漫画ネタバレ

1122(いいふうふ)ネタバレ40話!あらすじ感想!いちこの焦り

夫婦の形は様々1122

夫婦には色々な形がある「1122(いいふうふ)」。

不妊治療はどんな感じいちこの焦りの理由は

 

続きの気になっていた「1122 40話」を読みました!

さっそく、展開・あらすじをご紹介したいと思います。

 

<前話 全話一覧 次話>

1122は無料で読むことができます。

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

FODプレミアムでは漫画が読めるポイントを最大1300円分もらうことができます。

ポイントを貯めれば「1122」が無料で読めちゃいますよ♪

1122(いいふうふ)40話のあらすじネタバレ

1122(いいふうふ)第40話のあらすじをお伝えします。

いちこが心配なおとや

「わたしたち次いかなきゃならないのにー」

いちこがそう言い続けていることに、おとやは何かひっかかっていました。

ミーティングだと呼ばれても、仕事のことよりもいちこのことが気になっているみたいです。

 


PR

その頃いちこは病院で診察を受けていました。

医師はエコーで検査をした結果、今周期の卵胞が全く育っていないのでピルを飲んで仕切り直しだと言います。

 

家に帰って今日の診察のことをおとやに伝えました。

いちこは結果に落ち込んでいるわけでもなく、その分今月は仕事ができると話します。

 

おとやはいちこのことが心配で寝ている場所についても話しますが、いちこは気の遣いすぎだと。

 

いちこは、夕食にも・・・この店のお惣菜は美味しいけれど高いし、こんなに買わなくても大丈夫。

治療でお金がかかるからと言います。

 

そう言ってから、せっかく考えてくれたのに、ごめん!!ありがとう!!と言いました。

 

おとやは自分がいちこのために何かできないかと尋ねます。

しかしいちこは不自然な笑みを浮かべていました。

 

二人で食事の後片付けをしながら、自分たちはもっと話した方がいいと思うというおとや。

これからのこと、治療のこともこどものことも。

 

今日までの仕事があるといちこが言うので明日話すことになりました。

自分たちで変えた

一方美月は、志朗の海外赴任の準備に追われていました。

この紺のスーツも持って行った方がいいのではと言う美月に、ほとんど済んでいるし自分でやるからという志朗。

 

おせんべいやふりかけも入れておかなきゃ・・・とあれこれ考えています。

でも志朗は同じアジアの都市だから欲しければ向こうで買うし、時々戻ってくるから休んでいてほしいと伝えました。

 

それでもどんどん太っちゃって少しは動かないとと言っているので、美月の母が注意をします。

志朗は何でもできるから、美月がそんなに世話を焼かなくても大丈夫。

 

ひろがぐずり出したので志朗は外に遊びに行こうと促します。

講演の噴水で遊んで、アイスも食べていいよ。

ひろは大喜びです。

 

日焼け止めを塗って帽子と着替えを準備して・・・ぎゅっとお父さんの頭をつかんで肩車でお出かけです。

お義母さんごゆっくりと言って出かけていきました。

 

そんな志朗を見て母は変わったね・・・美月もと言います。

美月は以前志朗さんにとても気を遣っていて顔色を伺っている感じがして、二人目や海外赴任というのは心配だったと言いました。

 

お母さんも、お父さんがいた時はずっとそうだったよと美月。

一瞬母の表情が曇り・・・ずっとそうだったねと答える母。

 


PR

美月たちは自分たちで変えたのです。

ひろくんも明るくなったしとても安心した、赤ちゃんも楽しみだね、母もうれしそう。

 

その言葉に頷く美月は、穏やかでリラックスしているように見えました。

公園で肩車の上、アイスを汗だくで食べているひろ。

志朗も笑顔です。

インナーいちこが見えない?

夕暮れ、いちこはベランダに出てぼんやりとしています。

そこにインナーいちこが現れました。

いちこの目の前で今日の夜ってと話しかけますが、反応がありません。

 

いちこに再び話しかけるインナーいちこ。

無視しないで、せっかく相談に乗ろうと思ったのに・・・そう話しかけてもいちこの目には映っていませんでした。

話し合った結果・・・

おとやが帰ってきました。

しらふで話そうと言うことになり、お茶を淹れます。

 

おとやはこの間のことを蒸し返すことになるけれど、いちこの次に進まなきゃと言うのが気になっている。

自分たちの「次」というのは子供がいなければダメなのかな、できなくてもいちこといられれば幸せだと告げます。

不妊治療を続けることには賛成するけれど、いちこがそのことにとらわれすぎていると・・・。

 

いちこは、おとやから昨日言われた言葉に対して・・・全く思いつかず、おとやは充分やってくれていると答えました。

 

おとやは治療のことじゃなくても何でもいいと言おうとしていましたが、いちこは途中でさえぎってわかってる。

ありがとう・・・でもいちこはおとやに言いたいことも、なにもありませんでした。

 

いちこが治療にとらわれてしまっているのは、二人でいるイメージを持てなくなってしまったから。

もう夫婦でいることがしんどいのです。

 

もしも子供がいたら、夫婦である苦しさから逃れられて家族を続けられるのではないかと思った・・・でもそんな仮定にすがるのは違っている。

 

おとやは自分がいちこに許しを得て不倫をしたから、信じてもらうことができなくなったのかと。

しかしそれはきっかけにすぎず、原因ではない。

セックスレスのせいでもないし、好きな人ができたわけでもない。

 

いちこに、おとやは俺と別れたい?と尋ねました。

 

ある夏の日、おとやといちこはぶーにゃんを見つけ声をかけています。

 

結婚8年目、残暑のきつい日曜日の朝、二人は離婚しました。

 

1122(いいふうふ)第40話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

二人は離婚してしまいました。

22ではなくなってしまいました。

 

前話 全話一覧 次話>

1122を無料で読む方法

1122を無料で読む一番のおすすめ方法をご紹介します!それは動画配信サービスのキャンペーンを使って読む方法です♪

動画配信サービスでは初めての利用の場合、漫画が購入できるポイントがもらえちゃうんですよ!サービスによっては生贄投票はポイントで無料になっちゃいます!

U-NEXT 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、1122がお得に読めます
FODプレミアム 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。ポイントをためて1122が無料で読めます。
music.jp 30日間無料+600円分のトライアルポイントで1122がいますぐお得に読めます。

1122をお得に読みたいなら「FODプレミアム」がおすすめ!

本日FODプレミアムにお試し加入すると漫画購入に使えるポイント600円分が今すぐもらえ、ドラマやアニメも14000本以上見放題になります。

 

ポイントが貯まるまで待てるなら「FODプレミアム」一択!

もらえるポイントが最大1300ポイントと最大です。

 

もちろんお試し期間中いつでも解約OK&月額も一ヶ月無料!

しかも解約しても漫画はそのまま継続で読めて安心です。

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

40話を読んだ感想

1122(いいふうふ)第40話の感想をお伝えします。

あっさりと、なぜ今なの?という感じで離婚してしまったいちことおとや。

ついこの間まで不妊治療をしていたではないですか。

 


PR

いちこの考え方にはついていけません。

おとやがいなくても大丈夫なのでしょうか。

 

家の中のことも、いちこの母のこともいままでおとやがしてくれていましたよね?

心配です。

 

次に行かなきゃいけないというのは、単位ということだったのでしょうか。

夫婦でいてもダメで家族なら大丈夫というのはなんとなくわかる気がします。

 

家族になるとチームで協力してと言う感じが出るのかもしれませんね。

でも夫婦も最小単位のチームという気もします。

 

どうしてインナーいちこが見えなくなったのでしょうか。

いつもインナーいちこの言葉に、考え直したこともあったような・・・。

もう誰の意見も聞きたくなかったと言うことなのかもしれませんね。

 

美月の方は、たくさん話し合ったのかとてもいい家族になっています。

何でも話し合って少しずつ変えていったのが良かったのでしょう。

二組の夫婦の明暗でしょうか。

 

でもこのまま離婚してさようならにはならない感じが・・・。

 

前話 全話一覧 次話>

1122は無料で読むことができます。

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

FODプレミアムでは漫画が読めるポイントを最大1300円分もらうことができます。

ポイントを貯めれば「1122」が無料で読めちゃいますよ♪

1122(いいふうふ)ネタバレ40話!まとめ

こちらでは「1122 40話」の展開あらすじをご紹介しました。

ザっと40話をまとめてみると・・

 

1122 40話のまとめ
  • おとやは焦っているいちこの事が仕事よりも気になってしまっている。
  • 話す時間を設けた2人・・おとやは子供がいなくても一緒に居られたらいいと話をした。
  • けれどいちこは、夫婦2人でいるのがしんどくなってきていたのだった。
  • おとやといちこ夫婦は離婚をした。

離婚を決断したんですね・・なんだか意外な感じがしました。


PR

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。