少女/女性漫画

「11年後、私たちは」ネタバレ41話!あらすじ感想。恋の感触

広告から大人気になったコミック「11年後、私たちは」

「続きが気になる!」
「アラサー男女のリアルな恋愛模様が面白い」

こちらでは「11年後、私たちは41話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>
\ 3,000作品以上が無料!? /

11年後、私たちはの前回のあらすじ

前回は、会社帰りの女子会で親友の真奈に後押しされた千鶴が、迷いを吹っ切って荻野課長に自分から愛の告白をすることを決意します。

夜道を歩きながら、「今夜偶然荻野課長に会えたら告白しよう」と心に決める千鶴。

幼稚なアイデアに思わず自嘲してしまう千鶴でしたが、顔を上げるとなんとそこには本当に荻野課長の姿が。

これは運命だと悟った千鶴は、意を決して「課長のことが好きです」と告白します。

予期せぬ事態に激しく戸惑う荻野課長は、返事に窮するほどのパニックに。

ようやく冷静さを取り戻すと、千鶴の手を優しく握りしめて「今日からよろしくな 千鶴」と彼女の名を呼びました。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

11年後、私たちは41話のあらすじネタバレ

恋の感触

正式に恋人同士になった千鶴と荻野課長は、穏やかな笑みを浮かべながら二人で帰路についていました。

荻野課長がふと千鶴の足元に目を向けると、コートの下から生足の絶対領域が露出していて思わず生唾を飲み込んでしまいます。

とっさに咳払いしながら、「脚、寒くないか?」とごまかす荻野課長。

千鶴は自分の足を見て、「さっきストッキングに穴があいたので捨てたんです もうすぐ家ですし大丈夫です」と答えました。

荻野課長は自分の着ていたコートを脱ぐと、「風邪を引くからとりあえずこれを着とけ」と言って千鶴に着せます。

ぶかぶかのコートを羽織った千鶴は苦笑いしながら、優しい温もりに安心感を覚えていました。

寒空の下でコートを脱いだ荻野課長のことが気になった千鶴は、「課長、寒くないですか?」と尋ねます。

荻野課長は「ちょっと手が寒いな」とつぶやくと、そっと千鶴と手を繋ぎ、「よし、これで寒くない!」と声を張り上げました。

右手に全神経が集中し、否応なく高鳴る千鶴の胸の鼓動。

恥ずかしくなった千鶴が手を離そうとすると、「ん?繋ぎたい時は繋いで良いんだろ?」と言いながら荻野課長がさらに手に力を入れてきます。

「実は……ドキドキが止まらなくて!」

千鶴は頬を赤らめながら絶叫。

荻野課長も恥ずかしそうに微笑み、「俺も心臓がドキドキしっぱなしだ」と応えます。

「それでも手を繋いで歩きたいんだ」

二人はギュッと手を握りしめ、家に到着するまで決して手を離しませんでした。

充実した朝

新たな恋を始めた千鶴にとって、その翌日の朝はまるで世界が一変したかのような爽快感に満ち溢れていました。

早く出勤したくて、アラームが鳴るより早く目が覚める千鶴。

その上、会社に行く足取りが信じられないほど軽くなっていました。

その時、持っていた携帯電話が鳴り出し、荻野課長からのメール着信を告げます。

おはよう。

今日は寒いから厚着して出勤しろよ。

○○カフェに荷物を預けているから受け取って来てくれ。

朝一のラブラブメールかと思いきや、そこに書かれていた文面はまさかのお使い指示。

千鶴は肩を落としながら、荻野課長に指示されたカフェに向かいました。

店内に入り、荻野という人物からの預け物がないか受付のスタッフに尋ねる千鶴。

するとスタッフは「お待ちしておりました」と微笑み、千鶴にコーヒーメニューを提示しながら言いました。

「すでに荻野さんから代金をいただいているので、自由に好きなコーヒーを選んでください」

荻野課長の言う「預けている荷物」の正体を知って驚いた千鶴は、とりあえずアメリカーノを一杯オーダーします。

コーヒーカップを取り出したスタッフは「優しい彼氏さんですね」と笑い、「私にもあんな彼氏がいたらなぁ」と羨ましそうにつぶやきました。

カフェを出た千鶴は、すぐに荻野課長に電話してコーヒーのお礼を伝えます。

「朝は寒いだろ?それ飲んで体を温めろ」

荻野課長の優しさに触れた千鶴は、心まで温かくなる恋の素晴らしさを改めて思い出していました。




過去からの贈り物

千鶴が社内で仕事をしていると、運送業者が千鶴を訪ねてデザイン課にやってきます。

「花のお届け物です」と言って、カゴいっぱいに彩られた真っ赤なバラを室内に持ってくる配達員。

あまりの出来事に、千鶴も藤原さんもポカンと口を開けて固まってしまいました。

そのバラの送り主は、堂島優。

きれいにラッピングされたバラにはピンク色のリボンが括り付けられていて、「愛しの千鶴へ 12年目記念」と書かれていました。

怒った千鶴は大声を上げ、その花を送り返すよう配達員にお願いします。

困った配達員は「すみません、返送はできません!」と言って、逃げるようにデザイン課から退室。

千鶴は優から送り付けられたバラの花束を呆然と眺めるより他ありませんでした。

そんな千鶴の様子を、隣の席から興味深げに観察していた藤原さん。

「私が手を出すまでもなかったかしら?」と心の中でつぶやき、嫌味な笑みを浮かべます。

デザイン課の一之瀬千鶴宛に彼氏から巨大な花が届いたという話は、あっという間に社内に広まりました。

荻野課長が社内の廊下を歩いていると、曲がり角の向こうから千鶴の噂をする女性社員たちの声が聞こえてきます。

「一之瀬さん宛に彼氏から花が届いたんだって 別れたんじゃなかったの?」

「だから藤原さんが言ってたことは本当だったのよ」

「それじゃ一之瀬さんは課長と浮気してるってこと?」

「そういうことね 彼氏からの花の贈り物が何よりの証拠…… 一之瀬さん、ほんとサイテー!

彼女たちの話を黙って聞いていた荻野課長は鬼の形相に変わり、「誰が最低だって?」と言いながら姿を現します。

荻野課長の登場にびっくり仰天の女性社員たちは、顔面蒼白になって「ただの雑談です……」と口ごもりました。

「じゃあその雑談、詳しく聞かせてもらおうか」

荻野課長が社内に広まっている噂の調査に本腰を入れた所で第41話は終了しました。

<前話 全話一覧 次話>

「11年後、私たちは」を無料で読めるか調査した結果

「11年後、私たちは」はコミコ・シーモアなどの独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです。
「11年後、私たちは」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品を無料で読みたいなら「まんが王国」がおすすめです。
引用:https://comic.k-manga.jp/
「まんが王国」は毎日最大50%ポイント還元+なんと無料で読める漫画を3,000作品以上も取り揃えています!
6冊無料
3/18まで
5冊無料
3/18まで
3冊無料
3/21まで
3冊無料
3/21まで
9冊無料
3/22まで
5冊無料&割引
3/22まで
5冊無料
3/25まで
3冊無料
3/25まで
5冊無料
3/26まで
4冊無料
3/26まで
2冊無料
3/27まで
3冊無料
3/28まで
1冊無料&割引
3/28まで
2冊無料
3/29まで
2冊無料
3/29まで
非会員でも公式サイト右上あたりにある¥0 無料から、今すぐに漫画の閲覧が可能となっています。
1作品につき3冊まで無料配信中の作品が多数取り揃われている為、気になる作品を1円も払わずにたっぷり読むことが出来ます。

「まんが王国」公式サイトはこちらから⏩

さらにまんが王国は漫画の先行配信に強い電子書籍ストアです。
「発売日よりも早く新刊を読みたい…」なんて方はまんが王国をチェックしましょう!
気になる新刊の通知設定をしておくことで誰よりも早く好きな漫画を読むことが出来ます!
群を抜いてお得な「まんが王国」は、会員数400万人突破とその実績は確かです。
「まんが王国」なら月額料金が一切かからないので安心して漫画を読めますよね!
是非この機会に「まんが王国」で好きな漫画を楽しみましょう♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

電子書籍をご利用の方は下記記事もチェック↓
マンガの最新刊・最新話を無料で読む方法とまとめ買いで数冊分を実質無料で読む方法 近年「漫画村」などの海賊版サイトの運営者が逮捕される等のニュースもありましたが、違法じゃない安全な方法でマンガを読みたいです...
漫画アプリをご利用の方は下記記事もオススメです!
【元書店の店長が厳選】無料で読めるおすすめ漫画アプリ7選!読み放題も「漫画アプリってたくさんありすぎてどれがいいか分からない...」 「とにかく無料で漫画を読めるアプリを知りたい!」 こんな悩みを抱えている人はいませんか? そこで今回は、元大手書店の店長で、月に100冊以上漫画を読む私が48個のアプリを実際に使って、本当におすすめできるアプリだけをジャンル別に紹介していきます!...

41話を読んだ感想まとめ

千鶴と荻野課長が正式に恋人同士になって幸せな時間を過ごす中、さっそく二人の邪魔をするものが現れましたね。

最近ではすっかり影が薄くなってしまった元カレの優は、千鶴のオフィスにバラの花束を発送。

わざわざご丁寧に「12年目記念」とメッセージを添えられていて、思わず爆笑してしまいました。

11年目で破局したのに、彼の脳内では二人の関係はいまだに続いているのでしょうね。

現実逃避をここまでこじらせてしまうと、もはや言葉で何を言っても無駄です。

もうすでに十分ストーカー規制法に抵触する迷惑行為ですが、いずれ犯罪をやらかして警察に捕まるのではないでしょうか。

「優しい子」になってほしいと願って「優」と名付けた親御さんのことを思うと、悲しくて涙が出そうです。

一方、優から送られてきた花束を見た藤原さんは、またしても悪知恵を働かせて千鶴の立場を貶める噂を広めまくっています。

年齢を意識させないフットワークの軽さは、ある意味尊敬に値しますね。

しかし、女性社員たちが千鶴の噂をしている所をついに荻野課長が目撃。

ここから、噂の発信源が特定されるような気がします。

悪意のある噂をばら撒いて自分たちを攻撃していたのが藤原さんだと知った時、はたして荻野課長はどんな対応をとるのでしょうか?

第42話の展開がますます気になってきました。

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はまんが王国でお得に読むことができます!

まんが王国では毎日最大50%のポイント還元を行っているので、読めば読むほどお得に読めちゃいますよ♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

「鬼滅の刃」全23巻が最大半額!

https://tsukimicoffee.com/gimetsu-denshi/