様が面白い」

こちらでは「11年後、私たちは44話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>
\ 3,000作品以上が無料!? /

11年後、私たちはの前回のあらすじ

前回は、元カレの優から送られてきたバラの花の扱いに困っていた千鶴が、荻野課長に配慮して優からのプレゼントを廃棄処分しました。

優に対抗し、花屋に立ち寄って千鶴に花をプレゼントしようとする荻野課長。

フリージアの花束を買ってもらった千鶴は、花言葉の「期待」にあやかり、自分たちの関係もきっとうまくいくはずと微笑みます。

荻野課長はそんな千鶴の言葉を聞いて、彼女が内心では優とよりを戻したいと思っているのではないかと不安を抱いていたことを打ち明けました。

自分の表現力不足で荻野課長を苦しめていたことを知った千鶴は、今度こそ過去の因縁を完全に断ち切るために、自分に付きまとう優と決着をつけることを誓うのでした。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

11年後、私たちは44話のあらすじネタバレ

さよなら

自室のベッドに腰掛けて、携帯電話を握りしめていた優。

千鶴の電話番号からの着信を見ると、不敵な笑みを浮かべて応答ボタンを押しました。

「千鶴か?電話待ってたよ 花は気に入ってくれた?」

千鶴が怒りを込めた口調で「一体何の真似?」と尋ねると、優は何食わぬ顔で「俺たち付き合ってからちょうど12年目だろ?」と答えます。

「何言ってんの?私たちはもう終わってるのよ!」

大声で怒鳴りながら、浮気して自分を捨てた張本人がよりを戻せると思っているなんてどうかしていると憤る千鶴。

「俺はまだお前と別れたとは思ってない 俺たちあんなに愛し合ってただろ?忘れたのか?」

いつまでもダラダラと泣き言を並べる優の声を聞いているうちに、完全に堪忍袋の緒が切れてしまった千鶴は「優!!!」と絶叫しました。

「私が愛しているのは荻野課長なの 今本当に付き合ってるのよ」

「……」

千鶴の言葉を聞いて、思考停止してしまう優。

しばらく沈黙した後、ニタリと不気味な笑みを浮かべ、「俺が先に浮気したからしょうがないよな」とつぶやきます。

「いいよ、千鶴も浮気しても 最終的に俺の所に戻って来てくれればそれでいいから」

物事を自分の都合のいいようにしか捉えられない優の目には、他の男と新しい恋を始める千鶴の行動が浮気に映っているようです。

しかし千鶴は力強い口調で、「私が優とよりを戻すことは絶対にない」と断言。

たとえ荻野課長と別れたとしても、自分の未来に優は存在しないと吐き捨てました。

「これを伝えたかっただけだから もう二度と私の前に現れないで」

優は両手で携帯電話を握りしめ、縋るような声で「直接会って話そう」と懇願します。

直接会っても何も変わらない。

自分たちの最後は最低なものだったのだから。

千鶴は冷静な口調で、自分たちの関係がすでに終わっていることを説きます。

「さよなら 元気でね」

その言葉を最後に、受話器の向こうから千鶴の声が聞こえなくなりました。

優が何度千鶴の名を呼んでも、二度と返事がくることはなかったのです。

俺たちは本当に終わってしまったのか……?

嫌だ……このまま終わったら一生後悔する……。

まだ何か方法があるはずだ……!

優はうつろな瞳で虚空を見続けていました。

四面楚歌

社内で噂を広めていたことを荻野課長に知られ、千鶴は彼とうまい事やっている。

藤原さんは女性トイレで休憩しながら、最近何もかもうまくいかないことにとても腹を立てていました。

水を流して個室から出ると、例の口の軽い女性社員が鏡の前に立って化粧直しをしていました。

藤原さんは「お疲れ~」と言いながら彼女の横に立ち、この前荻野課長に何か話したかと尋ねます。

表情を曇らせ、「別に何も話してませんよ」と答える女性社員。

「あらそう 荻野課長が変なこと言ってたもんだから」

藤原さんは女性社員を睨みつけ、「これからは口に気をつけなさい」と意味深に笑って女子トイレから去って行きます。

彼女のあまりの迫力に、女性社員は完全に凍りついてしまいました。

そして藤原さんと入れ違いに、もう一人の女性社員が女子トイレ内に入ってきます。

「お疲れ様です」と挨拶され、「ん~」と気怠そうに返事して出て行く藤原さん。

二人の女性社員は、藤原さんの態度の悪さに不快感をあらわにしました。

「さっき藤原さんに『口に気をつけなさい』って言われたの!どの口が言ってんのよ!自分だってあの二人の陰口言ってたくせに!」

二人の女性社員は、荻野課長にひそかに気が合った藤原さんが千鶴に先を越されて邪魔しようしたのではないかと邪推。

自分たちまで変な噂を流されたらたまらないので、これからは藤原さんと関わらないようにしようと決心しました。




聞こえてますよ

女子トイレからデザイン課の部屋に戻ってきた藤原さんは、遠巻きに千鶴の横顔を見て抑えきれない苛立ちを覚えていました。

千鶴の机の上に大量の書類が置かれているのを見ると、デスクが散らかり過ぎだから片付けるように指示。

「今手掛けている案件は資料が多いので」と千鶴が応えると、藤原さんは「デスクの上も片づけられないような人は仕事もできないもんよ」と不機嫌そうに説教し始めました。

すると、その発言を聞いていた荻野課長が「そうなんですか?」と言いながら、藤原さんの横に立ちます。

「じゃあ、ちゃんと片づけられる人は仕事ができるってことですよね?」

荻野課長は藤原さんに、この前お願いした広告試案の修正はもう終わっているか確認しました。

藤原さんは急に表情を曇らせ、他にも仕事があるのであの仕事は急がなくても良いかと恐る恐る尋ねます。

自分が頼む仕事は全て急ぎだと冷静に答える荻野課長。

目を伏せた藤原さんは、蚊の鳴くような弱弱しい声で「……すみません」とつぶやきます。

なおも荻野課長は藤原さんに白い目を向け、「些細なことで声を荒げないでください 営業課の方にまで聞こえてますよ」と耳打ちしました。

その発言を聞いた藤原さんは、千鶴を守るために自分の行動を逐一監視しているという警告だと受け取ります。

どうして自分だけこんな目に遭わなければいけないのか……!

被害妄想に取りつかれた藤原さんは、会社そのものを憎むようになります。

そしてその日以来、藤原さんは社内でほとんど口を開かなくなってしまいました。

<前話 全話一覧 次話>


「11年後、私たちは」を無料で読めるか調査した結果

「11年後、私たちは」はコミコ・シーモアなどの独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです。
「11年後、私たちは」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品を無料で読みたいなら「まんが王国」がおすすめです。
引用:https://comic.k-manga.jp/
「まんが王国」は毎日最大50%ポイント還元+なんと無料で読める漫画を3,000作品以上も取り揃えています!
6冊無料
3/18まで
5冊無料
3/18まで
3冊無料
3/21まで
3冊無料
3/21まで
9冊無料
3/22まで
5冊無料&割引
3/22まで
5冊無料
3/25まで
3冊無料
3/25まで
5冊無料
3/26まで
4冊無料
3/26まで
2冊無料
3/27まで
3冊無料
3/28まで
1冊無料&割引
3/28まで
2冊無料
3/29まで
2冊無料
3/29まで
非会員でも公式サイト右上あたりにある¥0 無料から、今すぐに漫画の閲覧が可能となっています。
1作品につき3冊まで無料配信中の作品が多数取り揃われている為、気になる作品を1円も払わずにたっぷり読むことが出来ます。

「まんが王国」公式サイトはこちらから⏩

さらにまんが王国は漫画の先行配信に強い電子書籍ストアです。
「発売日よりも早く新刊を読みたい…」なんて方はまんが王国をチェックしましょう!
気になる新刊の通知設定をしておくことで誰よりも早く好きな漫画を読むことが出来ます!
群を抜いてお得な「まんが王国」は、会員数400万人突破とその実績は確かです。
「まんが王国」なら月額料金が一切かからないので安心して漫画を読めますよね!
是非この機会に「まんが王国」で好きな漫画を楽しみましょう♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

電子書籍をご利用の方は下記記事もチェック↓
マンガの最新刊・最新話を無料で読む方法とまとめ買いで数冊分を実質無料で読む方法 近年「漫画村」などの海賊版サイトの運営者が逮捕される等のニュースもありましたが、違法じゃない安全な方法でマンガを読みたいです...
漫画アプリをご利用の方は下記記事もオススメです!
【元書店の店長が厳選】無料で読めるおすすめ漫画アプリ7選!読み放題も「漫画アプリってたくさんありすぎてどれがいいか分からない...」 「とにかく無料で漫画を読めるアプリを知りたい!」 こんな悩みを抱えている人はいませんか? そこで今回は、元大手書店の店長で、月に100冊以上漫画を読む私が48個のアプリを実際に使って、本当におすすめできるアプリだけをジャンル別に紹介していきます!...

44話を読んだ感想まとめ

今回は、これまで千鶴と荻野課長の関係をさんざん妨害してきた二人の人物の転落の軌跡が描かれているエピソードでしたね。

いつまでも過去の栄光に縋って、未来に進む努力を全くしようとしない哀れな青年・優。

今まで付き合った千鶴や結衣が自分の人生を前向きに進めているのに対し、彼だけは完全に時の流れに取り残されているような印象を受けます。

11年間付き合っていた頃の輝かしい思い出に縛られ、いまだにいつか彼女と仲直りできると本気で信じている時点で救いようがありませんね。

「二度と私の前に現れないで」と言われてようやく千鶴の覚悟を理解したようですが、まだ何か企んでいるのが逆にすごいです。

その根性と行動力をもっと社会の役に立つことに活かせば、きっと彼なら大物になれるでしょう。

警察に捕まる前に、自分の意思で人生をやり直してもらいたいものですね。

一方、悪意のある噂を広めまくってきた藤原さんは、とうとう自分が利用しようとしてきた女性社員たちにまで愛想をつかされてしまいました。

千鶴を孤立させるつもりが、自分の方が会社内で孤立してしまうとは皮肉以外の何物でもありません。

因果応報とはいえ、藤原さんが不憫になってきました

やはり、藤原さんくらいの年になって恋人がいないと、承認欲求が満たされず、周りの人間を傷つけたくなる衝動に駆られるのでしょう。

いっそのこと、藤原さんと優が付き合っちゃえば万事解決なのではないでしょうか?

本作品の悪役的ポジションの二人とはいえ、出来れば優にも藤原さんにも幸せな結末を迎えてもらいたいものです。

窮地に追い込まれた二人がどんな行動に出るか、第45話も要チェックですね!

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はまんが王国でお得に読むことができます!

まんが王国では毎日最大50%のポイント還元を行っているので、読めば読むほどお得に読めちゃいますよ♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

「鬼滅の刃」全23巻が最大半額!

https://tsukimicoffee.com/gimetsu-denshi/